世界遺産・熊野の新宮・那智・本宮 〜 熊野三山の三大大社のほかに抑えておくポイントは?

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界遺産・熊野の新宮・那智・本宮 〜 熊野三山の三大大社のほかに抑えておくポイントは?

世界遺産・熊野の新宮・那智・本宮 〜 熊野三山の三大大社のほかに抑えておくポイントは?

更新日:2014/01/07 14:56

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

まず「熊野」というと、三重県熊野市が熊野だと思われる方がいらっしゃいますが、実際は和歌山県、三重県、奈良県に亘る広い範囲を指します。一方、「熊野三山」はすべて和歌山県にあり、新宮市の熊野速玉大社、東牟婁郡那智勝浦町の熊野那智大社、田辺市本宮町の熊野本宮大社の総称をいいます。

はじめて熊野を訪れる方は、上記の三大大社へまず行かれますが、それぞれを訪れたら抑えておきたいプラス情報をお教えします!

熊野の神々が最初に降臨した聖地・新宮へ

熊野の神々が最初に降臨した聖地・新宮へ

写真:Chiharu

地図を見る

熊野三山である「熊野速玉大社」「熊野那智大社」「熊野本宮大社」は通称、「新宮」「那智」「本宮」と呼ばれています。同様に地名にも用いられています。この名前から、新宮はあたらしい所で、本宮が総本家と思われがちですが、これは正しくありません。

「新宮」には、熊野の元宮とされる神倉神社があります。この神倉神社は、熊野の神々がまず最初に降臨したというとっても重要な場所です。この元宮の神倉神社に対して、熊野速玉大社は「新宮」と呼ばれるようになりました。現在は、熊野速玉大社の摂社でもあります。

神々が最初に降臨した聖地なので、新宮はかなり古い存在です。熊野速玉大社と神倉神社はお互いセットのようなところ。熊野速玉大社での参拝を終えると、新宮からすぐ移動してしまう方が多いのですが、神倉神社へもぜひ足を伸ばしてみてください。

【熊野速玉大社】和歌山県新宮市新宮1番地、拝観自由
【神倉神社】和歌山県新宮市神倉1-13-8、拝観自由

133mに真っ直ぐ流れ落ちる那智の滝を様々な角度から

133mに真っ直ぐ流れ落ちる那智の滝を様々な角度から

写真:Chiharu

地図を見る

神社仏閣が集まる那智山は、原生林の中に四十八もの行場の滝が流れる熊野の神秘的な聖地です。

広大な那智山には、限られた日でしか一般の人は入山できないご神域があり、修験道の行場でもある二の滝、三の滝へと続いています。一の滝は?というと、熊野で最も有名な那智の滝が一の滝にあたります。那智の滝がご神体の飛龍神社は、熊野那智大社の別宮にあたります。

一段の滝として日本一長い世界遺産の那智の滝は、熊野においても特別な存在感をはなっています。滝を間近で見るとその迫力はかなりのもので目が離せません。那智では、いろんな角度から眺めて那智の滝の姿を堪能しましょう。

熊野三山である熊野那智大社とそのすぐ隣にある西国三十三ヶ所の一番札所の那智山青岸渡寺がたたずむ山頂から望む那智の滝も、那智山と相まって絵になる風景です。三重の塔との風景も人気。

那智の滝から山頂までは、約20分ほど階段を登っていきますので歩きやすい靴を履いていきましょう。

【熊野那智大社】和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1番地、拝観自由
【那智山青岸渡寺】和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地、拝観自由

熊野古道の人気メインルートと繋がる本宮へ

熊野古道の人気メインルートと繋がる本宮へ

写真:Chiharu

地図を見る

中世の時代、京の都から熊野古道を歩いてきた参詣者は、熊野三山の中でまず熊野本宮大社を目指しました。山あり谷ありの厳しい道中を歩く艱難辛苦の旅、遠く目の前に熊野本宮大社が見えた瞬間、感無量の思いをいだいたことでしょう。

現在では、熊野本宮大社の正面を出て、旧社殿地の大斎原(おおゆのはら)を参るのが定番の観光ルートですが、逆の熊野本宮大社裏の鳥居から出てみてください。ちょっと足を伸ばすと、すぐの所に熊野古道の祓戸(はらいど)王子がたたずんでいます。

王子といっても、小さな祠と木々があるこぢんまりとした空間です。ここは中世の時代、熊野古道から到着後、本宮を参る前に、穢れを祓い清める重要な空間だったのです。あなたも祓戸王子を訪れて、旅の穢れをスッキリ払うのもおススメです。

【熊野本宮大社】和歌山県田辺市本宮町本宮、境内は拝観自由、宝物殿は不定休

熊野三山でしか手に入らない名物みやげ・もうで餅

熊野三山でしか手に入らない名物みやげ・もうで餅

写真:Chiharu

おみやげを買うならば、やはり熊野三山限定の品を持ち帰りましょう。そこで人気なのが熊野名物「もうで餅」です。

地元の老舗和菓子店の逸品で、もちもちしたやわらかい餅皮の中にこだわりの自家製餡子が入り、外側には、はったい粉(玄米粉)がまぶされています。熊野本宮大社のすぐ隣にある本宮店では、喫茶スペースがあるのでゆっくり座って、お抹茶と一緒にいただくこともできます。

箱の包装紙は、熊野らしい八咫烏のイラストがあしらわれていてなんとも可愛い。混む時には行列になったり、何箱も大人買いする方も。上品な味もさることながら見た目でもいいので、自宅以外のおみやげにも最適です。

【茶房珍重庵 本宮店】和歌山県田辺市本宮町本宮1110
※新宮本店、熊野速玉大社境内販売所、那智山店、丹鶴店、勝浦店あり。

最後に・・・

見どころの多い熊野を一日で見て周ろうとするのは、あまりにも時間が足りません。ゆったり熊野を観光するのであれば、2泊3日ぐらいの余裕をもって旅したいところです。また和歌山県では、お得なキャンペーンを随時行っているので要チェックしてみてください。

例えば現在、平成26年3月31日まで『熊野三山巡拝スタンプラリー』が行われています。熊野三山である熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社と那智山青岸渡寺を巡ってスタンプを集め、さらに田辺市本宮町、新宮市、那智勝浦町で千円以上の宿泊や飲食、あるいは買い物をしたレシートを持参して、熊野本宮観光協会・新宮市観光協会・那智勝浦町観光協会いずれかへ提出すれば、「熊野三山特製手ぬぐい」を記念にいただくことができます。

但し、先着5,000名に限りますのでどうぞお早めに!スタンプの台紙は、熊野へ到着したら熊野本宮観光協会・新宮市観光協会・那智勝浦町観光協会のいずれかへ寄って入手ください。各観光協会ホームページからもダウンロードできます。

これから熊野三山を訪れるという方、同じ周るのであればお得にゲットしましょう!

【各観光協会】
・熊野本宮観光協会:和歌山県田辺市本宮町本宮100-1 世界遺産熊野本宮館内
・新宮市観光協会:和歌山県新宮市徐福2-1-1新宮駅構内
・那智勝浦町観光協会:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6丁目1番地1紀伊勝浦駅の駅

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ