雪が降ったらラッキー!一度は見たい京都有名観光名所の雪景色

雪が降ったらラッキー!一度は見たい京都有名観光名所の雪景色

更新日:2017/12/28 14:30

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター
京都観光で雪に降られたら「寒くてイヤ!」と思われる方もいるかもしれません。しかしながら京都の雪景色は格別。京都旅行中に雪に見舞われたらラッキーと思いましょう。見慣れた京都の街が、普段とは全く違う表情を見せてくれます。
東福寺、清水寺などの人気観光スポットの美しい雪景色をご紹介します。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

東福寺・通天橋の雪景色

東福寺・通天橋の雪景色

写真:東郷 カオル

地図を見る

紅葉の季節には必ずと言っていいほどニュース番組や旅番組に登場する紅葉の名所・東福寺は、臨済宗の東福寺派大本山。東福寺を観光コースに組み込む方は、写真の通天橋と方丈(東福寺本坊庭園)にある重森三玲の市松の庭をお目当てにされていることが多いでしょう。知らずに訪れた方も、広い境内の中でもこの二つは必ず周ることをおすすめします。

写真は通天橋。ここから眺める燃えるような紅葉は見事!秋の特別公開期間中には、通天橋、臥雲橋の上での撮影は禁止されるほど混雑します。

東福寺・通天橋の雪景色

提供元:大本山 東福寺

http://www.tofukuji.jp

雪化粧した木々越しに見た通天橋の様子がこちら。雪景色は紅葉と違って、シーズンに訪れたからといって必ず出会えるわけではありません。それだけに貴重。
もし、雪景色に出会えなかった場合は、境内でお掃除などをされている方にこの先数日の予想を聞いてみるのもいいですよ。毎日通われている地元の方の勘は結構役立ちます。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区本町十五丁目778番地
電話番号:075-561-0087
アクセス:JR・京阪東福寺駅から徒歩で10分

渋好みの方は大徳寺へ

渋好みの方は大徳寺へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらは大徳寺の塔頭のひとつ瑞峯院。キリシタン大名として知られる大友宗麟が菩提寺として創建。本堂裏の、石組を十字架形にした閑眠庭が比較的知られていますが、あまり観光客が訪れない静かな場所です。

渋好みの方は大徳寺へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらで是非ご覧いただきたいのが、写真の独坐庭。蓬萊山からのびる半島と小島に打ち寄せる荒波が砂紋で描かれていて、いつまでも見飽きることのない素晴らしい庭園です。あまり知られていませんが、独坐庭も十字架の閑眠庭も重森三玲作。かなり穴場です。

渋好みの方は大徳寺へ

提供元:京都フリー写真素材

http://www.photo53.com/

瑞峯院でチャンスがあれば是非見ていただきたいのが、この独坐庭の雪景色。雪が降り積もってもエッジの効いた模様が失われることはありません。雪のない時も、雪の降り積もった時も、どちらも捨てがたい素晴らしい景色です。

<基本情報>
住所:京都府京都市北区紫野大徳寺山内
電話番号:075-491-1454
アクセス:市バス 大徳寺下車 徒歩約5分

清水寺とその周辺

清水寺とその周辺

写真:東郷 カオル

地図を見る

京都らしい情緒ある町並みが人気の二寧坂。2017年にはお座敷スタイルのスターバックスコーヒー(スタバ)ができたことでも話題になりましたね。

清水寺とその周辺

提供元:京都フリー写真素材

http://www.photo53.com/

雪が降るとこのとおり。まるで墨絵のような坂道を、赤い番傘をさして着物で歩いてみたい。そんな気分にさせられる、京都らしい美しい町並みの雪景色。
でも気を付けて!この二寧坂で転ぶと二年以内に死ぬなんて言い伝えもあります。もちろん死んだりしませんが、やはり気分のいいものではないですので(笑)、他の場所以上に転ばないように気を付けましょう。

清水寺とその周辺

提供元:京都フリー写真素材

http://www.photo53.com/

二寧坂、産寧坂と進むと、京都観光のテッパン、清水寺。2017年2月より本堂の檜皮屋根葺き替え工事をしていますので、景色的には100%の実力とまではいきませんが、境内には「恋占いの石」がある縁結びで有名な地主神社もありますので、初詣やバレンタイン前などにお参りしてみてはいかがでしょうか。ちょうど寒い時期ですので、タイミングよく雪景色に出会えたらラッキーです。

<基本情報>
住所:京都府京都市東山区清水1丁目294
電話番号:075-551-1234

「絶景かな!」の南禅寺

「絶景かな!」の南禅寺

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらも紅葉で有名な南禅寺。石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」で有名な三門がインパクト大です。近くには哲学の道があり、春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉と、観光客にも人気のスポット。

「絶景かな!」の南禅寺

提供元:京都フリー写真素材

http://www.photo53.com/

桜や紅葉のような賑やかさはないですが、しんしんと降り積もる雪の南禅寺も素晴らしく美しいのです。境内にある、サスペンスドラマで度々登場する水路閣や、「そうだ 京都、行こう。」にも登場した塔頭・天授庵の雪景色もご一緒にどうぞ。

<基本情報>
住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話番号:075-771-0365
アクセス:地下鉄蹴上駅、徒歩10分

混雑知らずで美しい、冬の京都はおすすめ

国内外の観光客でいつ訪れても大混雑の京都。そんな京都でも冬の寒い時期は比較的すいていてストレスなしで観光できます。しかも雪が降ったら美しい雪景色まで!何度も京都を訪れている方も、次回は冬の京都を楽しんでみては?

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/17−2017/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -