タイのニューハーフショー!「カリプソ・バンコク」初めてでも安心して楽しむポイント

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイのニューハーフショー!「カリプソ・バンコク」初めてでも安心して楽しむポイント

タイのニューハーフショー!「カリプソ・バンコク」初めてでも安心して楽しむポイント

更新日:2017/01/22 20:39

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター、占い師(星読み・タロット・手相)

タイ旅行ならではの楽しみの一つ、“ニューハーフショー”。といっても、「タイ自体初めてだし、ニューハーフショーなんてハードル高い……」と思われる方もいらっしゃいますよね。
バンコクにはショーが観られるところは数多くありますが、観光客が利用しやすいおすすめの劇場といえば、「カリプソ・バンコク」です。そこで今回は、カリプソ・バンコクをご紹介しながら、初めての方でも安心して楽しむポイントを紹介します。

タイのニューハーフショーが観られる「カリプソ・バンコク」とは

タイのニューハーフショーが観られる「カリプソ・バンコク」とは

写真:大宮 つる

地図を見る

タイのニューハーフショーが観られる劇場の一つに、「カリプソ・バンコク」があります。25年以上の歴史をもつ老舗です。
2012年に、バンコクで人気の高いナイトマーケット「アジアティック・ザ・リバーフロント」がオープンしたのですが、それと同時にカリプソも移転。アジアティックで大人気のナイトスポットとなっています。

以下より、初めての方でも安心して楽しむポイントを紹介します。

ポイント1.時間に余裕をもって「アジアティック・ザ・リバーフロント」へGO

ポイント1.時間に余裕をもって「アジアティック・ザ・リバーフロント」へGO

写真:大宮 つる

地図を見る

カリプソ・バンコクは、アジアティックの一区画内にあります。

バンコク市内からアジアティックに訪れるには、タクシーまたはシャトルボート(無料・有料)などを利用することになりますが、おすすめは“無料シャトルボート”でのアクセス。無料でチャオプラヤー川クルーズができるのがなによりお得ですし、アジアティックへ行く楽しみの1つにもなります。

シャトルボートの乗り場は、「サートーン桟橋」というところ。最寄り駅は、BTSシーロム線「サパーン・タークシン駅」となります。

ポイント1.時間に余裕をもって「アジアティック・ザ・リバーフロント」へGO

写真:大宮 つる

地図を見る

無料のシャトルボートを利用する際の注意点としては、17時くらいから、シャトルボートに乗りたい人で大混雑するということ。運行間隔は30本に1本。乗り切れず、1本見送るということも考えられます。時間に余裕をもって船を待つようにしましょう。乗船時間は、15分ほどです。

ポイント1.時間に余裕をもって「アジアティック・ザ・リバーフロント」へGO

写真:大宮 つる

地図を見る

シャトルボートには大勢の方が乗るので、シートに座れるかは微妙なところですが、もし座れるようであれば、進行方向左側のシートに座るのがおすすめです。川岸のホテル、アジアティックのシンボルのゴンドラ「アジアティック・スカイ」などが光り輝く景観を眺められます。

アジアティックに着いたら、ショッピングや食事などを楽しみましょう。ファッション・雑貨のお店が約1500、レストラン約45店が集まる巨大ナイトマーケットです。

ポイント2.チケットについて

ポイント2.チケットについて

写真:大宮 つる

地図を見る

次に、チケットについて。日系の旅行代理店を経由して、送迎付き/ディナー付きのオプショナルツアーを予約したり、チケットのみの手配をお願いしたり、するのが一般的です。カリプソのHPからも予約できますが、どちらが安いか値段を比較した上で予約されるといいでしょう。

ポイント2.チケットについて

写真:大宮 つる

地図を見る

その際に発行されるクーポンは、チケット売り場で引き換える必要があります。ショーの開演は、20時15分〜、21時45分〜の2回。ショーが始まる間際ですと、大変混みあいますので、時間に余裕をもってチケットを引き換えましょう。なお、当日券を購入することも可能ですが、事前に予約をしたほうが確実です。

ポイント2.チケットについて

写真:大宮 つる

地図を見る

チケット売り場のすぐ後ろに、会場に上がるための階段があります。チケットを見せ、会場に向かいましょう。

ポイント3.場内の写真撮影について

ポイント3.場内の写真撮影について

写真:大宮 つる

地図を見る

一般的に写真撮影NGのショーは少なくないですが、カリプソ・バンコクでは写真撮影OKなのがうれしいポイントです。

ポイント3.場内の写真撮影について

写真:大宮 つる

地図を見る

ショーの最中でも、撮影可能です。ただし、フラッシュをたくさん使用しない、身を乗り出さないなど、演者さん・周りの人に迷惑をかけないように撮影しましょう。

※こちらの写真は、アメリカの歌姫・ビヨンセのものまねをしています。

ポイント4.最後に、お気に入りの人と記念撮影もできる

ポイント4.最後に、お気に入りの人と記念撮影もできる

写真:大宮 つる

地図を見る

カリプソ・バンコクの公演時間は、1時間20分ほど。外国の観光客も楽しめるように、アメリカ・インド・韓国・日本など国にちなんだ内容のものも行われます。ショーの間にお気に入りの演者さんが見つかることも。

ショーの終了後、出口にずらーっと演者さんたちが並びます。記念撮影もしてくれますので、一緒に写真を撮ってみては? 撮影自体は無料ですが、チップを50THB(=150円)ほど渡してあげると喜ばれます。

※こちらの写真は、日本にちなんだ演目(GEISHA)です。

これで安心! 「カリプソ・バンコク」を思う存分満喫しよう

以上、初めての方でも安心して「カリプソ・バンコク」を楽しむポイントを紹介しましたが、いかがでしたか?

タイに訪れたら、一度はかならず観たいタイのニューハーフショー。妖艶できらびやかなタイのニューハーフの方に魅了されること、間違いなしです。女性のほうがはまっちゃうかも……!? ぜひ気軽に訪れてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ