〜伝統文化・スイーツ・アートスポットを巡る〜地下鉄利用の上海ゆる旅

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

〜伝統文化・スイーツ・アートスポットを巡る〜地下鉄利用の上海ゆる旅

〜伝統文化・スイーツ・アートスポットを巡る〜地下鉄利用の上海ゆる旅

更新日:2017/02/01 17:43

MISAKI IIDAのプロフィール写真 MISAKI IIDA 学芸員資格

東京より約4時間、中国経済を支える上海は、高層ビルが建ち並ぶハイカラな都市であり、一歩路地を覗くと昔ながらの生活の様子が窺える、新旧入り混じる街。食・文化・レジャーと多くの見どころを持つ上海ですが、今回はパワー溢れる公園、オススメスイーツ、オシャレスポットを巡り、イメージする中国らしさや、新たな魅力が感じられるスポットをご紹介いたします。地下鉄を利用しゆるっとマイペースに散策しましょう!

旅の始まりはパワーみなぎる早朝の公園から

旅の始まりはパワーみなぎる早朝の公園から

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

中国と言えば、上海ガニ、小籠包、パンダや雑技団など様々なイメージがありますが、太極拳もその一つ。イメージだけで実際はそんなに一般的なものではないのでは?と思いますが、上海の公園ではその疑問が解消される光景が。

市民の憩いの場として親しまれている魯迅公園には、早朝から多くの人が集まっています。その様子を見てみると、宋代に始まる太極拳や刀を使った武術の練習に励む人、音楽をガンガンかけダンスをする人と様々。年配の方々のパワーがみなぎるスポットです。旅行に来てわざわざ公園と思うところですが、中国らしさや市民の生活から見られる文化を感じに魯迅公園へ行かれてみてはいかがでしょうか。

旅の始まりはパワーみなぎる早朝の公園から

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

魯迅公園最寄の地下鉄「虹口足球場」駅のある10号線は上海万博用に造られた駅で、ホームと線路の間にはガラスのドアも設置され利用者の安全面も配慮された構造です。

上海市内の観光にはやはり地下鉄が便利で、中国語がわからないし不安、そんな場合も心配ご無用です。電車内では中国語と英語のアナウンスがあり、停車駅もわかりやすい表示ですので、安心して利用することが出来ます。切符の購入もタッチパネルで行先を選び、表示された金額を投入。もしくは一日乗車券の利用も便利です。

旅の始まりはパワーみなぎる早朝の公園から

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

街中での地下鉄の目印は赤い「M」のマーク。駅によって、出口がいくつかある為、行先の最寄の出口の確認は必須です。上海は人口の多い市として北京に次ぐ世界第2位の大きな街、朝・夕の通勤ラッシュがあります。出来ればラッシュの時間帯の利用は避けたいところです。

サクッ!フワッ!優しい甘みがたまらないエッグタルト

サクッ!フワッ!優しい甘みがたまらないエッグタルト

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

散策のおともにイチオシのスイーツ、エッグタルトをご紹介いたします。香港やマカオでも有名なお菓子ですが、1920年代に広州で誕生したという説も有力で、上海でも人気の焼き菓子です。

軽い食感のサクサクタルトの中に、ふわ〜りとろ〜りとした焼きプリンのような玉子の風味が広がるソースが入っています。ほんのりとした優しい甘みは飽きが来ず、あっという間に1つ食べてしまいます。

上海市内では様々な店でエッグタルトを販売しておりますが、中でもおすすめは「LILLIAN BAKERY」。当初「澳門莉蓮蛋撻(リリアン・ケーキショップ)」として上海にオープンし、2010年に現在の店名に変わり、エッグタルトだけではなくチーズタルト、ケーキ、パンなどを購入することができます。
スイーツ好きの方はもちろん、甘いものを普段食べない方でもリリアンベーカリーのエッグタルトはやみつきになること間違いなしです。

おもしろフォトスポット紅坊国際文化芸術区

おもしろフォトスポット紅坊国際文化芸術区

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

次にご紹介いたしますのは、地下鉄・虹橋路駅から徒歩10分、カラフルでダイナミックな作品に出会う「紅坊国際文化芸術区」。敷地入口に建つ赤レンガの倉庫に壁には、大きなおじさんの顔が…。アート好きの方やおもしろ写真を撮りたい方にオススメのアートスポットです。

おもしろフォトスポット紅坊国際文化芸術区

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

敷地内にはたくさんのオブジェが点在しており、アインシュタイン、巨大な脚やエンピツ、ピエロにオバサンなど、くすっと笑ってしまうようなユーモア溢れる作品ばかり。

こんなところにも!と驚くような場所にも作品が置かれている場合もありますので、お気に入りのユニークな作品を探しながら散策を楽しんでみてください。

おもしろフォトスポット紅坊国際文化芸術区

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

紅坊国際文化芸術区では野外の展示だけでなく、美術館、画廊、オープンカフェ、雑貨屋もあり、ほとんどが無料で観られるのも嬉しい点です。

上海には紅坊国際文化芸術区の他、現代アーティストたちがアトリエを構える「M50」やオシャレなギャラリー、大型美術館など多数のアートスポットがある街。活気溢れる街の雑踏から離れ、静かにゆっくりと鑑賞できるアートスポットでは、賑やかでエネルギーみなぎるイメージとは少し異なる上海の魅力を感じられます。

散策の後はcafeでひと休み〜漢源書店 OLD CHINA HAND READING ROOM〜

散策の後はcafeでひと休み〜漢源書店 OLD CHINA HAND READING ROOM〜

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

静かな空間や本好きの方、アンティーク好きな方、カフェ巡りが好きな方にオススメの素敵なカフェがあります。最寄駅・地下鉄1号線「陝西南路」駅より徒歩15分程、「紹興路」という小さな道路に面した「漢源書店」。一見本屋さんのようなネーミングのカフェです。

店内の通路にはチラシやポストカードが置かれ、「漢源書店」に集うさまざまな芸術家たちの活動掲示板にもなっています。

散策の後はcafeでひと休み〜漢源書店 OLD CHINA HAND READING ROOM〜

写真:MISAKI IIDA

地図を見る

背の高い重厚な本棚には洋書や美術書などがびっしりと並べられており、まるで図書館のような知的な空間が広がっています。

コーヒーや紅茶、ケーキセットやサンドイッチなどのメニューがあり、店内の本は自由に読むことができますので、静かで落ち着いた雰囲気の中ゆっくりとした時間をお過ごしください。

おわりに

今回は主要の観光地というよりも、まちなかで上海の魅力が感じられるスポットをご紹介いたしましたが、近代的な上海タワーやビル群を一望できる外灘や、伝統的な庭園と小籠包やショッピングを楽しめる豫園、大型水族館や博物館などもやはり上海を訪れたからには、これぞ上海!を感じられる、魅力たっぷりのスポットです。

また中国と言えば、おいしい中華料理のイメージもありますが、高級料理店でなくとも、市民の方々が通うお店では、驚くほどの肉汁が溢れだす餃子や一つ15円ほどの絶品肉まんなど、世界三大料理と呼ばれるゆえんを実感できる街です。

しかし世界2位の人口を誇る大きな都市であるため、台北などと比較すると観光客が多い人気のスポットでは客引きもありますので、安全第一で楽しくお過ごし下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/02/28−2012/03/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -