コスパ最高!モルディブ南アリ環礁「ヴァカルファリアイランドリゾート」

| モルディブ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

コスパ最高!モルディブ南アリ環礁「ヴァカルファリアイランドリゾート」

コスパ最高!モルディブ南アリ環礁「ヴァカルファリアイランドリゾート」

更新日:2017/02/17 16:59

西野 ネリのプロフィール写真 西野 ネリ 旅行ブロガー

インド洋に浮かぶモルディブは約1200以上の島々から成り「1島1リゾート」が基本です。(1つの島に1つのリゾートホテルがある。)モルディブでは、選ぶホテルによって、どう過ごすかが決まってくるので、ホテル選びが最重要になります。
そこで今回、南アリ環礁にある、うまい!安い!まるで水族館!(ハウスリーフが良質)の3拍子揃った「ヴァカルファリアイランドリゾート」をご紹介します。

水上飛行機に乗ってリゾートへGo

水上飛行機に乗ってリゾートへGo

写真:西野 ネリ

モルディブへのアクセスは日本から国際線で約10〜14時間程度かかります。その後、マレ国際空港から水上飛行機や国内線、スピードボートに乗って各リゾートへ向かいます。

モルディブへ来たら1度は水上飛行機に乗ることをオススメします。他の国ではなかなか乗ることができないし、空からみたエメラルドグリーンの環礁にきっと感動することでしょう。水上飛行機に乗ることができるかどうかは、選ぶリゾートによって決まりますので、水上飛行機移動のリゾートを選ぶと良いでしょう。

水上飛行機に乗ってリゾートへGo

写真:西野 ネリ

ヴァカルファリアイランドリゾートは水上飛行機で30分程かかります。
水上飛行機なので、到着はもちろん海の上です。降り口には小さなイカダが浮かんでおり、リゾートからのドーニー(伝統的な木造ボート)に約10分程乗ってリゾートへ到着。移動だけでもモルディブならではの立派なアクティビティです。

水上飛行機に乗ってリゾートへGo

写真:西野 ネリ

地図を見る

リゾートに近づくにつれ、船の上から海の中のサンゴ礁も見えてきます。これぞモルディブ!と拍手を送りたくなるくらい透明度の高い海と南国の島に心が弾むことでしょう。

憧れの水上コテージで海の階段を降りたら・・

憧れの水上コテージで海の階段を降りたら・・

提供元:Vakarufalhi Island Resort

気になるお部屋は、島の中に滞在するビーチヴィラ、ガーデンヴィラ、プールヴィラと海の上に浮かぶウォーターヴィラ(水上コテージ)があります。

一番人気はなんといってもウォーターヴィラ(水上コテージ)。部屋の広さは5つ星クラスと同等の広々とした開放的なつくりにも関わらず、他の高級リゾートと比べて値段がリーズナブルです。通常、高級リゾートの水上コテージは、1泊最低10万〜20万以上はザラですが、同等の広さを備え、10万以下で泊まれるリゾートはそう多くはないでしょう。とてもお値打ちです。

憧れの水上コテージで海の階段を降りたら・・

提供元:Vakarufalhi Island Resort

広々としたヴィラの天井は高く、コテージのベランダからは美しい海が一望できます。
海を眺めるバスタブもついており、海からあがり、泳ぎ疲れた身体の疲れも癒すことができるでしょう。トイレとバスは別になっており、無料のバスアメニティやヘアドライヤーも備わっています。

憧れの水上コテージで海の階段を降りたら・・

写真:西野 ネリ

地図を見る

コテージ周りの海は浅瀬が続いており、身長155cmでも腰回りくらいの深さです。海に降りる階段からエントリーし、好きな時に好きなだけシュノーケルを楽しむことができます。階段は滑りやすいので、出入りは足を滑らせないよう、注意が必要です。ベランダにはシャワーもついていますよ。海の透明度は高く、夜間でもベランダから光に寄って来る魚たちを肉眼で見ることができます。

自慢のハウスリーフは天然の水族館!

自慢のハウスリーフは天然の水族館!

提供元:Vakarufalhi Island Resort

地図を見る

モルディブのリゾート選びの基準一つに、ハウスリーフがあげられます。良質なハウスリーフを持つリゾートでは、魚が多く、船でサンゴ礁に行かなくても島の周りを泳げば楽しむことができます。

シュノーケルとフィンはダイビングセンターで無料で貸出してくれますが、シュノーケルはいろんな人が使用するので、持参することをオススメします。また、泳ぎに自信のない方はライフジャケットを有料で貸し出しているので利用すると良いでしょう。

自慢のハウスリーフは天然の水族館!

提供元:Vakarufalhi Island Resort

ヴァカルファリアイランドリゾートには自慢のハウスリーフがあり、豊かなサンゴ礁と色とりどりの魚をシュノーケルで楽しむことができます。時には、魚の大群やブラックチップシャーク(安全な小ザメ)にも出くわします。運が良ければ、ウミガメやイーグルレイ(マンタに似た種類)にも会うことができるでしょう。何時間泳いでいても飽きない素晴らしい海の中は、まさに「天然の水族館」です。

自慢のハウスリーフは天然の水族館!

提供元:Vakarufalhi Island Resort

島を出て大物を探しに行くエクスカージョンツアーもいくつか用意されています。
ダイビングメニューも豊富ですが、海外でダイビングはちょっと怖いという人には、シュノーケルツアーがオススメです。ウミガメ、マンタ、ジンベエザメをシュノーケルで見ることができます。

ツアーは天候に左右されますが、雨でも波が高くなければ出発します。南アリ環礁は比較的高確率でジンベエザメを見ることができるので、ぜひ挑戦すると良いでしょう。モルディブのマンタはとても大きいので見応えたっぷりです。

エントリーは船の上からの飛び込みが基本です。水深が深いため、ライフジャケットを無料で貸し出してくれます。

とにかくうまい!自慢のビュッフェ

とにかくうまい!自慢のビュッフェ

写真:西野 ネリ

地図を見る

オールインクルーシブを利用すると、朝、昼、晩と食べ放題、飲み放題です。イタリアンからアジアンまで世界の料理を楽しむことができます。何を食べても美味しく、海外のビュッフェでこれほど美味しいところはそう多くはありません。

シュノーケルやダイビングでたっぷりアクティビティを楽しんだ後に食べ放題は嬉しいです。

とにかくうまい!自慢のビュッフェ

写真:西野 ネリ

地図を見る

パスタは何種類か用意されており、麺とソースを選べばシェフがその場で調理してくれます。特にイタリアンは多くのゲストから定評があり、パスタとピザはかなり美味しく、何杯食べても飽きません。

とにかくうまい!自慢のビュッフェ

写真:西野 ネリ

地図を見る

デザートも充実しています。特にジェラートはバニラ、チョコ、ブルーベリー、ピスタチオ、ストロベリー、チョコミントと種類も豊富で美味しいです。シェフこだわりのデザートは、ケーキやムース、プリンなど日替わりで楽しむことができます。料理に関しては、満足度120%で毎日楽しむことができるでしょう。

それぞれの楽しみ方

それぞれの楽しみ方

提供元:Vakarufalhi Island Resort

地図を見る

スパはバリマッサージやタイマッサージなど豊富なメニューが取り揃えられ、景色を眺めながらマッサージを楽しめます。寝ながら海の中を見ることができるのもモルディブならではの至福の時です。

ヴァカルファリでは、ウェルカムマッサージというのがあり、午前10時〜12時までの間であれば、1回15分間無料でマッサージが受けられます(※有効期限:到着日から3日間まで)。スパは人気があるので、すぐに空き状況を確認し予約すると良いでしょう。

それぞれの楽しみ方

写真:西野 ネリ

地図を見る

Ihaa Barでは、昼間からアルコールを楽しむことができます。オールインクルーシブなら、夜11時までアルコール飲み放題です。何もせずに海辺のソファに寝そべって、ゆっくりとドリンクを楽しむのも良いでしょう。夜はLIVEをはじめ様々なイベントが行われるなど、クラブのような賑わいを見せます。

それぞれの楽しみ方

写真:西野 ネリ

地図を見る

レセプションから伸びている橋を歩いていくと、この島一番のシュノーケルポイントにたどり着きます。エントリーしてすぐにサンゴ礁と色とりどりの魚たちがお出迎え。ウミガメやイーグルレイに会えるのもこのポイントです。但し足がつかないため上級者向け。ライフジャケットを着用した方が安全です。

アクティビティを楽しんでも良いし、何もせずにただ海を眺めるのも良い。人それぞれに合った楽しみ方を見つけましょう。

またリピートしたくなるリゾート

モルディブのベストシーズンは乾季の12月〜5月頃といわれています。最近は異常気象の影響から、乾季だから必ずしも晴れるというわけではありません。しかし、雨が降っても1日中降り続けることはなく、スコールが何回か襲ってくるような雨の降り方なので、雨が止んだらすぐに海に潜ることもできます。

ヴァカルファリアイランドリゾートは、日本人スタッフはいないので、やり取りの基本は英語になりますが、ゆっくりと分かりやすい英語で話してくれるので、少しのコミュニケーションができれば問題ありません。

ハネムーンカップルだけでなく、小さな子ども連れの家族で訪れるリピーターもいます。ぜひ一度訪れてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/28−2017/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -