世界遺産で眠る!ポルトガル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」

| ポルトガル

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

世界遺産で眠る!ポルトガル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」

世界遺産で眠る!ポルトガル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」

更新日:2017/07/14 16:43

成瀬 康子のプロフィール写真 成瀬 康子 旅行ライター、アートナビゲーター、スウィーツフリーク

今回ご案内するホテルは、ポルトガルの首都リスボンから130kmほど東のエヴォラにあります。ここはローマ時代から栄え、1986年には旧市街全体がユネスコの世界遺産に登録されました。1584年に天正遣欧少年使節が訪れた日本とも縁のある街です。

ホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」はそんな世界遺産の中で眠り、街全体を自分の庭の様に散策出来る抜群の立地にあります。実は、建物にも価値があるんですよ!

建物は元修道院!

建物は元修道院!

写真:成瀬 康子

地図を見る

ホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」の建物は、なんと元修道院!実は「ポザータ」とは、お城・修道院・貴族の館など歴史的建造物を修復・保存・活用する目的で国が運営をスタートさせた宿泊施設なのです。現在は国営ではありませんが、一定の条件をクリアしていないと認められない価値ある宿泊施設です!

写真は「ロイオス教会」の内部です。こちらの修道院部分がホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」の宿泊施設となっています。

「ロイオス教会」は歴史建造物として世界遺産に認定されています。とても美しいアズレージョ(ポルトガル絵タイル)は必見ですよ!入口は別ですが建物はホテルと繋がっています。

建物は元修道院!

写真:成瀬 康子

地図を見る

ホテルとして利用している修道院部分「ロイオス修道院」は1485年に建てられました。その後、災害などの困難に見舞われますが再建を経て、1922年には国の記念建造物に認定され、1965年にホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」としてオープンしました。
1階の美しいマヌエル様式の回廊は、現在レストランとして利用され、2階の僧房は宿泊者の客室スペースとなっています。骨董品や古いタペストリーが展示された廊下や歴史を感じさせる階段など、建物全体がまるで美術館の様です。

静かな客室は元僧房

静かな客室は元僧房

写真:成瀬 康子

地図を見る

客室はすべて僧房として使用していたところでサイズは当時のままです。決して広くはありませんが子供部屋の様な懐かしさも手伝い、不自由は感じません。

WiFiも入りますし、食事のルームサービスもあります。毎日チョコレートがベットに用意されたりと普通のホテルと同じサービスを受けられます。

写真はクラシックタイプという一番小さな部屋です。同じ修道士でもランクの違いがあったのでしょう、もっと大きな部屋もありますよ。

静かな客室は元僧房

写真:成瀬 康子

地図を見る

バスルームは?と探すとありました。クローゼットの中に!そう、ここはクローゼットだったスペース。今は改装してバス・トイレスペースとなっています。扉に若干の隙間があり使用中の音は少し部屋に漏れますが、水漏れなどの心配はありません。

清掃もよく行き届いており、とても綺麗です。柔らかな色合いのタイルと、猫足のバスタブが愛らしい!

静かな客室は元僧房

写真:成瀬 康子

地図を見る

客室前の廊下はとても静かです。毎日祈りを捧げる修道士達が暮らしていたからでしょうか、澄み切った空気を感じられます。

ホテルの建物は大きいのですが、客室は全部で32室のみです。連泊するとレストランでお会いする方のお顔も覚え、家族の様な親しみを感じます。そういう事もこういったホテルに宿泊する醍醐味ですね。

瞑想空間で食事?

瞑想空間で食事?

写真:成瀬 康子

地図を見る

ご覧ください、この美しいマニエル様式のモチーフを!こちらは中庭を囲む回廊で、レストランスペースに利用されています。テーブルセッティングは格調高く、修道女さんがモチーフのろうそくスタンドは愛嬌があって可愛いです。

瞑想空間で食事?

写真:成瀬 康子

地図を見る

朝食はブッフェスタイルです。食事が用意されているスペースは実はとても神聖な場所、そう修道士さんが瞑想していたスペースなんです!当時の様子を残した重みのある空間に、思わずお辞儀をしながら入って行きたくなります。

特にパン・お菓子・フルーツが充実しており、アラカルトの卵料理はテーブルでオーダーする事も出来ます。

瞑想空間で食事?

写真:成瀬 康子

地図を見る

夕食は予約しておきましょう。メニューは伝統的なポルトガル料理からモダンなものまでそろっています。量が心配な方も一品から頂けるので大丈夫ですよ。ろうそくに火がともされたら、さあ!ディナータイムの始まりです。

ポルトガルはヨーロッパで一番お米を消費する国。お米を使った料理がメニューにあるのは、日本人にとって嬉しいですね。

充実の施設!暖炉もプールも!

充実の施設!暖炉もプールも!

写真:成瀬 康子

地図を見る

エントランスの奥は、暖炉もある落ち着いた趣のあるバースペース。冬場は暖炉の前で揺らぐ火を眺めながらゆっくり過ごすのもいいですね。
特に飲み物を注文せず、こちらで自由にくつろいでも大丈夫です。

充実の施設!暖炉もプールも!

写真:成瀬 康子

地図を見る

打って変わり、夏場にはパティオの屋外プールがオープンします!プールバーもオープンするので、ここに滞在するとちょっとしたリゾート気分も味わえますよ。

抜群の観光立地!

抜群の観光立地!

写真:成瀬 康子

地図を見る

写真は、ホテルの真ん前にある2〜3世紀に造られたコリント様式の神殿「ディアナ神殿」です。こちらも世界遺産に指定されている歴史建造物です。

ホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」は、この様に抜群の観光立地にあります。例えばルネッサンス期に建てられた「エヴォラ大学」、日本の天正遣欧少年使節が訪れた「カテドラル」、人骨堂として有名な「サン・フランシスコ教会」など、世界遺産の歴史建造物や主要な観光スポットはすべて徒歩圏です。

世界遺産の中で眠り、エヴォラの街を散策する

エヴォラの魅力は、長い歴史を物語るロマネスク・ゴシック・マヌエル・ルネッサンス・バロックといった様々な様式の建物が混在しているところでしょう。散歩をしていると、自分がどの時代に居るのか分からなくなる程です。

そんな気分を壊さない歴史的価値のある中世の建物、ホテル「ポザータ コンヴェント エヴォラ」に泊まり、その歴史とロマンに浸りながら世界遺産の街エヴォラを堪能出来るのは最高の贅沢と言えるでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/20−2017/01/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ