暮らしているように泊まりたい「シドニー シティ ロッジ」

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

暮らしているように泊まりたい「シドニー シティ ロッジ」

暮らしているように泊まりたい「シドニー シティ ロッジ」

更新日:2017/03/06 18:58

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

オーストラリア最大、なおかつ南半球を代表するシドニーは、グルメ、ショッピング、そして観光と、どれをとっても魅力的な大都市です。訪れた旅行者は、できるだけ快適に、しかも長く、そして安く滞在したいと思うのは当然のことです。
そんな方にお勧めなのが「シドニー シティ ロッジ」です。料金はリーズナブルなのに長期滞在に適した設備が充実、まるでシドニーで暮らしているように泊まれるんです。

古い建物をリノベーション、シドニー暮らし?を満喫!

古い建物をリノベーション、シドニー暮らし?を満喫!

写真:やま かづ

地図を見る

「シドニー シティ ロッジ」は、シティと呼ばれるシドニーの政治・経済の中心地に位置しています。
あたりには現代的な高層のオフィスビルやショッピングセンターなどが建ち並んでいますが、時計塔が目印のタウンホールやショッピングセンターのクイーンビクトリア・マーケットなど、ビクトリア様式が美しい古くからの建物もところどころに残されています。

古い建物をリノベーション、シドニー暮らし?を満喫!

写真:やま かづ

地図を見る

そんなシティにある「シドニー シティ ロッジ」は、古い建物をリノベーションした大変ユニークなロッジスタイルの宿泊施設です。
しかし、古い建物がゆえ、リノベーションするにはいろいろな規制があり、ホテルエントランスの間口を広げたり、エレベーターを設置することが許可されませんでした。そのため、建物は、昔ながらの雰囲気がそのまま残されています。

ロッジなので各部屋はシンプル!寝るだけなのでそれでよし!

ロッジなので各部屋はシンプル!寝るだけなのでそれでよし!

写真:やま かづ

地図を見る

客室は至ってシンプルで、ベッドサイドには簡易テーブルが置かれているだけです。シドニーの街歩きを基本に考えるなら、部屋でゆっくりと過ごす時間も限られているので、これで十分でしょう。

しかし、長期滞在も可能なロッジという位置づけの割には、部屋にキッチンがなく、自炊ができません。これでは暮らしているように泊まり続けるのは不可能です。実は、それには理由が・・・。

広い共用スペースが自慢!ロッジと呼ばれているゆえんがここに!

広い共用スペースが自慢!ロッジと呼ばれているゆえんがここに!

写真:やま かづ

地図を見る

このホテルがロッジと呼ばれているゆえんは、広い共用スペースにあります。まず一つは、大きなソファが3つも並ぶリラックスエリアがあることです。ソファに腰かけて、ゆっくりとテレビを見ていてもいいし、読書をしてもいい、あるいは親しい仲間が集まって、旅行談議に花を咲かせても構いません。

確かに客室は広くはないけれど、このリラックスエリアをうまく使いこなせれば、シドニー滞在がより充実したものになりそうです。

広い共用スペースが自慢!ロッジと呼ばれているゆえんがここに!

写真:やま かづ

地図を見る

さらに、もう一つ「シドニー シティ ロッジ」自慢の共用スペースがあります。それは、十分な広さを確保したキッチンエリアです。ガスコンロ、オーブンレンジ、トースター、ポットと、調理に必要な調理機器はもちろんのこと、当然プレートやカトラリー類も充実しています。
そんな広いキッチンエリアが自炊の「やる気スイッチ」を「ON」にしてくれるはずです。

スーパーマーケットにも、オペラハウスにも歩いて行ける「シドニー シティ ロッジ」

スーパーマーケットにも、オペラハウスにも歩いて行ける「シドニー シティ ロッジ」

写真:やま かづ

地図を見る

「シドニー シティ ロッジ」の1ブロック内にはスーパーマーケットのウールワース(Wool Worths)があり、食料品から日用雑貨まで何でもそろっています。
さらにホテルのエントランスを出て、ウィンドウショッピングをしながらピットストリート(Pitt ST)を15分も北上すれば、目の前にシドニーハーバーが開けてきます。また、桟橋の向こうにはシドニーのシンボル、オペラハウスも見えています。

スーパーマーケットもオペラハウスも徒歩圏内、「シドニー シティ ロッジ」のその立地のよさがうかがえます。

とにかく便利が一番!「シドニー シティ ロッジ」

シドニー空港からのアクセスは、大きな荷物があるのなら「シドニー シティ ロッジ」のエントランスまで送ってくれるエアポート・シャトルバスが便利です。
しかし、荷物が少ない場合、エアポート・リンクに乗ってウィンヤード(Wynyard)駅で下車すれば、徒歩5分で到着です。交通渋滞が激しい日中の移動なら、こちらのほうが早いでしょう。

シドニーの中心地で暮らしているように泊まれる「シドニー シティ ロッジ」、選択肢の一つとして考えてもいいんじゃないですか?
ただし、前述のとおり、建物にはエレベーターがありません。最上階の4階の部屋でも、自力でスーツケースを持って上がる必要がありますので、念のため。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/05−2017/01/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ