神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!

| 南アフリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!

神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!

更新日:2017/01/20 12:44

南アフリカ観光局のプロフィール写真 南アフリカ観光局

南アフリカ最北部に位置する『リンポポ州』は、野生動物や歴史的な遺産・文化に溢れ、太古の昔から神聖な土地と言われています。神話と伝説の舞台でもあるこの地は、不思議な力で世界中の旅人たちを魅了し続けています。黄金でできたサイのフィギュア、雨の女王モジャジ、クルーガー国立公園、そしてアフリカが誇る偉大なバオバブの木々などに代表されるリンポポ州は、様々な魅力でいっぱいです!

観光素材の宝庫、南アフリカ共和国『リンポポ州』とは?

観光素材の宝庫、南アフリカ共和国『リンポポ州』とは?

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

アフリカ大陸最南端にある世界有数の観光地「南アフリカ共和国」に、『リンポポ州』という州があることはご存知でしょうか?

南アフリカの玄関口であるヨハネスブルグから、リンポポ州の州都「ポロクワネ(Polokwane)」へは、飛行機(直行便)で約1時間20分、車では4時間ほど。リンポポ州は、旅のスケジュールも比較的組みやすい、見どころたっぷりの観光スポットが点在する州なのです!

世界遺産!古代王国の跡『マプングブェ(Mapungubwe)』

世界遺産!古代王国の跡『マプングブェ(Mapungubwe)』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

ユネスコ世界遺産に登録されている『マプングブェ』は、リンポポ州の州都・ポロクワネから車で約2時間半、ボツワナとジンバブエ国境そばにある丘で、2003年に世界遺産に登録されました。

世界遺産!古代王国の跡『マプングブェ(Mapungubwe)』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

10〜12世紀に南アフリカで繁栄を築いた古代王国の跡地と考えられており、これまでに金で作られたサイの像や器などが発見されています。

世界遺産!古代王国の跡『マプングブェ(Mapungubwe)』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

東アフリカ海岸沿いのイスラム国やインド、中国との象牙や金の交易を行っていたと言われ、今日の国際貿易に負けないような、商業ネットワークが実際にあったことを証明しています。
この魅力的な古代史を自分の目で確かめることは、一生の思い出になること間違いなしです!

南アフリカが誇るサファリのメッカ『クルーガー国立公園』

南アフリカが誇るサファリのメッカ『クルーガー国立公園』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

ゾウ・サイ・ヒョウ・ライオン・バッファローの「ビッグファイブ」が見られる、南アフリカを代表する野生動物保護区『クルーガー国立公園』。200万haの広大なエリア(四国がすっぽり入る大きさ!)を誇り、140種以上の哺乳類、500種以上の鳥類が生息しています。

南アフリカが誇るサファリのメッカ『クルーガー国立公園』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

クルーガー国立公園の北半分はリンポポ州、南半分はムプマランガ州に属しています。乾燥して開けた場所が多い北部は動物が見やすく、よりアフリカらしいワイルドな雰囲気を楽しめます。

世界一大きな『バオバブの木』!!

世界一大きな『バオバブの木』!!

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

童話「星の王子さま」にでてくる『バオバブの木』。太古の昔には、王族や長老たちが巨大なバオバブの下に集まり、重要な事柄を決めたと言われています。バオバブの木は、貴重な日陰を提供してくれるだけではなく、その巨木のもとで会議を行えば、そこに宿る聖なる魂がきっと賢明な決断へ導いてくれると信じられていました。

バオバブの樹脂繊維は、ロープや布の材料として、楕円形の実は胃腸薬としても使われ、煮詰めておかゆのようにして食べることも!

世界一大きな『バオバブの木』!!

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

バオバブの木は、南アフリカではこのリンポポ州で見ることができ、世界一大きなバオバブの木もここ『リンポポ州』にあります。高さ22m、幹の太さは47m、そして樹齢は6000年とも言われています。

世界一大きな『バオバブの木』!!

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

さらに驚くことに、バオバブの木の中に「バー」があるのです!
春には綺麗な花を咲かせ、様々な種類の鳥の家となっている世界一大きなバオバブの木のバーで、太古の昔に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

伝説の女王が治めた聖なる土地『モジャジ・サイカッド・ネイチャーリザーブ』

伝説の女王が治めた聖なる土地『モジャジ・サイカッド・ネイチャーリザーブ』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

『モジャジ・サイカッド・ネイチャーリザーブ』は、リンポポ州の州都・ポロクワネの東、デュイベルスクルーフという町の北東に広がる、約1万2000本のソテツの森です。

かつてこの地では、モジャジという女王がロベデュ(Lobedu)という部族を治めていました。雨を降らせる秘術を持っていたとされるモジャジは「レイン・クイーン(Rain Queen)」と呼ばれ、現在も子孫が女王の座を継承しています。この地のソテツは世界でも最も原始的な種の1つとされ、部族の子孫が400年以上にわたり聖なる森として守り続けているのです!

不思議な魅力に溢れるリンポポ州で、大地のパワーを体感してください!

観光地として魅力溢れる“南アフリカ”のことをもっともっと知りたい方は・・・

南アフリカは、ほかにも見どころが満載!
南アフリカ観光局では、魅力たっぷりの南アフリカの情報を発信していますので、是非チェックしてみてください!
※関連MEMOをご参照ください。

また、LINEでも検索することができますよ。
◆LINE@:「南アフリカ観光局」、もしくはID @wow-southafricaで検索!

【この記事は 南アフリカ観光局 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ