きっと「ウマ」くいく!ホースランド安曇野・馬の蹄鉄で運をつかんで離さない!

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

きっと「ウマ」くいく!ホースランド安曇野・馬の蹄鉄で運をつかんで離さない!

きっと「ウマ」くいく!ホースランド安曇野・馬の蹄鉄で運をつかんで離さない!

更新日:2017/01/31 11:06

木村 あずさのプロフィール写真 木村 あずさ

ヨーロッパでは昔から、馬の蹄鉄(ていてつ)が幸運のお守りとされてきたのをご存知ですか?幸せを引き寄せて離さないと信じられ、多くのお家の玄関に飾られています。

そのお守り、日本では長野県にあるホースランド安曇野で手に入れることができます。豊かな自然の中で育てられている馬が使っていた蹄鉄のお守り。なんだか素敵な運を引き寄せてくれる気がしませんか?

運を引き寄せて離さない!馬の蹄鉄

運を引き寄せて離さない!馬の蹄鉄

写真:木村 あずさ

地図を見る

馬の足の蹄(ひづめ)を保護するためにつけられている蹄鉄。その形はU字型をしています。ヨーロッパでは、このU字の中に幸せを呼び込み留めておくと信じられ、幸運の象徴とされてきました。日本でもラッキーアイテムとして蹄鉄の形をしたキーホルダーやアクセサリーを身に着ける方もいますよね。

長野県のホースランド安曇野では、実際の蹄鉄を開運のお守りとして販売しています。平成24年の販売開始以降、乗馬ファンをはじめ地域の方や観光客の間でジワジワと人気上昇中。

運を引き寄せて離さない!馬の蹄鉄

写真:木村 あずさ

地図を見る

こちらでは馬の蹄鉄を5週間毎に新しいものに取り換えています。馬の足を守り、無事にその役目を終えた蹄鉄は、次はお守りとして生まれ変わるのです。ズッシリと重みのあるこのお守り、なんだか頼りがいがあります!

一見どれも同じように見えますが、実は装着していた馬の蹄の形によりU字の形もそれぞれ微妙に違います。たくさんの幸せを呼び込みたいけれど、呼び込んだ幸せを離したくない…お守りの形選びに、思わず悩んでしまいますよ。

蹄鉄お守りのふるさと「ホースランド安曇野」とは?

蹄鉄お守りのふるさと「ホースランド安曇野」とは?

写真:木村 あずさ

地図を見る

ホースランド安曇野は、北アルプスを背景に美しい田園風景が広がる地域にあります。安曇野といえば、全国的にも人気の観光地。近くにはガイドブックでおなじみの観光スポットがたくさんあります。すぐ隣にはワイナリーや県内最大級の農産物直売所があり、駐車スペースもたっぷり。観光の途中で気軽に立ち寄ることができる場所です。

蹄鉄お守りのふるさと「ホースランド安曇野」とは?

写真:木村 あずさ

地図を見る

敷地内への入場は無料。暖かい時期なら園内のあちこちに咲く花や颯爽と走る馬を眺めながら、ゆったりとした時間を過してみてはいかがでしょう?馬に餌をあげたり、名物のソフトクリームを味わうこともできますよ!

蹄鉄お守りのふるさと「ホースランド安曇野」とは?

写真:木村 あずさ

地図を見る

また、その場での申し込みで乗馬体験ができます。ホースランド安曇野は、実は日本でもトップクラスの乗馬クラブ。本格的な馬術レッスンも行われています。馬の調教も行き届いていますし、馬を引いてくれるスタッフの経験も豊富。そんな安心できる環境で、ぜひ乗馬体験してみてはいかがでしょう?良い旅の思い出になりそうですね。

蹄鉄お守りは観光情報センターでも手に入ります!

蹄鉄お守りは観光情報センターでも手に入ります!

写真:木村 あずさ

地図を見る

ホースランド安曇野で加工された蹄鉄お守りは、JR穂高駅前の安曇野市観光情報センターでも販売しています。受験シーズン前は合格祈願としても販売されていて、子供や孫のために買われていく方も多いそう。

蹄鉄お守りは観光情報センターでも手に入ります!

写真:木村 あずさ

地図を見る

観光情報センターには、蹄鉄お守りの他にも観光パンフレットやご当地キャラクターグッツをはじめとするお土産も置いてあります。スタッフの方が観光地情報を詳しく案内してくれますので、安曇野を旅される際には立ち寄ってみるのがお勧めです!

「ウマ」く行きそうな気がする、気持ちが前を向く場所へ

開運を願う馬の蹄鉄お守り。実際に使用していた馬たちを見ると、その毛並みの美しさや瞳の優しさに心が穏やかになります。そして辺りに広がるのは、のどかで雄大な景色。大きく深呼吸をすれば、自然と気持ちが前を向いていくようです。

そんな場所に、素敵な運を引き寄せに出かけてみてはいかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ