ピンク色に輝く珠玉の町、中世の雰囲気に浸るイタリア・アッシジ聖地巡礼の旅

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ピンク色に輝く珠玉の町、中世の雰囲気に浸るイタリア・アッシジ聖地巡礼の旅

ピンク色に輝く珠玉の町、中世の雰囲気に浸るイタリア・アッシジ聖地巡礼の旅

更新日:2017/01/30 14:57

ナカヤ アキのプロフィール写真 ナカヤ アキ

イタリア中部の緑豊かな丘の上の小さな町、アッシジ。淡いコーラルピンクの街並みが可愛い中世の雰囲気がそのまま残るこの町は、イタリアの国の守護聖人であり、第2のイエス=キリストと称される聖フランチェスコのゆかりの町です。イタリア屈指の巡礼地としても有名で年間通して多くの巡礼者が世界中から集まります。世界遺産の教会や美術史上重要な壁画など詰まった宝箱のようなアッシジに魅せられてみませんか?

アッシジってどんな町?

アッシジってどんな町?

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

ウンブリア州の小さな丘の上の町、アッシジ。ローマとフィレンツェのちょうど中間、どちらの都市からも電車で2時間ほどで到着です。駅も中世の町アッシジの玄関らしく他の駅とは違い趣があり、駅名のサインもどこかレトロな文字で優しく旅人を迎えてくれます。

アッシジってどんな町?

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

駅からアッシジの町のある丘まではかなりの距離があるので、駅前からバスで行くのがおすすめです。駅に到着したら、まず駅の売店で地図と往復のバスのチケットを買っておくのがコツ!15分ほどでアッシジのバス乗り場に到着します。坂道の多い町の中は歩いて観光するしかないので、疲れない歩きやすい靴で回るのがベター。

アッシジのバス停に着いたらまず、町のシンボル・聖フランチェスコ聖堂を目指しましょう。坂道が多く、迷路のような町なので、この大聖堂を起点に町歩きをするのがおすすめです。道に迷ったら聖堂のサインを探して戻れば安心です。

巡礼地としても有名なこの町には、15以上の教会が点在します。この町が栄えたのは中世になってからですが、歴史は古く、紀元前3世紀頃古代ローマ人に占領され、今もアッシジの町で当時の遺跡を見ることができますよ。

この町の近くで採れる淡いピンク色の石灰岩を使用している建物が多く、朝日や夕日の頃はさらにピンク色に輝きます。淡い色の町の景色とゆっくりと流れる時間が優しく旅人を癒してくれます。

聖フランチェスコ聖堂

聖フランチェスコ聖堂

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

この町のハイライト、聖フランチェスコ聖堂。「清貧の聖者」と呼ばれる聖フランチェスコの死後、功績をたたえて約30年の歳月をかけ1252年に完成したゴシック式の白とピンク色の大理石で築かれた大聖堂です。フランシスコ派カトリックの総本山でもあり、2000年に「聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群」として世界遺産にも登録されました。

後にイタリアの守護聖人となるフランチェスコは、12世紀後半、この町の裕福な家に生まれました。元々はジョヴァンニという名前でしたが、父親の仕事がフランスとの取引が多く、このフランチェスコと呼ばれ始めたと記録されています。

若い頃は浪費家でその後軍隊に入りますが捕虜や病気になり、信仰に目覚め教会堂の修復などを行い、ある日、サン・ダミアーノ教会で「行って私の教会を建て直しなさい」というキリストの声を聞き、全財産を教会の再建につぎ込みました。1208年、『従順・清貧・貞潔』の3戒律を定め、説教を続け、その後ローマ法王により聖フランチェスコ会設立が認められることになりました。

この大聖堂の中には、ジォットによるフランチェスコの性格を現した美術史上重要なフレスコ画が描かれています。聖堂内のジォットの作品初期の「聖フランチェスコの生涯」の中でも特に「小鳥に説法」は有名なのでお見逃しなく!この大聖堂は写真撮影に関してはとても厳しいのでご注意を。その他にも当時の偉大な画家、チマブエ、シモーネ・マルティーニなどの作品もあり、この教会の力を時を経て感じることができます。

地下聖堂にはフランチェスコの遺体が納められた石造りの棺が安置されています。

聖キアラ修道院

聖キアラ修道院

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

聖フランチェスコ聖堂と町の対角にある聖キアラ修道院は、聖フランチェスコの教えに賛同したキアラが建てた女子修道院が元となり、彼女の死後、1257年に建てられた修道院です。聖フランチェスコ聖堂同様、白とピンク色の大理石で築かれた教会です。地下聖堂には彼女の遺体や身につけていた衣装、遺品の数々が展示されています。

キアラもフランチェスコ同様、裕福な家の娘でしたがフランチェスコの精神を師事とし、家を出、修道女の道に進みました。フランチェスコとキアラに関しては、「ブラザー・サン シスター・ムーン(1972年、英国)」でも映画化されています。

現在、イタリアではテレビや眼病の守護聖人として崇められています。聖フランチェスコ聖堂とは対照的にこじんまりした教会ですが趣があります。

ロッカ・マッジョーレ

ロッカ・マッジョーレ

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

アッシジの丘の頂上にある、ロッカ・マッジョーレ。中世にアッシジの町を守るために築かれた城砦です。

きつく暗い通路や坂道を見張り台まで登るとアッシジの街はもちろん、近隣の町まで望めるパノラマが広がります。

町がピンク色に輝く、早朝の朝焼けの頃がおすすめです!

アッシジ色たっぷりの町の楽しみ方

アッシジ色たっぷりの町の楽しみ方

写真:ナカヤ アキ

アッシジの町は迷路のように路地が広がり、その至る所にギフトショップが軒を連ねます。アッシジのお土産として有名なのが、テラコッタに可愛い装飾が施された陶器やタイル、オリーブなどの木製の台所用品や小箱などが有名です。

お土産に悩んだら、アッシジ特有の花や景色、職業が描かれた可愛いタイルや食器、クリスマスのオーナメントがおすすめです。

アッシジ色たっぷりの町の楽しみ方

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

また、町の至る所にカフェスペースのあるお菓子屋さんもあるので、休憩するのに最適です。カトリックの行事に合わせたお菓子を扱うショップも多いのですが、特に、頭の大きさほどの特大メレンゲを飾るショーウィンドーが多いので驚くこともあるかも!これは、カトリックの伝統的な菓子であり、特にチョコレート掛けが人気です。

数日かけてじっくりと。

小さな町なので1日旅行でも観光できる大きさのアッシジですが、見所が多く、日帰り旅行で訪れるには勿体無い町です。ゆっくりとした流れる時間に身を任せ、至極の癒しの空気に包まれる空間を愉しむ旅に出かけませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/07/01−2017/07/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -