cuteな雑貨に心躍る!スクンビット通り周辺・タイ雑貨屋巡り

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

cuteな雑貨に心躍る!スクンビット通り周辺・タイ雑貨屋巡り

cuteな雑貨に心躍る!スクンビット通り周辺・タイ雑貨屋巡り

更新日:2017/01/13 18:05

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター

バンコクのスクンビット通り周辺は、日本人をはじめ在住外国人が多く住むエリア。ホテルも集中しており、ここを拠点にタイ観光される方も少なくないでしょう。
ところで、そのスクンビット通り周辺には、女子が心躍るcuteなタイの雑貨屋さんがいくつもあることはご存じですか? そこで今回は、BTSスクンヴィット線「プロン・ポン駅」から徒歩圏内にあるタイで人気&有名な雑貨屋を4店ご紹介します。

女子がハッピーになる雑貨がそろう「Peace Store(ピース・ストア)」

女子がハッピーになる雑貨がそろう「Peace Store(ピース・ストア)」

写真:大宮 つる

地図を見る

タイ雑貨屋巡りの1店目は、日本人女性がオーナーの「Peace Store(ピース・ストア)」です。BTSスクンヴィット線「プロン・ポン駅」から徒歩5分の距離にあります。まず、駅近なのがうれしいポイントですね。

1階・2階の2フロアとなっており、タイやアジアの国のオリジナル製品がそろっています。cuteなポーチやバッグ、アクセサリー、洋服、スカーフ、食器などなど、女子が心躍るものばかりです(※店内の写真撮影は不可)。

基本、毎週水曜日が休業日となっており、営業時間は10時〜18時です。関連MEMOにお店のHPのURLを掲載していますので、来訪前にご確認ください。

女子がハッピーになる雑貨がそろう「Peace Store(ピース・ストア)」

写真:大宮 つる

地図を見る

「Peace Store」のおすすめ雑貨は、“リス族”のキルトポーチ(左)、“モン族”の刺繍ポーチ。色鮮やかで、繊細な造りが、女子のハートをキャッチ……! 手ごろな価格でGETできます。自分用のみならず、周囲の方へのちょっとしたお土産にもいいですよ。

※リス族、モン族ともにタイの山岳民族です。

タイの山岳民族オリジナル雑貨なら! 「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」

タイの山岳民族オリジナル雑貨なら! 「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」

写真:大宮 つる

地図を見る

2店目は、タイ雑貨の人気店「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」。「Peace Store」から徒歩15分ほどの距離にあります。

プロン・ポン地域にあるこちらのお店は、バンコク内で3店目。2016年3月にオープンの新しいお店です。ほかに、カオサン通り、MBK(マーブンクロンセンター)という大型のショッピングモールにも店舗を構えています。

タイの山岳民族オリジナル雑貨なら! 「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」

写真:大宮 つる

地図を見る

「Lofty Bamboo」もまた、日本人のご夫婦が経営されています。こちらのお店の特徴としては、タイの山岳民族と一緒に作ったという“オリジナル製品”をGETできること。日本に帰ってからも使えたり、洋服を着られたりできるように、デザインしているとのことです。

※店内を撮影するときは、お店の方にかならず尋ねてください。

タイの山岳民族オリジナル雑貨なら! 「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」

写真:大宮 つる

地図を見る

雑貨というと、女性向けのものが多いといった印象がありますが、「Lofty Bamboo」では男性が持っていても馴染むデザインのものも。

なお、営業日は基本、無休。営業時間は10〜21時です。関連MEMOにお店のHPのURLを掲載していますので、来訪前にご確認ください。

厳選されたかわいいアジアン雑貨に魅了! 「Koon(クーン)」

厳選されたかわいいアジアン雑貨に魅了! 「Koon(クーン)」

写真:大宮 つる

地図を見る

3店目は、店構えからステキ感があふれている「Koon(クーン)」。こちらのお店も、日本人の方がオーナーさんです。「Lofty Bamboo(ロフティ・バンブー)」から徒歩8分の距離にあります(※店内の写真撮影は不可)。

厳選されたかわいいアジアン雑貨に魅了! 「Koon(クーン)」

写真:大宮 つる

地図を見る

「Koon」の特徴としては、オーナーさんが自ら国内外に足を運びセレクトしたという、厳選の品が取り扱われている点です。

プチプラでアジアンテイストのブレスレットやピアスなどのアクセサリーをGETできます。モン族の刺繍がされた珍しいポーチ(写真右上)があったり、石けん・足湯のハーブ(写真左)などの生活雑貨もあったり。夏に持っているとテンションが上がる、かわいいカゴバッグも多くあります。

基本、毎週水曜日が休業日、営業時間は10〜18時です。

一軒家を改装して雑貨屋に! 併設のカフェ&レストランも人気「Near Equal(ニア・イコール)」

一軒家を改装して雑貨屋に! 併設のカフェ&レストランも人気「Near Equal(ニア・イコール)」

写真:大宮 つる

地図を見る

4店目は、一軒家を改装し、1階が雑貨屋、2階がカフェ&レストランになっている「Near Equal(ニア・イコール)」です。こちらのお店も日本人の方がオーナーさん。「Koon」から徒歩9分の距離にあります(※店内の写真撮影は不可)。

一軒家を改装して雑貨屋に! 併設のカフェ&レストランも人気「Near Equal(ニア・イコール)」

写真:大宮 つる

地図を見る

「Near Equal」では、タイだけでなく、インドネシア、ネパール、ミャンマーなどアジア各国の雑貨がそろっています。女子の心が躍るポイントとしては、デザイン性の高いブレスレット、指輪、ピアスなどのアクセサリーがたくさんあること。しかも、かなり手ごろな値段です。いくつもいくつも欲しくなってしまう……!?

基本、営業日は無休。営業時間は、10〜21時です。

タイ雑貨屋巡りのフィニッシュは「Near Equal」のカフェ&レストランで!

タイ雑貨屋巡りのフィニッシュは「Near Equal」のカフェ&レストランで!

写真:大宮 つる

地図を見る

30度近い気温のなかで、タイ雑貨屋を4店巡ったら、適度な疲労感を覚えているかも。そんなときにおすすめなのが、「Near Equal」のカフェ&レストランです。こちらのカフェ&レストランはタイ料理のお店ですが、日本人にも食べやすく調理されているので、日本人観光客が多く訪れる人気店となっています。

カフェ&レストランの営業時間は、11時半〜22時半。ショップとはオープンの時間が異なっていますので、ご注意ください。

タイ雑貨屋巡りのフィニッシュは「Near Equal」のカフェ&レストランで!

写真:大宮 つる

地図を見る

マンゴーのデザートなどもありますので、気軽にカフェ使いもできますよ。

タイ観光の一つとして、「タイ雑貨屋巡り」はおすすめ

以上、スクンビット通り「プロン・ポン駅」周辺にある、人気かつ有名なタイ雑貨屋を4店紹介しました。もちろんほかにも知られたタイ雑貨屋さんはありますが、上記4店は徒歩で巡れるというのが、地理感覚が薄い日本人にとってうれしいポイントだと思います。

到着日、出発日にちょっとした空き時間があり、「何をしよう?」というときなど、気軽にタイ雑貨屋巡りをしてみてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -