深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」

| インド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」

深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」

更新日:2017/02/17 16:56

大川原 明のプロフィール写真 大川原 明 旅行ジャーナリスト(ライター)

インド最大の都市ムンバイ。日本からの飛行機だと夜到着になる事が多いですが、ツアー参加でない場合、深夜のタクシー移動は不安です。そんな時にお薦めのホテルがムンバイの国際空港内にある「二ランタエアポートトランジットホテル」です。
ホテルは空港内なので、空港外に出る事なくチェックインできます。4つ星ホテルで館内は豪華な造りになっており、清掃もいき届いており清潔、従業員の対応もよくお薦め出来るホテルです。

- PR -

空港内にある高級感があり機能的なホテル

空港内にある高級感があり機能的なホテル

写真:大川原 明

地図を見る

インド最大の都市ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー国際空港ターミナル2内にある「二ランタエアポートトランジットホテル」。日本からの国際線が離発着するターミナル2、しかも出入国ゲートから近いホテルです。

ムンバイを経由する際のトランジットホテルとしても役立ちますし、到着日もしくは出発前日に宿泊するのもお薦めです。日本からインドへの便は夜到着がほとんどです。ツアーでない場合、空港からムンバイ市街地まではタクシー利用になります。深夜はボッタくりのタクシーも多くなります。夜に到着するのであれば安全を考え、空港内や空港近くのホテルに宿泊することをお薦めします。

二ランタエアポートトランジットホテルは、空港内にあるため空港の外に出る事なくチェックイン出来るので非常に安全です。4つ星ホテルですので、高級感があり清潔、従業員の対応も非常によいです。フロントは24時間対応で、Wi-Fiも館内どこでも繋がり、通信速度も速いので機能的。本当にお薦め出来るホテルです。

デザイン性に優れた部屋

デザイン性に優れた部屋

写真:大川原 明

地図を見る

部屋数は合計で32部屋。決して大きなホテルではありませんが、お部屋は非常に綺麗ですし、セーフティーボックス、ドライヤー、ミニバー、大型液晶テレビ、ポットなど様々な備品、アメニティーが備え付けられており機能的です。調度品もセンスのよいものを揃えており、部屋のデザイン性も優れています。

質の良いベッドは程よい柔らかさで快眠できることは間違いないと思います。ベッドの後ろが鏡張りとなっているなど、広く見える工夫もされています。

満足のいく館内設備とサービス

満足のいく館内設備とサービス

写真:大川原 明

地図を見る

ホテル内には、レストラン、バー、スパを併設しており、外貨両替やツアー申込みが出来るツアーデスクを完備しています。さらには、コンシェルジュサービスをおこなっており、何か困った事があれば相談にのってくれます。レストランは深夜まで営業していますので、夜遅くの到着でお腹が空いた場合も困りません。

またタクシー手配も行っており、自分でタクシーを捕まえるよりもホテルに依頼したほうが安全ですので、タクシーを利用してムンバイ市街地に行かれるのであれば、ホテルのタクシー手配サービスをご利用ください。

美味しい朝食

美味しい朝食

写真:大川原 明

地図を見る

朝食はビュッフェ形式となっており、インド料理と洋食両方楽しむ事が出来ます。種類も豊富ですし、腕の良いシェフが作っているので味も満足出来ます。コーヒーやインドの紅茶チャイは頼めば、従業員が持ってきてくれます。美味しい朝食で朝から活力がわくでしょう。

さいごに

いかがでしたか?ムンバイに到着する海外からの航空便は、夜到着の便がほとんどです。添乗員やガイド付きのツアー参加であれば心配はいりませんが、1人もしくは2人での自由旅行では心配がつきもの。そんな時にお薦めなのが国際空港内にある二ランタエアポートトランジットホテルです。

長旅の疲れを癒す事も出来る、快適かつ機能的な4つ星ホテル。トランジットホテルとしての利用はもちろん、朝早い便でムンバイを出る際の前泊のホテルとしても使えます。ムンバイの空港、空港周辺でホテルをお探しの方に超お薦めのホテルです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/03/08−2016/03/09 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ