群馬県高崎市の天然温泉旅館「高崎観音山温泉 錦山荘」

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

群馬県高崎市の天然温泉旅館「高崎観音山温泉 錦山荘」

群馬県高崎市の天然温泉旅館「高崎観音山温泉 錦山荘」

更新日:2017/01/29 12:28

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

東京から新幹線で1時間弱の群馬県高崎市。商都としての歴史も深い群馬の中心都市です。高崎市にいると遠くの山に大きな観音像を目にすることができます。高崎市の奥座敷とも言われる観音山の山頂(標高190m)に立つ観音様が市街を見下ろしています。高崎では有名な観音山ですが、その中腹にあるのが「錦山荘」。高崎市街を一望できるロケーションに加え、街の喧騒とは無縁の自然の中に佇む天然温泉旅館の魅力をお伝えします。

高崎市の奥座敷「観音山」

高崎市の奥座敷「観音山」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

大きな観音像の正式名称は「高崎白衣大観音(たかさきびゃくえだいかんのん、たかさきびゃくいだいかんのん)」といい、高崎市民は「観音様」と呼んでいます。山頂の「高野山真言宗慈眼院」の境内に立地。観音像の肩部分が見学できる最上階となりますが、高崎市街はもちろん、遠くの山々まで望むことができます。

観音山には、大正4年から昭和のはじめまで、「清水鉱泉」という温泉宿があり、人々に親しまれていた温泉宿がありましたが、清水鉱泉が昭和4年(1929年)高崎観音山温泉として復活、料亭旅館として創業したのが錦山荘です。

故・淡谷のり子さんが「秋の日脚は観音山に 落ちて夕闇立田の姫も 織るが紅葉の錦山荘は 浮世離れた別天地」と「高崎小唄」の中で唄っていますが、風光明媚なロケーションと贅をつくした品格から高崎の奥座敷として、新渡戸稲造や犬養毅なども利用したという歴史ある宿です。

自然を感じる旅館

自然を感じる旅館

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

錦山荘に向かう途上からその豊かな自然に驚きますが、建物が見えてくるとその風格、存在感に圧倒されます。春の桜やつつじ、秋の紅葉などは魅力的です。建物の南側と表門入口の竹林は、スタッフが何年もかけて手入れをしたものとのこと。

錦山荘で愛でることのできる植物は、春(桜、ハクモクレン、かたくり、れんぎょう、十二単衣、みやこわすれ、ぼけ)夏(あじさい)秋(もみじ、いちょう、楓)冬(水仙、福寿草、梅、さざんか)と多彩。四季折々の自然を楽しむことができます。

市街地や赤城山を一望できる展望風呂

市街地や赤城山を一望できる展望風呂

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

大正時代から営業していた清水鉱泉が由来、という歴史ある錦山荘の温泉というだけのことはあり大浴場は重厚な雰囲気。丸太を組んだいで湯風の造りに歴史を感じます。

窓は大きくとられ、高崎、前橋の市街から遠くは赤城山まで望めます。夜景も格別。湯船に浸かりながら望む街灯りはまるで宝石のよう。何より、深い自然に囲まれた宿の温泉は静寂という表現がピッタリです。

群馬銘菓「旅がらす」に注目!

群馬銘菓「旅がらす」に注目!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

錦、あじさい、松などと名付けられた純和風の客室では、旅館気分を満喫できます。2人部屋1室、3人部屋3室、4人部屋(バストイレ付)1室、4人部屋(トイレ付)2室、8人部屋2室という多彩な構成なので、旅の目的、人数に応じてフレキシブルに利用できそうです。

また、お休み広間もありますので、チェックイン前やチェックアウト後の時間も寛ぐことができます。売店では客室にも置かれれている群馬銘菓「旅がらす」をはじめ、県の名産・物産が取り扱われています。県産の素材を使った菓子や食品のほか、手工芸品も置いておりますので要チェックです。

錦山荘は自然の中に佇むロケーションが魅力ですが、ゆえに建物の構造が少し複雑です。エントランスへの階段は少々急な形状。館内にはエレベーターはなくバリアフリーになっていません。足が悪い方の利用は事前に問い合わせが必要です。

会席料理に舌鼓

会席料理に舌鼓

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

錦山荘の魅力は自然や温泉ばかりではありません。素材を吟味した料理も大評判。熟練の職人による会席料理は贅沢気分を満喫できます。また、テレビ番組でも放送され大反響だった“きのこしゃぶしゃぶ”も人気です。

地産の食材、地元の料理、もコンセプト。特に群馬県のソウルフードである「おっきりこみ鍋」は味噌味・醤油味・辛味噌味とバリエーション豊富です。食感、香り、旨味を感じる錦山荘の料理。宿泊だけではなく日帰りや宴会などでも楽しむことができます。

朝食では特製「朴葉味噌」を提供。陶板であぶると香ばしい味噌の香りで食欲増進です。「こしね」ものっています。こしねとは、「こ」→こんにゃく「し」→しいたけ「ね」→ねぎの頭文字をとった群馬の地方料理。香ばしい味噌と「こしね」を混ぜてアツアツご飯にのせればおかわり必至!

おわりに

錦山荘の魅力は市街地から近いのに豊かな自然があることです。緑豊かな自然がつくりだす新鮮な空気の中、野鳥がさえずる温泉旅館で贅沢な時間を過ごしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/13−2016/11/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ