ここまできた!星野リゾート トマム「氷のホテル」の異世界体験

ここまできた!星野リゾート トマム「氷のホテル」の異世界体験

更新日:2019/02/14 14:28

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会
星野リゾート トマムに冬の間だけ出現する氷の街「アイスヴィレッジ」。この街に「氷のホテル」がオープンするのは、冬の最も寒い季節だけ。「氷のホテル」には、「氷の露天風呂」、「氷の湯上がり処」など、宿泊する以外のお楽しみもいっぱい。

日本で一番寒い日を記録することもある極寒の日に眠れるの?寒くないの?非日常感に包まれた「氷のホテル」でできる宿泊体験をご紹介します。

大人気の「氷のホテル」!2019年も星野リゾート トマムに登場

大人気の「氷のホテル」!2019年も星野リゾート トマムに登場

写真:ろぼたん

地図を見る

「氷のホテル」があるのは、星野リゾート トマムに冬の間だけ登場するアイスヴィレッジ。夜になるとライトアップされて幻想的に浮かび上がる氷の街の中にあります。

大人気の「氷のホテル」!2019年も星野リゾート トマムに登場

写真:ろぼたん

地図を見る

この「氷のホテル」に宿泊体験ができる時間は、22時〜翌朝8時。一般のお客さんがいなくなった後、喧騒ひとつないアイスヴィレッジ。雪と氷のキラメキすら聴こえてきそうな宿泊タイムが始まります。

大人気の「氷のホテル」!2019年も星野リゾート トマムに登場

写真:ろぼたん

地図を見る

アイスヴィレッジの営業時間内の17時〜21時30分までは、一般客でも「氷のホテル」を見学することができます。ですが、このように氷のベッドにゴロンと寝転がったり、氷の椅子に座ってお喋りしたりできるのは宿泊者だけ。

「氷のホテル」が快適な理由

「氷のホテル」が快適な理由

写真:ろぼたん

地図を見る

「氷のホテル」は半球ドーム形をしており、直径約8.5m、高さ約3.5mとなかなかの広さ。1枚の氷で作られています。氷のテーブルに、氷のイスや氷のソファ、氷のベッド…家具も氷でできており、内部は360度氷の幻想的な空間です。

雪や風の心配はありませんが、氷のホテルの内部は、氷点下6度程度になっており、まったく寒くないわけではありません。

「氷のホテル」が快適な理由

写真:ろぼたん

地図を見る

それでも熟睡できる秘密…それは、アルピニストなどが冬山で使用する寒冷地対応の特別な寝袋(シュラフ)があったり、ホットドリンクが用意されていたりと様々な工夫があるから。

イスやソファにはふわふわのクッションが敷かれ、座ったときに直接氷の冷たさが伝わってくることはありません。

「氷のホテル」が快適な理由

写真:ろぼたん

地図を見る

眠る前に「氷の露天風呂」でゆっくり湯船に浸かれば身体は芯までポカポカに。360度氷に囲まれた入浴は「氷のホテル」ならではのものです。

神秘的な氷の露天風呂に入浴できるのは宿泊体験者だけ!

神秘的な氷の露天風呂に入浴できるのは宿泊体験者だけ!

写真:ろぼたん

地図を見る

直径約6メートルの円形の氷の中央に、ジェットバス浴槽を埋め込んだ「氷の露天風呂」。浴槽のお湯は40度〜42度に保たれています。神秘的な景色をゆっくりと味わえる、長湯もできる温度なのは嬉しいかぎり。

神秘的な氷の露天風呂に入浴できるのは宿泊体験者だけ!

写真:ろぼたん

地図を見る

アイスヴィレッジが営業していた頃の活気が嘘のように冬の森に静寂が訪れ、満天の星空やふわふわと舞い落ちる雪空の下、北海道の大自然を独り占めしたかのような時間が過ごせます。

神秘的な氷の露天風呂に入浴できるのは宿泊体験者だけ!

写真:ろぼたん

地図を見る

天気がよければ、うっすら夜が明けていく東雲色の空と美しい白樺の森を「氷の露天風呂」で楽しんだり、凛とした朝のアイスヴィレッジの様子が見られることも。

澄んだ空気と神秘的な氷の世界に訪れる朝は、何ともいえない透明感があります。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

宿泊者だけが堪能!「氷の湯上り処」のドリンクメニュー

宿泊者だけが堪能!「氷の湯上り処」のドリンクメニュー

写真:ろぼたん

地図を見る

「氷の露天風呂」で温まった後に、「氷の湯上がり処」で一休みできるのも「氷のホテル」の宿泊者だけ。こちらも氷でできたリラクシングチェアや氷のセラーが設えられた雪と氷のキラキラ空間…!

空を見上げると白樺の美しい林と瞬く星空、雪景色が広がっています。少しでも長くこの景色を満喫したい…!

宿泊者だけが堪能!「氷の湯上り処」のドリンクメニュー

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

その気持ちに応えるかのように、氷のセラーには、ウィスキーやラム、ワインなどのお酒やお湯のほか、ハーブ、生姜、シロップ、はちみつ、レモン、シナモン、ミルク…と様々な材料が用意されています。

全50種類のドリンクレシピがのっているカードをもらえるので、お好みのドリンクをつくりましょう。特製カクテルや熱々ハーブティーを片手に冬夜をゆっくりと楽しめますよ。

宿泊者だけが堪能!「氷の湯上り処」のドリンクメニュー

写真:ろぼたん

地図を見る

雪や氷の初心者でも体験できるよう工夫があちこちに施されているので、ここにくれば誰もが非日常の滞在ができるはず。

フォトジェニックな「氷のホテル」ですが、カメラやスマホのバッテリーが寒さで一気に減ってしまうかもしれません。でもご安心を。宿泊体験者は「氷のホテル」の中で充電が可能です。

朝食サービス開始!翌朝まで氷の空間で滞在を楽しめる

朝食サービス開始!翌朝まで氷の空間で滞在を楽しめる

提供元:星野リゾート トマム

https://www.snowtomamu.jp地図を見る

2019年シーズンに始まった新たなサービスが朝食。身体を温めるスープやサーモンと生ハムを使用したエッグベネディクト、根菜を中心としたバーニャカウダなど、健康的な朝ご飯がいただけます。

「氷のホテル」に宿泊するということは、人がいなくなった後の静かなアイスヴィレッジの顔を見ることができる機会ともいえます。朝食はアイスヴィレッジにある「氷のBooks&Cafe」でいただくので、そうした雰囲気を味わえるのも魅力です。

朝食サービス開始!翌朝まで氷の空間で滞在を楽しめる

写真:ろぼたん

地図を見る

この素晴らしい宿泊体験に興味があるけれど22時まではどこにいればいいの?と心配になる方もいるかもしれません。

「氷のホテル」で宿泊体験ができるのは、星野リゾート トマムの宿泊施設、ザ・タワー又はリゾナーレトマムに宿泊する人のみ。1日1組だけの特別なものです。他のアクティビティをしたり、ご飯を食べたり…と、星野リゾート トマムの宿泊施設で寛いだ後にチェックインするというわけ。

「氷の露天風呂」のそばには暖かい脱衣所はありますが、洗い場やシャワーはないので、身体を洗いたい場合はお部屋ですませておく、又は「氷のホテル」のチェックアウト後、客室で身支度を再度整えるといいでしょう。

動画:ろぼたん

地図を見る

最後に特別な夜を過ごせる「氷のホテル」の雰囲気を30秒の動画でご紹介します。

見学だけでも行く価値あり!星野リゾート トマム「氷のホテル」

天井も壁もすべてが氷に囲まれた「氷のホテル」での宿泊体験ができるのは、2019年1月19日〜2月28日のチェックインまで。

宿泊予約がとれなくても、アイスヴィレッジ営業時間内であれば、宿泊者に限らず見学ができます。アイスヴィレッジのシンボルのひとつ「氷のホテル」は、見学するだけでも、まるで幻想的な異世界に足を踏み入れたかような気分になれますよ。
※仕入れ状況により提供内容が、一部変更になる場合があります。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:星野リゾート トマム

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/15−2019/02/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -