タヒチ・ボラボラ島でイチオシ現地ツアー「サファリツアー」

| タヒチ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タヒチ・ボラボラ島でイチオシ現地ツアー「サファリツアー」

タヒチ・ボラボラ島でイチオシ現地ツアー「サファリツアー」

更新日:2017/01/23 12:57

堀江 廣喜のプロフィール写真 堀江 廣喜 トラベルプロデューサー

素晴らしい海を眺めながら、のんびりホテルライフを楽しむのもタヒチの旅のスタイルですが、今回おすすめする現地ツアー「サファリツアー」は、ボラボラ島の素晴らしい景色や自然、文化を楽しむツアーで見どころ一杯。ハネムーナーからシニアカップル、フアミリーまで、どなたでも楽しめるツアーです。ホテルライフやマリンスポーツを楽しむばかりでなく、是非この現地ツアーにも参加してタヒチの魅力を感じて下さい。

4WDに乗ってボラボラ島の自然と文化を満喫

4WDに乗ってボラボラ島の自然と文化を満喫

写真:堀江 廣喜

地図を見る

ボラボラ島では「4WDサファリツアー」「ジープサファリ」「マウンテンサファリツアー」などの名称で、色々な会社がツアーを催行しています。内容はこれからご案内する会社のツアーとほぼ同じですが、催行日時、時間、日本語ガイド同行の有無など違いもありますので、日本の旅行会社やインターネットで事前に調べておいたほうが良いでしょう。

おすすめは「ババウサファリ」。このツアーは午前又午後一日2回実施されます。所用時間は約4時間で、ボラボラ島の見どころを巡りながら島を−周します。4WDの車に乗ってボラボラ島の自然を満喫できます。「サファリ」と言っても悪路をアップダウンしながらドライブするということではなく、ビューポイントの有る高台に行くときに急坂を4WDで登ると行った程度ですから、シニアの方でも心配する必要はありません。島の一周道路は舗装されていて海を眺めながらの快適なドライブです。見晴しのよい高台でラグーンを眺めたり、トロピカルな花や植物の説明を受けたり、タヒチ女性の民族衣装パレオの工房に寄ったり、半日タヒチの自然と文化が満喫できます。

まずはこの眺めをご覧ください!

まずはこの眺めをご覧ください!

写真:堀江 廣喜

このツアーのハイライトは御覧のようなすばらしいいラグーンのグラデーションが高い所から一望できることでしょう。この写真は最初の高台からの風景で、これでも充分美しいのですが、まだこれから後に訪ねるポイントに比べたらまだまだです。このツアーでは数ヶ所の高台から違った景色が眺められます。

まずはこの眺めをご覧ください!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

高台からの素晴らしい海を見るばかりでなく、ご覧のような白砂のビーチへもストップします。このビーチはタヒチでも一番美しいと言われているマティラビーチです。

まずはこの眺めをご覧ください!

写真:堀江 廣喜

このビーチはパブリックビーチなので誰でもこの美しいビーチを楽しめます。どうですかこの水の透明度。残念ながらこのビーチでゆっくりと言うわけにはいかず、写真を撮って次のポイントに向かいます。

息を飲む景色とはこんな場所のことでしょうか。

息を飲む景色とはこんな場所のことでしょうか。

写真:堀江 廣喜

次の高台からの眺めは、まさにタヒチのイメージそのものでしょうか。グラデーションが見事なラグーン、そこに浮かぶように建つ水上コテージ。楽園の風景ですね。海の深さと太陽の光が相まって、こんな素晴らしいグラデーションができるのです。

息を飲む景色とはこんな場所のことでしょうか。

写真:堀江 廣喜

ハネムーナー憧れの水上コテージです。コテージの下は熱帯魚が泳ぐラグーンでシュノーケリングが簡単に楽しめます。ほとんどの水上コテージは室内の床がガラス張りになっていて、部屋から熱帯魚が見える作りになっています。

絶景ばかりでなくタヒチの自然や暮らしも感じられるツアーです。

絶景ばかりでなくタヒチの自然や暮らしも感じられるツアーです。

写真:堀江 廣喜

地図を見る

ボラボラ島の一番大きな村は島の東側にあるヴァイタペ村ですが、その反対側島の西側にあるのがアナウ村です。この写真のその村の教会ですが、なんとも可愛らしく、南国の教会らしい色合いです。

絶景ばかりでなくタヒチの自然や暮らしも感じられるツアーです。

写真:堀江 廣喜

ドライブをしていく途中で、ガイドさんが車を急に止めてビーチ沿いの道端で何か探し出しました。穴がたくさん空いている所で木の葉を一枚地面に投げるとなんと穴からカニが出てきました。この辺りに生息するオカガニだそうです。こんな自然の生き物たちも紹介してくれます。

絶景ばかりでなくタヒチの自然や暮らしも感じられるツアーです。

写真:堀江 廣喜

パレオの工房にも立ち寄ります。色鮮やかなパレオの作り方がわかります。勿論最後はお土産として売っています。

「来てよかった」と思えるここからの眺め

「来てよかった」と思えるここからの眺め

写真:堀江 廣喜

地図を見る

この高台は、第二次世界大戦当時、アメリカ軍が日本軍に備えた大砲を設置した高台でしたが、結果的には使われずにそのまま放置され現在も残っています。そんな歴史の一コマとは程遠い素晴らしいラグーンの景色が広がっています。

「来てよかった」と思えるここからの眺め

写真:堀江 廣喜

「来てよかった」と思えるここからの眺め

写真:堀江 廣喜

ボラボラ島へ来たなら、ここからの眺めは外せません。

直行便も増便され、更に行きやすくなったタヒチへ今!

2017年1月から3月まで期間限定でこれまでの週2便から3便体制になり、更に行きやすくなりました。日本発が月・水・土曜日発で、最短で3泊5日で行ってくることが出来るようになりました。弾丸トラベラーとして、どうしてもタヒチに行きたい方は今がチャンスですよ。その際にはボラボラ島へ行って是非このツアーに参加してみてください。「地上の楽園」の絶景が目の前に広がりますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/03−2016/10/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ