神奈川県松田町・河津桜でピンクに染まる山はミニ鉄道など楽しみが一杯!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神奈川県松田町・河津桜でピンクに染まる山はミニ鉄道など楽しみが一杯!

神奈川県松田町・河津桜でピンクに染まる山はミニ鉄道など楽しみが一杯!

更新日:2017/02/16 16:49

M Maririnのプロフィール写真 M Maririn 旅行ブロガー

今やソメイヨシノにも負けない程の人気となった河津桜。その名所としてテレビでもたびたび取り上げられ知名度が上がっているのが神奈川県松田町です。早咲きの河津桜で松田山の斜面がピンクに染まる姿を眺めると、春がもう隣までやってきた嬉しさで心が満たされるよう。松田山には西平畑公園が整備されていて「桜まつり」が行われます。都心からもアクセスのよい松田町の河津桜を見に出かけてみませんか!

河津桜のピンクに染まる山は都心からアクセス抜群

河津桜のピンクに染まる山は都心からアクセス抜群

写真:M Maririn

地図を見る

河津桜の名所としてお馴染みになった松田町。新宿駅から小田急線新松田駅までは快速急行で約75分。河津桜の本家、伊豆の河津町にくらべて都心から行きやすい事から毎年多くの人が桜を見に訪れます。河津桜は西平畑公園がある松田山の斜面から山の上にかけて植えられていて、その斜面には桜の下を縫う様に自然散策路が作られています。

河津桜のピンクに染まる山は都心からアクセス抜群

写真:M Maririn

地図を見る

桜まつりの期間中は、山の上までシャトルバスも運行されています。山の上からも桜を十分楽しめますが、足腰に自信のある方は上り下りどちらかでも散策路を歩いてみると、より一層桜を楽しめるでしょう。自然散策路の入り口までは新松田駅から徒歩で15分ほど。新松田駅の傍にはJR御殿場線松田駅もあり、シャトルバスはJR松田駅北口より出ていますのでお間違いの無いように。

河津桜のピンクに染まる山は都心からアクセス抜群

写真:M Maririn

地図を見る

お車をご利用の方は松田山の上に駐車場がありますが、桜まつりの期間中はかなり混雑します。駅付近の有料駐車場もしくは酒匂川沿いに広い臨時駐車場が出来ますのでそちらもご利用ください。(協力金が必要)臨時駐車場からも山の上までのシャトルバスが出ています。臨時駐車場から自然散策路の入り口までは徒歩で約25分ほどですが、天気の良い日なら歩いて向かってみるのも良いかもしれませんね。駐車場からも松田山が見えますし、ところどころに案内板があるので迷う心配もあまりないですよ。

ピンクの桜と黄色の菜の花の競演

ピンクの桜と黄色の菜の花の競演

写真:M Maririn

地図を見る

自然散策路の入り口をくぐると、桜の下を緩やかな上り坂が山の上まで続いています。桜が満開になるころは一面のピンクの天井の下を歩いていくよう!桜の下には菜の花が咲いているので、ピンクと黄色の春色のコラボレーションを楽しむことが出来ます。

斜面の反対側に目を向けてみると、桜の花の向こうに足柄平野と箱根の山々が広がり、なんとも伸びやかな気持ちになります。

ピンクの桜と黄色の菜の花の競演

写真:M Maririn

地図を見る
ピンクの桜と黄色の菜の花の競演

写真:M Maririn

地図を見る

河津桜は早咲きのオオシマザクラ系と紅色のヒカンザクラ系の自然配合種と言われ、濃いピンク色の花を咲かせるのが特徴。しかし遊歩道の途中には一本だけ白い花を咲かせる河津桜があるのです。これはオオシマザクラの影響が強い為と思われています。濃いピンクのなかに咲く白い桜、清楚な雰囲気を漂わせていますので探してみてくださいね。

山の上から見下ろす桜も美しい

山の上から見下ろす桜も美しい

写真:M Maririn

地図を見る

山の上からは眼下に広がる桜の眺めを楽しめますよ。普段は見上げることが多い桜の花を山の上から見下ろすのもなかなか無い機会では。晴れた日には富士山の姿を望むことができ、その眺めは「関東の富士見百景」に選定されています。

山の上から見下ろす桜も美しい

写真:M Maririn

地図を見る

様々な売店が出ていますので食べる楽しみやお土産を買う楽しみも!桜にちなんだ食べ物や地元の農産物などもありますので、「花より団子」の人も楽しめますね。

大人気のミニ鉄道は桜の下を走る本格派!

大人気のミニ鉄道は桜の下を走る本格派!

写真:M Maririn

地図を見る

桜まつりが行なわる西平畑公園で大人気なのがミニ列車の走る「ふるさと鉄道」です。「お山のぽっぽ鉄道」の愛称で親しまれているこの鉄道は、5両編成で20人乗りの客車と実物の6分の1スケールの山岳鉄道「シェイ式蒸気機関車」や小田急「ロマンスカー」を連結して走っています。列車の走る「ポンポコ駅」と「コンコン駅」の間は高低差30メートル・往復約1100メートルで、途中にはトンネルや踏切さらにはスイッチバックまであるなかなかの本格派!

大人気のミニ鉄道は桜の下を走る本格派!

写真:M Maririn

地図を見る

子供はもちろん大人にも大人気なので、乗りたい方は山の上に着いたらまず駐車場の奥にある「ポンポコ駅」で切符もしくは整理券を確保するとよいですよ。桜まつり期間中は毎日運行します。(平日はロマンスカーのみ・雨天中止)

桜の中、春の一日を遊び尽くそう!

桜の中、春の一日を遊び尽くそう!

写真:M Maririn

地図を見る

公園にはふるさと鉄道のほかにもまだまだ楽しいスポットがあります。「太陽のすべり台」は桜の下を滑っていく気持ちのいいすべり台。昔のおもちゃなどのある「子どもの館」では桜まつり期間中に雛のつるし飾りの展示が行われます。ふるさと鉄道のポンポコ駅を奥に進むと野鳥観察の出来る「自然館」もありますよ。

桜の中、春の一日を遊び尽くそう!

写真:M Maririn

地図を見る

そして公園のシンボル的存在の「松田山ハーブガーデン」この時期はクリスマスローズが咲き出します。ハーブ館内では手作り体験の出来る体験工房やカフェレストラン、ハーブショップではオリジナルハーブグッズを販売しています。

足柄の夜景が見られるライトアップ

桜まつりは2017年は2月11日(土)から3月12日(日)に開催されます。桜が五分咲きになる頃にはライトアップも行われます。夜桜と共に足柄平野の夜景を見下ろす眺めは一見の価値ありです。

ライトアップの開始日や期間中のイベント内容などは、関連MEMOにある松田町もしくは松田町観光協会のHPでご確認ください。

それでは、皆さんの旅が思い出深いものになりますように!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ