勝沼ぶどうの郷で出会う癒しのワイントンランチ「つぐら舎」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

勝沼ぶどうの郷で出会う癒しのワイントンランチ「つぐら舎」

勝沼ぶどうの郷で出会う癒しのワイントンランチ「つぐら舎」

更新日:2017/01/30 17:36

jaco mのプロフィール写真 jaco m

山梨県甲州市勝沼町はぶどうとワインの産地で知られる盆地。ワイン好きにはたまらないお出かけスポットですよね。
しかしご存知でしたか?この勝沼の地にもう一つある名産品「ワイントン(豚)」の存在を!
おしゃれで癒される空間で特別なランチを。地元産のワインを飲んで育った豚を使用した「ワイントンハンバーグ」が味わえるカフェ「つぐら舎」のご紹介です。

ぶどうの郷にちょっぴり古風な「まち案内&カフェつぐら舎」

ぶどうの郷にちょっぴり古風な「まち案内&カフェつぐら舎」

写真:jaco m

地図を見る

南アルプスや八ヶ岳が一望できるJR東日本中央本線の勝沼ぶどうの郷駅。ぶどう畑にぶどう狩りの看板、そしてワイナリーが見渡せるこの駅から丘を下っていくと、まちの案内&カフェ「つぐら舎」に訪れることができます。
川口園というぶどう狩りやBBQもできる宿泊施設に併設しているカフェです。テラスもある少し古風な外観となっています。奥のぶどうのトンネルもぜひお散歩してみてください。

店内での飲食がメインですが、少し地元のものなどの物販や近辺の情報などのチラシを取りそろえているので、立ち寄るだけでも気軽にのぞいてみるといいですよ。

おしゃれで可愛くときめく店内。

おしゃれで可愛くときめく店内。

写真:jaco m

地図を見る

木の温かい雰囲気を活かしたテーブルや椅子をメインとしながら小物をさりげなくあしらうとてもかわいらしい店内。切り盛りしているのは女性二人。女性客をときめかす、デートにもぴったりなカフェです。
ゆったりとした自然で育てられた素材を活かした食事を、のんびりした場所で楽しみたいと、勝沼の地を訪れる観光客をおおいにリフレッシュさせてくれる空間づくりとなっています。

旨みがぎゅっ!臭みがないワイントンハンバーグ

旨みがぎゅっ!臭みがないワイントンハンバーグ

写真:jaco m

地図を見る

今日は赤かぶのドレッシングです。と運ばれるサラダはその時々に採れた食材で作られています。そしてじゃがいものポタージュはとてもほんのりやさしい味となっています。ひとつひとつ味わいながらゆっくり堪能してください。
旬の素材でサラダやスープを出してくれることで、なかなか普段感じることのできない季節感を舌で味わうことができるのは旅の醍醐味の一つともなりますよね。

旨みがぎゅっ!臭みがないワイントンハンバーグ

写真:jaco m

地図を見る

そして季節の野菜の盛り合わせがのったワイントンハンバーグが登場します。
ワインを飲ませた豚は臭みがなく、旨みが増すと言われています。
ワイントンハンバーグは切り込みを入れた瞬間から肉汁が溢れだし、旨みがぎゅっと凝縮されたジューシーな仕上がりとなっています。食べ応えがあり、地元の武川米を炊いたご飯がとてもすすみます。
豚肉のハンバーグというと、脂っこく、もたつくイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、ワイントンはクセがなく、脂がすっきりとしています。極上の豚肉ともいわれるのも納得の旨みです。

ワイントンハンバーグ以外にも地元のメニュー充実。

ワイントンハンバーグ以外にも地元のメニュー充実。

写真:jaco m

地図を見る

ランチメニューには、他にも地元の卵を使用したオムライス、スパイスカレーなどリーズナブルに用意されています。
実はパンケーキやデザート、ドリンクも充実しており、ぶどうジュース飲み比べやぶどうシェイクなど勝沼のぶどうの郷ならではのこの土地でしか味わえないメニューもあります。いつ来ても楽しめる魅力がありますよね。

おしゃれな店内や地元の情報をじっくり見てみよう

お食事はゆっくり出てくるのでその間はぜひおしゃれな店内を存分楽しんでください。
近くで開催する勝沼のイベントや情報なども色々知ることのできるチャンスです。
手作りこんにゃくやゆず大根なども販売しているので気になった方はぜひお土産にどうぞ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -