ウイスキーのキャンドルが灯る!余市ゆき物語&ナイトツアー

ウイスキーのキャンドルが灯る!余市ゆき物語&ナイトツアー

更新日:2019/11/15 14:20

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター
北海道余市町は積丹半島の入り口に位置し、海産物や果物に溢れ、ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝氏とリタ夫人の朝ドラ「マッサン」の物語で一躍有名になった町です。

「余市ゆき物語」が2019年11月1日〜2020年2月16日までロングランで開催されます。余市駅前エリアや町中のライトアップ、雪明かりの「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」も開催。幻想的で美しい「余市ゆき物語」のイベントをご紹介します。

余市駅前「リタロード」

余市駅前「リタロード」

写真:ミセス 和子

地図を見る

JR函館本線余市駅を降りると、駅前広場のホワイトイルミネーションが目に留まります。「余市ゆき物語」の期間中、余市駅前通にはホワイトイルミネーションが灯され、余市の冬を彩ります。このイルミネーションは、ウイスキーの琥珀色をイメージしたもの。
イルミネーションの大きな木と一緒に写っているのは、2016年に朝ドラ「マッサン」の放送記念に創設されたモニュメントです。

余市駅前「リタロード」

写真:ミセス 和子

地図を見る

イルミネーションの木の下には、竹鶴政孝氏とリタ夫人の「リタロード由来の碑」があります。お二人の写真が刻まれていますよ。
「余市ゆき物語」では、ウイスキーやワインの瓶のキャンドルが灯され、イルミネーションの光とともに雪の夜を幻想的に美しく照らします。

余市駅前「リタロード」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「リタロード」と呼ばれている道は、余市駅前から始まり、余市町役場前までの約1.3キロメートルを指します。かつてリタ夫人がよく散歩を楽しんだという道で、1988年(昭和63年)に余市町とスコットランドのイースト・ダンバートンシャイアと姉妹都市提携したことを契機に整備が始まりました。清掃や花植えなどは「リタロードを守る会」によって行われています。

期間限定「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」

期間限定「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」

写真:ミセス 和子

地図を見る

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所は、JR函館本線余市駅から徒歩3分の場所、リタロードの途中に工場の正門があります。

「余市ゆき物語」の期間中、期間限定で「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」が開催されます。ナイトツアーのある日は、幻想的なアイスキャンドルやウイスキーボトルのキャンドルが灯され、工場敷地内の雪明かりの風景を眺める事ができます。

期間限定「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」

写真:ミセス 和子

地図を見る

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所の正門を入ると、アイスキャンドルが迎えてくれます。このアイスキャンドルは、余市市民ボランティアの協力によりひとつひとつ手作業で作成された作品。日没頃にろうそくが灯されます。

ニッカ蒸溜所前庭の「アイスキャンドル」

ニッカ蒸溜所前庭の「アイスキャンドル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

水を型に入れて造った「アイスキャンドル」や、雪の灯篭、雪穴をつくってろうそくを灯す「雪穴キャンドル」が幻想的で美しく目を見張ります。写真は、ニッカウヰスキー工場前庭の撮影スポットです。周囲の雪景色が、琥珀色の温かい光を放ち、美しく輝きます。

ニッカ蒸溜所前庭の「アイスキャンドル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

ニッカウヰスキー正門前庭には、5つのウイスキーの樽が積んである撮影スポットが。雪玉を積んで作ったキャンドルやバケツ型のアイスキャンドルが柔らかい光を放ち、工場敷地内を照らします。

ニッカ蒸溜所前庭の「アイスキャンドル」

写真:ミセス 和子

地図を見る

ウイスキーの故郷「スコットランド」の雰囲気が漂う、三角屋根と軟石づくりの工場や貯蔵庫にアイスキャンドルが灯り、幻想的な風景が素敵です。

タイムスリップした工場敷地内の建物

タイムスリップした工場敷地内の建物

写真:ミセス 和子

地図を見る

雪景色の旧事務所は、昭和9年余市工場が完成して、ニッカ林檎汁、アップルゼリーやニッカアップルワイン等が製造されました。そして昭和15年、余市で製造した初のウイスキーが発売されました。数々の歴史が生まれた旧事務所は、今でも当時のままの佇まいを見せてくれます。

タイムスリップした工場敷地内の建物

写真:ミセス 和子

地図を見る

ニッカウヰスキー工場の敷地は、以前但馬八十次という人のものであったそうです。工場設立当時に、敷地にあった住宅を購入して事務所と研究に使っていました。現在は「リタハウス」と呼ばれていて、国の登録有形文化財です。

タイムスリップした工場敷地内の建物

写真:ミセス 和子

地図を見る

竹鶴政孝氏とリタ夫人が暮らした家が復元されています。お二人の邸宅は余市町山田町にありましたが、2002年(平成14)年に工場内へ移転されました。ご夫婦が暮らした邸宅を、外から眺める事ができます。

ウイスキーキャンドルのナイトツアー

ウイスキーキャンドルのナイトツアー

写真:ミセス 和子

地図を見る

道の両脇に埋まっているウイスキーボトルのキャンドル。小さくて静かな光が灯される夜の光景は必見です。

ウイスキーキャンドルのナイトツアー

写真:ミセス 和子

地図を見る

ウイスキーボトルキャンドルには、見覚えのあるラベルがそのまま貼ってあります。「余市」であったり「竹鶴」であったり、ウイスキーの種類を確かめながら散策を楽しむのもいいでしょう。

ウイスキーキャンドルのナイトツアー

写真:ミセス 和子

地図を見る

余市ゆき物語の期間中、期間限定で「ニッカ蒸留所冬のナイトツアー」が開催されます。雪明かりに照らされる幻想的な冬の工場見学ツアーです。ニッカ蒸溜所の夜のキャンドルやウイスキーボトルキャンドルの幻想的な風景など、このツアーでしか見る事ができない体験ができます。

余市ゆき物語&ナイトツアーの基本情報

<余市ゆき物語>
会場:JR余市駅周辺/ニッカウイスキースキー余市蒸留所
開催期間:2019年11月1日(金)〜2020年2月16日(日)
点灯時間:17時〜22時
お問い合わせ:余市観光協会
電話:0135-22-4115

<ニッカ蒸留所冬のナイトツアー(1日40名)>
会場:余市ニッカ蒸留所
アクセス:JR余市駅から徒歩3分
開催日:2019年12月14日、2020年1月11日、1月18日、1月25日、2月2日
時間:17時〜18時
申し込み・お問い合わせ:余市観光協会
電話:0135-22-4115

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -