そうだ六本木の国立新美術館でディナーしよっ♪ 巨大アート空間で夜景を見ながらお手頃フレンチ

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

そうだ六本木の国立新美術館でディナーしよっ♪ 巨大アート空間で夜景を見ながらお手頃フレンチ

そうだ六本木の国立新美術館でディナーしよっ♪ 巨大アート空間で夜景を見ながらお手頃フレンチ

更新日:2013/11/22 16:45

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

美術館という個性的かつアートな空間でお食事を楽しむ方が増えています。美術館に併設するカフェやレストランでは、企画展とタイアップしたメニューを用意するところも多く、アートを食べて楽しむこともできるのです。とっておきのディナータイムを過ごせる国立新美術館のレストランを紹介します。

名画を持たない来場者No1の美術館

名画を持たない来場者No1の美術館

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

2007年、日本で5番目の国立美術館として東京・六本木に開館した国立新美術館。この美術館の最大の特徴は、収蔵品を一つももたないこと。その為、常設展はなく、展示スペースを利用した企画展や展覧会が開催されています。企画展ごとに趣向の異なる多彩な展示を楽しめるとあって、リピーターも多く、全国の美術館来場者数No1の実績を持ちます。

こちらの敷地は、東京大学生産研究所跡地を利用しており、街の喧騒から離れたとっても静かな場所に位置しています。六本木駅より徒歩5分ほどで、こんな憩いの場所があるなんて驚きですよ。

大きな波のように美しい曲線を描く建物はデザインは、建築界の巨匠・黒川紀章氏の最後の作品と言われています。

美術館内もアート!!ガラスが波打つアトリウム

美術館内もアート!!ガラスが波打つアトリウム

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

建物は、地上4階地下1階で構成されています。来場者を迎えるアトリウムは圧巻です。建物全面を覆う「ガラスカーテンフォール」に天井高21mの空間に巨大な逆円錐がドッドーンと2本。建築物としても見ごたえのある美術館です。

うねるガラスウォールから外の光が降り注くこのアトリウムは、六本木の街並みの一部と考えられているそうです。企画展(有料)が開催されている展示室以外は、パブリックスペースとして、入館料無料で楽しむことができます。

写真のオブジェのような逆円錐の上は、フレンチの三ツ星シェフ「ポール・ボキューズ」のブラッスリー日本進出1号店となります。

アート鑑賞の余韻を楽しみながらいただくお食事は最高♪

アート鑑賞の余韻を楽しみながらいただくお食事は最高♪

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

フランス料理界の巨匠ポール・ボキューズは、フランス料理をお手頃な価格で提供するためにリヨン市内に「ブラッスリー」を5店舗開いています。その気軽にフレンチを楽しめる人気のブラッスリーをフランス以外で初めて出店した場所が、ここ国立新美術館です。

ポール・ボキューズは、日本の懐石料理の美しい盛り付けに触発されて、地味だったフランス料理の盛り付けを根底から変えた人物とも言われています。ポール・ボキューズが目指したお皿の中のアートもぜひ楽しんでくださいね。

企画展とコラボした特別メニューも提供しているので、気になる企画展の後は、レストランで作品の余韻にどっぷり浸りながらお食事するのもお勧めです。

闇夜に浮かぶ天空のミュージアムレストラン

闇夜に浮かぶ天空のミュージアムレストラン

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

外からの明るい日差しを受けてお食事するのもいいのですが、お勧めは断然ディナータイム。

館内の照明が落ち、外には六本木の夜景がキラキラと輝きだす時間がとってもロマンチック。企画展を見に来た方々でにぎわう昼間の表情とはまるで異なる幻想的な雰囲気なんです。美術館が閉館する18時(金曜は20時)以降は、レストランを利用する方だけのスペシャルな空間となります。巨大なアート空間を貸切りにしたような特別な気分を味わえますよ。シーンと静まった美術館に浮かぶレストランは、2人の世界に浸れるので、デートにもおすすめです。

席によっては、ビルの合間から東京タワーが見えます。席を予約するときはぜひ「東京タワーの見える席で」とお願いしてみてください。予約は、16:00以降のディナーのみでランチタイムは予約ができませんのでご注意を。

【ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ】
03-5770-8161 火曜日定休
ランチ :11:00〜16:00(L.O.)
ディナー:16:00〜21:00(19:30 L.O.) 金曜のみ16:00〜22:00(20:30 L.O.) 

【国立新美術館】
東京都港区六本木7-22-2
03-5777-8600 毎週火曜日、年末年始休館
10:00〜18:00(入館は17:30分まで) ※毎週金曜日は20時まで(入館は19時30分まで)
入場料:美術館の入館料は無料ですが、企画展毎に入場チケット(有料)が必要となります。

ミュージアムレストランで、芸術も食事も両方楽しもう!!

夜が長くなるこれからのシーズン。長い夜を楽しむひとつとして、美術館というアートな空間でいただくディナーはいかがでしょうか。今回紹介したミュージアムレストランは、3つ星シェフの味、六本木という立地、スペシャル感たっぷりの空間と揃って、ディナーコース1人2,500円からはかなりお手頃です。

特に金曜日の夜は、美術館も遅くまで開館しています。夕方から芸術を楽しんで、ミュージアムレストランでお食事を楽しむプランはいかがでしょうか。ぜひ、素敵な冬の夜をお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ