香港「Tea WG」で本格的なアフタヌーンティーと美食を心ゆくまで堪能しよう

| 香港

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

香港「Tea WG」で本格的なアフタヌーンティーと美食を心ゆくまで堪能しよう

香港「Tea WG」で本格的なアフタヌーンティーと美食を心ゆくまで堪能しよう

更新日:2017/02/07 17:26

岸本 よう子のプロフィール写真 岸本 よう子 編集者、翻訳家、PR

イギリス統治時代から、香港女性は大のアフタヌーンティー好き。香港ではいたるところで本格的なアフタヌーンティーを楽しむことが出来ます。その中でも本格的な中国茶と、美味しい料理が一度に楽しめる、香港っ子オススメの「Tea WG」を紹介します。

選ぶのが大変!本格派の「中国茶」の種類の多さにビックリ!

選ぶのが大変!本格派の「中国茶」の種類の多さにビックリ!

写真:岸本 よう子

地図を見る

まず店内に足を踏み入れた瞬間に、お茶の香りに気づくことでしょう。

そして店内をぐるっと見渡すと、壁に並べられたお茶缶が目に飛び込んできます。右手奥の壁にびっしり敷き詰められたお茶缶、ほぼ全部種類が違うんですよ!このようにたくさんの厳選されたお茶の中から、自分の今の気分に最適な「一杯」を選ぶことが出来ます。

香港ですので、もちろんスタッフのかたはみな英語OK。オススメのお茶を店員さんに尋ねてみてもいいかもしれません。あなたの好みを伝えると、きっとぴったりの茶葉を紹介してもらえますよ。

いつ行っても心がほっとするなんだか不思議なレストランです。

選ぶのが大変!本格派の「中国茶」の種類の多さにビックリ!

写真:岸本 よう子

地図を見る

並べられた「WG」ロゴが入った茶缶の横には、カワイイ茶器が販売されています。様々なタイプの急須やカップがおいてあるので、ゆっくり見てみてくださいね。きっと気に入ったものが見つかるはず。

またお茶の種類によって使用する茶器を変える「上級者」の方もぜひ一度店員さんに聞いてみましょう。お茶のことならなんでも答えてくれる、頼もしいスタッフがいっぱいです。

お茶に合う料理って一体どんな料理なの?

お茶に合う料理って一体どんな料理なの?

写真:岸本 よう子

地図を見る

今までお茶に合う料理について考えたことがありますか?飲茶やアフタヌーンティーの本場である香港では、お茶と料理の関係性はとても深いのです。ここ「Tea WG」ではどの料理も不思議にお茶とぴったり。お茶の味を楽しみながら、料理の素材やソースの味も楽しめる、さすがグルメ都市香港で人気のレストランですね。

アフタヌーンティーのためではなく、ちゃんとしたランチやディナー用のレストランとしてももちろん使えます。

しかしゆっくり食事をする時間がない、そんなときは「Tea WG」特製のクッキーと一緒にお茶を楽しんでみましょう。さくさくとしたこのクッキーがお茶に本当によく合います。手軽に一服からがっつり食事まであらゆるシーンに最適です。

スイーツマニアもうなる目にもおいしいケーキ

スイーツマニアもうなる目にもおいしいケーキ

写真:岸本 よう子

地図を見る

写真を撮らずにはいられないこの美しさ。食べるのを決意するのに数分かかるほど。写真のベリーケーキは数種類のベリー果実がふんだんに使われていて、甘酸っぱさがさらに香り豊かなお茶の味わいを引き立てます。お茶とケーキの見事なハーモニーに思わずため息が漏れるでしょう。

お腹に余裕があれば、ケーキの他にもこだわりのマカロンやビスケットなどもぜひ一緒に楽しみましょう。

「Tea WG」はお茶・食事だけではない、スイーツスポットとしても地元香港っ子から熱い支持を得ているのです。スイーツにうるさい香港人から支持されているだけあって、どのアイテムを選んでも「ハズレ」がありません!

一言では語れない「Tea WG」

世界中に「Tea WG」の店舗はありますが、その中でもこの香港の店舗は特別な存在。なぜならアフタヌーンティー・そして飲茶という2つの食文化の本拠地で、地元の人に支持をされ続けているからです。

週末にもなると、ブランチを食べに来る香港人のお客さんで店内は賑わいます。最近では香港では多くのアフタヌーンティーを楽しめるお店が増えています。しかし近年では食べ物を売りにしているレストランが非常に多い中、「Tea WG」はあくまでもお茶にこだわった正統派アフタヌーンティーを楽しめるレストランなのです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/19−2016/12/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ