バンコクのホテルビュッフェが超お得!アリストンで格安ランチ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクのホテルビュッフェが超お得!アリストンで格安ランチ

バンコクのホテルビュッフェが超お得!アリストンで格安ランチ

更新日:2017/02/13 13:09

日向 ちゃあむのプロフィール写真 日向 ちゃあむ 海外旅行ライター

ホテルのビュッフェと聞くと敷居が高く感じられますが、バンコクには格安でバイキングランチを提供している人気ホテルがあります。それが「アリストンホテル」。立地も良くリーズナブルに色々な種類のタイ料理が味わえるとあって、観光客や在タイ者にもおすすめです。木のぬくもりを感じる温かい空間で、ピアノの生演奏に癒されながら、本場タイ料理を思う存分味わってみては如何ですか?

駅近の至便ホテルで毎日開催される食べ放題プラン

駅近の至便ホテルで毎日開催される食べ放題プラン

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

BTSプロンポン駅から徒歩約5分の好立地にある「アリストンホテル」は、とにかく便利!周辺にはエンポリアムショッピングセンター、マッサージ店、土産物で有名なナラヤ、コンビニなど必要なものが一通り揃っているので、旅行の拠点としても最適です。

日本人の利用も多いこのホテルで、毎日開催されている食べ放題プランが「格安のランチビュッフェ」。木のぬくもりを感じる温かい空間「BIG BEN」というお部屋には、上品に盛り付けられた料理が並びます。

ホテルの安定感+ピアノ生演奏の癒し空間

ホテルの安定感+ピアノ生演奏の癒し空間

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

一歩中に入ると、ピアノの生演奏が聞こえてきます。心なしか時間もゆったりと流れている気さえしてくる落ち着いた空間で非日常のランチを楽しむことができます。雰囲気の良さに加えて、座席への誘導から飲料水のサーブまで、ホテルならではの安定したサービスで食事ができるのは、嬉しいポイントですね。

食べたかった本場タイ料理を少しずつ堪能

食べたかった本場タイ料理を少しずつ堪能

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

食事はタイ料理を中心にインターナショナル、日本料理などが並びます。客層はタイ人やアジア系が多く、本場のタイ料理らしい辛〜い一品から、日本人の口にも合うマイルドな料理まで個性豊かなメニューが揃っています。

食べたかった本場タイ料理を少しずつ堪能

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

日によってメニューは変わりますが、タイ料理では定番の「ソムタム」(青パパイヤサラダ)や「ヤムプラードゥックフー」(ナマズのサクサク揚げ)は必食! 「タイ風蒸し白身魚のレモンソース和え」や「スペアリブのスパイシースープ」、魚のすり身をバナナの葉のカップに入れて蒸した「ホー モック プラー」など、タイ料理店でも中々頼みきれない品を少しずつ取り分けて味わうことができるのはバイキングならではの楽しみ方ですね。

食べたかった本場タイ料理を少しずつ堪能

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

デザートコーナーは、もち米を使ったタイの伝統的なスイーツをはじめ、プリンやカットケーキ、南国フルーツが並びます。おすすめは、衣がサックサクのバナナフライ。中はとろっと甘いバナナが入っていて、お好みでシロップや粉糖をかけていただきます。その場で揚げてくれるので是非トライしてみてください。

2時間半たっぷり!ホテルで格安ランチ

2時間半たっぷり!ホテルで格安ランチ

写真:日向 ちゃあむ

地図を見る

値段は大人が259バーツ。子供が199バーツ。サービス料10%とVAT7%が別途加算されますが、ホテルのランチとしては嬉しい格安ぶり。コスパ最高のホテルビュッフェを2時間半たっぷりと味わうことができます。

1歳半位の幼児は無料なので、離乳食完了期の子供を連れて行くととってもお得! パンやスープ、チャーハンなども置いてあり、いつもと雰囲気を変えて食事をしたいファミリーにも人気の場所です。もちろん、キッズチェアもあります。

試してみたかったタイ料理を心行くまで堪能!

色々なタイ料理を少しずつ食べてみたい!という多くの人が持つ望みを叶えてくれる「アリストンホテルのランチビュッフェ」。買い物やマッサージのついでにも、便利なプロンポンで、格安ホテルランチを堪能してみては如何ですか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ