小樽の街と海を見下ろそう!写真に収めたい絶景スポット5選

小樽の街と海を見下ろそう!写真に収めたい絶景スポット5選

更新日:2019/06/12 15:12

鈴野 にぽぽのプロフィール写真 鈴野 にぽぽ 北海道ブロガー
北海道小樽市は歴史を感じさせるレトロな街並みと急な坂道、そして高台から見下ろす海が美しい観光地です。海や夜景を楽しみながらスキーができる「小樽天狗山」や、小樽市民や観光客の憩いの場となっている「小樽公園」や「築港臨海公園」は、小樽に来たら是非訪問したい場所の一つ。今回は魅力に溢れた風景がたくさんある小樽市の中でも、海や街並みを楽しむことができる絶景フォトスポットを5つご紹介します。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

恋人同士での訪問もお勧め!「小樽天狗山展望台」

恋人同士での訪問もお勧め!「小樽天狗山展望台」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

小樽市の展望台の中で最も有名で、観光の際に外せないのが「小樽天狗山展望台」です。夏は展望台として多くの観光客でにぎわいますが、冬場はスキー場として営業しており美しい景色を眺めながらウィンタースポーツを楽しめると大人気!一年を通して訪問する価値がある観光スポットです。

最も景色が美しく見える場所には、ハート型のモニュメントが置かれ、カップルで向き合うように立ち写真撮影ができるようになっています。さらに、夜になるとライトアップもされてるため、また違った趣を楽しむことができますよ。

恋人同士での訪問もお勧め!「小樽天狗山展望台」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

小樽天狗山の山頂へのアクセス方法は、小樽駅からバスで麓まで移動しロープウェイを使用する方法と、車で山頂まで向かう方法があります。ただし、冬のシーズンは車でのアクセスはできないため、ロープウェイを使用することになります。

所要時間は約4分で、定員30人程度の小さなロープウェイが高低差271メートルの急斜面を一気に登ります。可愛らしい赤や青のロープウェイに乗って海の方へ振り返れば、眼下に広がる小樽の街並みと湾になった海岸線にきっと感動することでしょう。

小樽駅から徒歩圏内!豊かな自然が魅力の「小樽公園」

小樽駅から徒歩圏内!豊かな自然が魅力の「小樽公園」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

小樽駅から徒歩圏内にある海が見える絶景スポットと言えば「小樽公園」です。春は桜やツツジなどの花々、夏は深緑、秋は紅葉と一年を通して豊かな自然が楽しめる小樽市民の憩いの場です。

小樽市の中心地にありながら観光客が少ない穴場なので、ゆったりとした散策を楽しみたいという方にはお勧めです。また、小樽公園にある見晴台からは草木の向うに街並み、その奥に青い海が広がるコントラストが魅力の一つ。公園内には大型の遊具なども多く、小さなお子様を連れた家族旅行にも良い観光スポットですよ!

日本海のブルーが目に鮮やかな「祝津パノラマ展望台」

日本海のブルーが目に鮮やかな「祝津パノラマ展望台」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

小樽市祝津の「祝津パノラマ展望台」は、知る人ぞ知る人気の絶景スポットです。この展望台の魅力は何と言っても、美しい日本海と断崖絶壁がつくり出す独特の風景。日本海の鮮やかな青と、海に突き出した岬の緑、そして鰊御殿の赤い屋根と、色のコントラストが絶妙で、眺めるだけではなくフォトスポットとしても最適です。

日本海のブルーが目に鮮やかな「祝津パノラマ展望台」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

時間に余裕があるなら、祝津パノラマ展望台から坂を下りまた坂を上った先の高島岬へもお勧めです。赤白の縞模様が可愛らしい日和山灯台が断崖に佇み、その風景は物語の世界の物のようです。

日本海のブルーが目に鮮やかな「祝津パノラマ展望台」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

天候など条件が合えば、日本海とは思えない南国のようなエメラルドグリーンの海を見下ろすこともできます。この周辺はクルージング船の通り道にもなっていて、真っ青な海に白波をたてて進む船が何とも優雅です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

潮風が心地よい散策路「築港臨海公園」

潮風が心地よい散策路「築港臨海公園」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

「築港臨海公園」はJR小樽築港駅を降りたすぐそばにある公園で、心地よい潮風を感じながら散歩を楽しめるのが魅力です。ズラリと並んだヨットも何とも小樽らしく、夕暮れ時は美しい夕日も楽しめるフォトスポットです。

潮風が心地よい散策路「築港臨海公園」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

駅から徒歩数分という距離なのでアクセスしやすいというのもこの場所をお勧めしたい理由の一つ。観光スポットが多い小樽市をしっかり見て回ろうと思ったら、綿密な旅行行程を計画するのが必須です。今回ご紹介しているスポットの中で最もアクセスしやすいこの場所は、観光ルートに入れやすい絶景スポットです。

街を抜けた峠道から小樽市を見下ろそう!「毛無峠展望所」

街を抜けた峠道から小樽市を見下ろそう!「毛無峠展望所」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

「毛無山展望所」は、小樽市から赤井川村へと向かう国道393号線の途中にある展望台です。車でのアクセスが必須ですので、自家用車かレンタカー、タクシーで訪問しなければならず少し不便に思われるかもしれませんが、期待通りの絶景を臨むことができます。

街を抜けた峠道から小樽市を見下ろそう!「毛無峠展望所」

写真:鈴野 にぽぽ

地図を見る

小樽天狗山が小樽の街を真後ろから見下ろすことができる場所なら、毛無山展望所は横から見下ろすような感覚。この角度からの景色は中々見ることができません。この場所は夜景や夕日が美しいスポットとしても知られているので、昼夜を問わず多くの観光客で賑わっています。

国道393号線は急カーブが続く峠道で、毛無山展望所の入口もカーブの途中にあります。そのため、入り口を見逃してしまう可能性も。訪問の際は必ず地図で確認してから向かうようにして下さいね。

小樽に来たら海が見える絶景スポットを見て回ろう!

北海道小樽市は小樽運河やレトロな街並みが有名ですが、海と山に囲まれた自然も魅力の港町です。今回ご紹介した「小樽天狗山」や「祝津パノラマ展望台」「小樽公園」「築港臨海公園」「毛無山展望所」の5か所の絶景スポットは、どこも通年で景色を楽しむことができる上、夜景も日景も魅力的!いつ訪問しても、美しい景色が皆さんを迎えてくれることでしょう。カメラ片手にぜひ北海道小樽市へ旅行に訪れて、この景色を堪能してください!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/28−2016/09/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -