海上300mの究極の世界!「明石海峡大橋ブリッジワールドツアー」

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

海上300mの究極の世界!「明石海峡大橋ブリッジワールドツアー」

海上300mの究極の世界!「明石海峡大橋ブリッジワールドツアー」

更新日:2017/01/20 09:53

大地 優風人のプロフィール写真 大地 優風人 自然風景写真家

架橋技術の集大成とも言える明石海峡大橋。中間主塔(吊橋を支える中間にある2本の塔)間の距離1991mが世界一(2017年1月現在)の長さです。日本が誇る最先端技術を駆使し、建設された明石海峡大橋。その主塔300mの高さへ登る「ブリッジワールドツアー」が毎年催行されています。その高さたるや、あの東京タワーやあべのハルカス展望台に匹敵する超高層の構造物。是非とも究極の世界を楽しんで頂きたいと思います。

まずブリッジワールドツアーへ参加申込を行いましょう!

まずブリッジワールドツアーへ参加申込を行いましょう!

写真:大地 優風人

地図を見る

先ずは本四高速主催「ブリッジワールド」事務局へツアー参加を申し込みましょう。
平日は比較的申込みやすいのですが、休日は直ぐに予約が埋まります、早めに申し込んで下さいね。
他にも参加条件やツアー参加に関する誓約書への同意などが必要となります。
(詳細は下記の関連MEMO「明石海峡大橋ブリッジワールドツアー」のリンクを貼っていますので、そちらを是非ご覧下さい)

まずブリッジワールドツアーへ参加申込を行いましょう!

写真:大地 優風人

地図を見る

受付けが済みますと、青いヘルメットとメッシュのベストを渡され着用します。諸注意事項や展示ブースのパネルや模型(写真は中央主塔が設置されている基礎の模型!)などで一通り説明を受けますが、みなさん早く登りたくてウズウズ、そわそわ。もう少しの我慢ですよ!

さすが世界一の吊橋、全てが桁外れ!

さすが世界一の吊橋、全てが桁外れ!

写真:大地 優風人

地図を見る

いよいよ橋に移動です!本ツアーのメイン、中央主塔へはこの橋の車道の下を通る管理路、約960mを徒歩で移動します。その管理路はご覧の通り、海の風を直に感じられるグレーチング床なんですね。そして海面からこの床までの高さが何と65m!超豪華客船でも通過可能な高さだと言う事ですが、グレーチングの隙間から海面が・・・しっかり見えてます!眼が眩むような高さ!

さすが世界一の吊橋、全てが桁外れ!

写真:大地 優風人

地図を見る

みなさん、ぞろぞろと歩いてますが、主塔まで960m!意外に距離があります。いや、道のりもありますが、滅多にない機会!写真撮りながらなので歩みが遅い!

さすが世界一の吊橋、全てが桁外れ!

写真:大地 優風人

地図を見る

ここが中央主塔です!あの入口から入ると高さ300mへ昇るエレベーターがあります。但し、主塔の幅は根元が46.5mで頂上付近は35.5m。どう云う事かと言うと上に向かって傾斜している為、エレベーターは真っ直ぐ一度には昇降出来ません。傾斜しているので、途中でエレベーターを乗り継ぎます。エレベーターに一度に乗れる定員は約10名、ここで3班に班分けされるんです。

これが高さ300mの未体験ゾーン!

これが高さ300mの未体験ゾーン!

写真:大地 優風人

地図を見る

誰もが息をのむ程の眺望!中央主塔の頂上には視界を覆うガラスも無ければ天井もありません。僅かに腰壁のような高さ1m少しの壁が立つだけ!高所恐怖症の方には申し訳ありませんが、一度は昇って頂きたい大パノラマ、さすが海上300mの世界!海の風を頬に直接感じながら、明石市の街並みはもちろん、遠くは遥か有馬や六甲の山並みまで。誰の口からも吐息ばかり!

これが高さ300mの未体験ゾーン!

写真:大地 優風人

地図を見る

こちらは南側の淡路島。この視界にただ、ただ感嘆するばかりのツアー参加者!下を通過する車や船の大きさをご覧になると、この高さを少しは実感して頂けるんではないでしょうか。

これが高さ300mの未体験ゾーン!

写真:大地 優風人

地図を見る

ここが「ブリッジワールドツアー」のメインエリア!海上約300mの高さ、中央主塔の最上階です。他の施設の展望ルームと大きく違うのは、窓のガラスがありませんし、屋根もありません。この広々とした開放感と風を直接感じる気持ち良さ。何よりも下を見下ろした時の視界は想像を遥かに超えた世界!ブリッジツアーでしか味わえない爽快感です。このエリアで感激出来る時間はわずかに15〜20分程度。見残しや悔いの残らないようにしっかりと観賞して下さいね!

お時間のある方、ブリッジワールドツアーが終わっても、まだ帰らないで下さいね!

お時間のある方、ブリッジワールドツアーが終わっても、まだ帰らないで下さいね!

写真:大地 優風人

地図を見る

ブリッジワールドツアーは午前の部も午後の部も所要時間は2時間40分。お時間がある方、このツアーに訪れた機会に明石海峡を真っ赤に染める夕陽を是非ご覧になってください。明石海峡に沈む夕陽は近畿地方では定評があるんですよ!明石海峡大橋の架かる北側は舞子公園の名で親しまれ、市民の憩いの場になっています。公園内には中国の革命の父と呼ばれた、孫文の記念館や旧武藤山治邸などの施設がありますので、夕陽の時間までゆったりと過ごせます。

お時間のある方、ブリッジワールドツアーが終わっても、まだ帰らないで下さいね!

写真:大地 優風人

地図を見る

これは瀬戸内に浮かぶ小豆島に沈む夕陽です!日によっては水平線に直接沈み、写真家の間では「ダルマ夕陽」と呼ばれる貴重な光景を眼にする事もあります。

お時間のある方、ブリッジワールドツアーが終わっても、まだ帰らないで下さいね!

写真:大地 優風人

地図を見る

明石海峡大橋を渡り、神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア下り線からの眺めです。淡路島明石海峡大橋は日没から一定の時間、それぞれテーマを決めてライトアップされています!ライトアップパターンは平日パターンや休日パターン、時報毎に5分間の時報パターン。全部でパターンは31パターンありますから色々なブリッジパターンが楽しんで頂けます。

世界で最も主塔間距離の長い吊り橋、300mの高さを実感頂けましたでしょうか?

中央主塔間距離の長さ1991mは日進月歩する技術力で何れは破られる日が来るはずとスタッフの方が説明されていましたが、依然まだ世界最長の吊橋に君臨しています。この橋の架設中にあの未曾有の阪神淡路大震災に見舞われ、主塔間距離が約1mズレて強度や材料の影響度を再計算したのは有名な話です。また橋の完成まで工事による死亡被災者が一人もいらっしゃらなかったのも胸を張り、誇れる話として語られていました。

200年以上健全な状態に保たれる事を目標に建設された明石海峡大橋、万全な管理の橋の内部も見学致します。そして何と言っても海上300mの高さから360度に広がる大パノラマを満喫出来る貴重なツアーです。この機会に是非、是非「明石海峡大橋ブリッジワールドツアー」に参加をご検討下さい。

※インターネットからの予約がもしご希望の日付で取れなかった方、一度FAXでも申し込んでみて下さい。キャンセル待ちなどで取れる事もあります。予約申込が少し判りづらかったり質問したいなと思ったら、先ず「ブリッジワールド」事務局にお電話を!丁寧な対応で判り易く説明して頂けます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ