夕食は島酒(焼酎)呑み放題!八丈島「あしたば荘」は呑兵衛が選ぶ宿

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夕食は島酒(焼酎)呑み放題!八丈島「あしたば荘」は呑兵衛が選ぶ宿

夕食は島酒(焼酎)呑み放題!八丈島「あしたば荘」は呑兵衛が選ぶ宿

更新日:2017/01/17 17:51

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア

東京の離島・八丈島で、夕食時になんと島酒(八丈島産の焼酎)が飲み放題という太っ腹な宿があります。島寿司、明日葉のおひたしなど、新鮮な魚介類や地元産の野菜を使った郷土料理も美味しいと評判。とにかくリピーターが多く口コミ人気が高い「民宿あしたば荘」を紹介しちゃいます!

八丈島で泊まるなら「民宿あしたば荘」

八丈島で泊まるなら「民宿あしたば荘」

写真:泉 よしか

地図を見る

伊豆諸島の八丈島は竹島桟橋から高速船で一晩、あるいは羽田空港から飛行機を使い55分で到着する東京の離島です。一年を通して温暖な土地は、ヘゴシダやソテツ、ハイビスカスといった亜熱帯植物が生い茂り南国ムード満点。さてこの八丈島で泊まろうと思ったら、どんな種類の宿があるでしょうか。

多くはリゾートホテル、あるいは民宿です。リーズナブルに泊まりたい方や庶民的な島の文化に触れたいという方は、ぜひとも民宿に泊まってみてください。中でもお勧めの「あしたば荘」は、ほとんどの宿泊施設が集中する島中央部の三根や大賀郷(おおかごう)ではなく南部の中之郷にあります。もちろん予約時に連絡しておけば、八丈島空港や底土港からの送迎もしてもらえるので安心です。

八丈島で泊まるなら「民宿あしたば荘」

写真:泉 よしか

地図を見る

八丈富士と三原山という二つの山とその間の接合部分からなる八丈島において、中之郷は三原山の南麓、温泉が多い場所として知られているところです。温泉の他にもこの辺りには、八丈島名産の黄八丈の織元なども。

また、八丈島を訪れたらぜひ見たい景観のひとつに球状の玉石を積み上げた玉石垣というものがありますが、あしたば荘の周囲にも見事な玉石垣があります。このような雰囲気からも、まさに八丈島らしさが味わえる宿と言ってよいでしょう。

八丈島で泊まるなら「民宿あしたば荘」

写真:泉 よしか

地図を見る

もしかしたらあしたば荘の入口で「ごめんくださーい」と声を掛けても誰も出てこないかもしれません。そういう時は、入口にあるブザーを押してください。

八丈島の民宿あしたば荘で過ごす

八丈島の民宿あしたば荘で過ごす

写真:泉 よしか

地図を見る

あしたば荘のお部屋は6畳。基本大人二人、さらに子供を含めて3人まで一部屋に泊まれます。見ての通り、とても昭和な感じです。でも清掃はきちんと行き届いていますよ。また館内には無線LANが導入されていて、Wi-Fi無料接続も可能です。

寒い時期には炬燵も登場。日も高いうちから呑みだしたくなっちゃうような気さくな雰囲気があります。

八丈島の民宿あしたば荘で過ごす

写真:泉 よしか

地図を見る

もし天気が思わしくなく島での観光が思い通りに行かないとき、あしたば荘の談話室が役に立つかもしれません。本棚にはマンガがぎっしり。少年マンガ、青年マンガ、少女マンガとバラエティ豊か・・・昔、読みかけでそのままになっていた続きを探してみてはいかがでしょう。

八丈島の民宿あしたば荘で過ごす

写真:泉 よしか

地図を見る

あしたば荘の洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・お風呂など

あしたば荘の洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・お風呂など

写真:泉 よしか

地図を見る

夏の八丈島には海水浴やダイビング目的で渡航される方も多いと思います。あしたば荘の廊下には1回100円で使用できる洗濯機もあります。洗剤も用意されているのでいざという時お役立ち!

あしたば荘の洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・お風呂など

写真:泉 よしか

地図を見る

廊下には自由に使える冷蔵庫と電子レンジも備えてあります。共同冷蔵庫なので、利用するときは自分のものには名前を書いておきましょう。釣り目的で八丈島を訪れる方も多いと思いますが、釣り餌・魚はこちらの冷蔵庫には入れないでくださいね。

あしたば荘の洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・お風呂など

写真:泉 よしか

地図を見る

お風呂も共同で男女別にそれぞれありますが、車で数分のところに裏見ヶ滝温泉(写真)、ブルーポート・スパ・ザ・BOON、やすらぎの湯といった島の温泉もありますので、そちらを利用される方も多いです。

八丈島の温泉の詳細は文末の関連MEMOの「東京とは思えない絶景露天風呂から激シブまで!八丈島の温泉全ガイド」をご覧ください。

あしたば荘の夕食には飲み放題の島酒の瓶が!

あしたば荘の夕食には飲み放題の島酒の瓶が!

写真:泉 よしか

地図を見る

それではいよいよお待ちかねの夕食時間です。席に着くとまず目につくのがドーンと置かれたこの緑色の瓶!中身は島酒、すなわち八丈島産の焼酎です。なんとこれが飲み放題!信じられませんよね。あまりにも太っ腹すぎるサービスです。

あしたば荘の夕食には飲み放題の島酒の瓶が!

写真:泉 よしか

地図を見る

あしたば荘は料理のおいしい宿としても評判です。メダイ、メカジキ、メジマグロを使った島寿司と八丈島名産の明日葉を使ったおひたし、新鮮な海産物を使ったお刺身、そして煮物などの家庭料理など。量もたっぷりで小食の人は食べきれないかも!

八丈島の島寿司はワサビではなくカラシを使うことと、寿司種をヅケにして握ることが特徴の郷土料理。あしたば荘の島寿司は、しっかり味がついているのにあっさり目の味わいで、握りの酢飯が口の中でうまい具合にほろほろと崩れるところがまた美味しい!

明日葉もそのままでも美味しく食べられますが、マヨネーズを掛けるとまた違った味わいが楽しめます。こうした食べ方もご主人がいろいろアドバイスしてくれます。

あしたば荘の夕食には飲み放題の島酒の瓶が!

写真:泉 よしか

地図を見る

そしてあしたば荘の夕食の一番のお楽しみは、なんといってもご主人との会話。ご自身もちょいちょいと島酒を飲みながら、八丈島の歴史、言い伝えなど判りやすく話してくれます。例えば島寿司の由来や、八丈島に色白の女性が多い理由や、伝統の黄八丈の染め方など。へえー、なるほどと相槌を打ちたくなる面白い話ばかり!ご主人の博識で気さくな人柄があしたば荘を支えているのでしょう。

飲み切れなかった島酒は、食後、お部屋に持ち帰ってさらに飲むお客さんも多いです。飲みすぎ、酔っぱらい過ぎには注意しましょう!

リピーターに支持される八丈島の民宿「あしたば荘」

八丈島の中之郷地区に建つ民宿あしたば荘は、呑兵衛や庶民派グルメに支持される宿!料理やご主人の人柄に惚れてリピートするお客さんも続出です。連泊する場合は夕食のメニューも変化を持たせてもらえます。
1泊すると、ついついまた来たくなっちゃうかも。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/22−2016/12/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ