有馬温泉の穴場!日帰り入浴「竹取亭円山別亭 康貴」は1000円で金泉・銀泉を楽しめる

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

有馬温泉の穴場!日帰り入浴「竹取亭円山別亭 康貴」は1000円で金泉・銀泉を楽しめる

有馬温泉の穴場!日帰り入浴「竹取亭円山別亭 康貴」は1000円で金泉・銀泉を楽しめる

更新日:2017/02/02 17:15

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

関西の奥座敷・有馬温泉は赤褐色の「金泉」と無色透明の「銀泉」、二種類の温泉を備えた名湯。ですが「ちょっと敷居が高い」「リーズナブルな場所が少ない」と感じる方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、そんな有馬温泉街においてリーズナブルに日帰り入浴を楽しめる穴場「竹取亭円山別亭・康貴(こうき)」。1000円で金泉・銀泉の両方が楽しめるスポットは、有馬温泉において希少な存在です。

有馬温泉では抜群にリーズナブル!「竹取亭円山別亭・康貴」

有馬温泉では抜群にリーズナブル!「竹取亭円山別亭・康貴」

写真:下川 尚子

地図を見る

「竹取亭円山別亭・康貴」は、その名のとおり旅館「竹取亭円山」の別館。旅館の外湯であると同時に、日帰り入浴のみに特化した施設です。

有馬温泉で日帰り入浴といえば、市営の公衆浴場「金の湯」「銀の湯」に加え、充実した施設が人気の「太閤の湯」などが有名です。その他ホテルや旅館でも日帰り入浴を受け付けていますが、土日祝日不可・時間制限ありの場合も多く、気軽に利用するには少しハードルが高いのが難点です。

康貴がオススメな点は、日帰り入浴に特化した施設のため気軽に利用できること、前述のとおり金泉・銀泉のどちらも利用できること、そして1000円と有馬温泉において抜群にリーズナブルな価格であることです。

有馬温泉では抜群にリーズナブル!「竹取亭円山別亭・康貴」

写真:下川 尚子

地図を見る

康貴の営業時間は10:00〜18:00。予約は必要ありませんが、こじんまりした施設のため、女湯は16名、男湯は8名までが同時に入れる人数の上限。その人数を超えるとしばらく待つ必要があります。

確実にスムーズに入りたいなら、土日祝日など混雑する日は午前中に行くのがオススメ。日によって違いはありますが、比較的午前の方が空いている傾向にあるそうです。

まずは女湯のご紹介―金泉・銀泉の入り比べも楽しい

まずは女湯のご紹介―金泉・銀泉の入り比べも楽しい

写真:下川 尚子

地図を見る

それでは康貴の内部をご紹介しましょう。こちらは女湯。金泉の露天風呂2、金泉・銀泉の内湯が1つずつ、計4つの浴槽があります。

泉質は、金泉は含鉄-ナトリウム塩化物泉で赤褐色の色が特徴的。はっきりと感じる鉄のにおいと強い塩分が特徴の個性的な泉質です。銀泉は放射能泉(ラジウム泉)で無色透明。入り心地も効能も異なる二つの温泉を入り比べすることができます。

まずは女湯のご紹介―金泉・銀泉の入り比べも楽しい

写真:下川 尚子

地図を見る

こちらは露天風呂(金泉)の浴槽。大人1〜2人で入るのにぴったりのサイズで、プライベート感が感じられます。いずれの浴槽もそれほど大きくはありませんので、譲り合って利用しましょう。

やや小さめの男湯でも、金泉と銀泉が楽しめる

やや小さめの男湯でも、金泉と銀泉が楽しめる

写真:下川 尚子

地図を見る

男湯は、金泉の半露天風呂が1、金泉と銀泉の内湯が1つずつ。女湯よりはややこじんまりとしていますが、女湯と同じく金泉・銀泉どちらも用意されており、温泉ファンには十分に嬉しいスポットと言えるでしょう。

湯上りに立ち寄りたい喫茶スペース

湯上りに立ち寄りたい喫茶スペース

写真:下川 尚子

地図を見る

湯上りに利用したいのが併設されている喫茶スペース。こちらでは水も用意されており、自由に利用してOKなのだそう。メニューはコーヒー、紅茶、有馬サイダーなど数種類のドリンクのみですが、オーダーしていただくことも可能です。

また、外に出ると以前利用されていた足湯スペースがあり(残念ながら2017年1月現在は配管の故障により利用されていません)そしてその向こう側には康貴のお風呂に使われている金泉の泉源(有明2号)があります。

泉源のすぐそばまで行くことができますので、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょう?立ち上る湯気と周辺の鉄気に、有馬温泉の力を実感できますよ。

日帰り観光のプランニングもしやすい立地

日帰り観光のプランニングもしやすい立地

写真:下川 尚子

地図を見る

康貴は瑞宝寺公園や湯本坂、ねね橋など有馬温泉街の見どころからのアクセスも良いため、観光のプランニングもしやすい立地です。

写真は湯本坂。昔ながらの街並みを残した通りで、食べ歩きやお土産探しにぴったり。日帰り入浴を楽しんだあとは、そぞろ歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

竹取亭円山別亭・康貴へのアクセス・駐車場など

以上、有馬温泉でオススメしたい立ち寄り入浴施設「竹取亭円山別亭・康貴」についてご紹介しました。

アクセスは、有馬温泉駅から徒歩約10分程度。マイカーの方は、施設前の駐車場を利用できます(8台)。

決して万人向けの入浴施設ではなく、有馬温泉に慣れているリピーターや温泉好きに人気の康貴。その規模感から団体が入ることはほとんどなく、立ち寄る方の多くが「本当に有馬温泉を好きな人」なのだそう。有馬では「穴場」的存在となっています。

のんびりとただ有馬の温泉を堪能したい…そんな方は、きっと満足できるはずです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ