七転八起の縁起物!1月3日は川越「喜多院 初大師だるま市」

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

七転八起の縁起物!1月3日は川越「喜多院 初大師だるま市」

七転八起の縁起物!1月3日は川越「喜多院 初大師だるま市」

更新日:2017/12/17 09:16

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

歴史的建造物として名高く、海外や県内外からも毎日観光客が訪れる「川越大師 喜多院」。お正月ともなると、多くの人々で溢れかえる人気初詣スポットでもあります。そんな喜多院の1月3日は「初大師 だるま市」。境内は大小様々な「だるま」でカラフルに彩られます。「だるま」は、七転八起の縁起物。初詣は、川越大師 喜多院の「初大師 だるま市」へお出かけしてみませんか?

毎年1月3日は喜多院「初大師 だるま市」

毎年1月3日は喜多院「初大師 だるま市」

写真:Benisei Rinka

地図を見る

今回ご紹介する“川越大師 喜多院”は、1200年近くの長い歴史を刻んできた、小江戸川越を代表する寺のひとつ。「徳川家光誕生の間」のある客殿や「春日局化粧の間」のある書院、日本三大東照宮の一つ「仙波東照宮」など、10以上もの建築物や展示物が国指定重要文化財に指定されており、江戸文化財の宝庫として大変有名です。

日常的に、地元の人々や多くの観光客が訪れる喜多院ですが、お正月ともなると、寺の敷地外まで人が溢れかえっています。特に、1月3日は、川越大師 喜多院で祀られている慈恵大師(じえだいし)が涅槃に迎えられた日で「初大師」と呼ばれ、この日だけでも、毎年数十万人が参拝に訪れます。

だるま!ダルマ!達磨!見れば絶対欲しくなる!

だるま!ダルマ!達磨!見れば絶対欲しくなる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

1月3日は「名物だるま市」も催され、毎年関東各地のだるま商が50店ほど、境内や参道に並びます。
江戸時代の初め頃から、喜多院には、新年を迎えるに当たり、開運厄除、家内安全、交通安全等の護摩祈願をする人が年々増えていきました。そのため、境内には、七転八起の縁起物「だるま」を売る店が軒を連ねるようになり、今や名物となった「だるま市」は明治時代から行われています。

だるま!ダルマ!達磨!見れば絶対欲しくなる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

並べられているだるまの種類は多種多様。どこに置くの!?と言いたくなるくらい大きなものもあれば、子供の手の平に乗せられるくらい小さなものもあります。また、お店によって顔つきが少しずつ違うので、色々なお店を覗いてみるのも楽しいですよ。

だるま!ダルマ!達磨!見れば絶対欲しくなる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「だるま」というと、赤のイメージが大きいですが、境内に並ぶのは、色とりどりのだるま達。白いだるまは必勝祈願、黒いだるまは事業繁栄、オレンジのだるまは安産祈願など、色によってご利益が違うんです。また、「不苦労」と掛けられ、幸福を呼び込むといわれる「フクロウ」をモチーフにしただるまもあります。

ダルマを買うつもりがなく訪れていたとしても、カラフルなだるま達を手に取ってみているうちに、「どれにしようかな…」と悩んでいる自分に気づくはず。

目の入った「だるま」は感謝の気持ちを込めて納め所へ

目の入った「だるま」は感謝の気持ちを込めて納め所へ

写真:Benisei Rinka

地図を見る

多くの参拝客が列をなす本堂(慈恵堂)に向かって右手奥には、「だるま・おふだ納め所」が設けられているので、昨年購入しただるまや破魔矢は、感謝の気持ちを込めてコチラへ。

目の入った「だるま」は感謝の気持ちを込めて納め所へ

写真:Benisei Rinka

地図を見る

ころんとしたフォルムと、鮮やかな色のだるま達。願いが叶い、両目の入れられただるまの山は圧巻!山の上の方へダルマを投げる人もいれば、手の届く場所へ向きを整えながら丁寧に置く人も…。感謝の気持ちを込めて手を合わせ、新たなダルマに出会いにいかれます。

お祭りグルメだって楽しめる!

お祭りグルメだって楽しめる!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

小江戸川越の1月3日「川越大師 喜多院 初大師だるま市」を彩るのは、だるまの露店だけではありません。写真のように“お祭りグルメ”な露店もズラッと並ぶため、普段はお寺に興味のないような子供の顔もニッコニコ!一年の幕開けに相応しい、明るい雰囲気が漂っています。ぜひ、ご家族で出かけてみてくださいね。

川越大師 喜多院「初大師 だるま市」の基本情報

住所:埼玉県川越市小仙波町1-20-1
電話番号:049-222-0859(喜多院拝観寺務所)
アクセス:東武東上線・JR線「川越駅」から徒歩約20分、東武東上線「川越市駅」から徒歩約18分、西武新宿線「本川越駅」から徒歩約15分
開催日時:1月3日・早朝〜日没(8時くらい〜16時くらいまで)

・9:00〜18:00 喜多院周辺は車両通行禁止
・喜多院“明星駐車場”は休業
・東武バスが、川越駅東口〜喜多院間において臨時バスを運行

川越大師 喜多院「初大師 だるま市」当日は、大変混雑します。交通規制などもありますので、公共交通機関を利用してください。できるだけ混雑を避けたい方は、早朝がオススメ。
※2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ