足元に大阪城!?キャッスルビューなら「KKRホテル大阪」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

足元に大阪城!?キャッスルビューなら「KKRホテル大阪」

足元に大阪城!?キャッスルビューなら「KKRホテル大阪」

更新日:2017/02/07 12:33

カカミ ユカのプロフィール写真 カカミ ユカ フリーライター

大阪城のお堀を挟んですぐ真南に位置する「KKRホテル大阪」。市内にホテルはたくさんあれど、ビルに阻まれていたり、遠かったり…と、お城をいい位置から眺めることができるところはほとんどありません。せっかく大阪観光に来たらキャッスルビューホテルに泊まりたい!そんな方にはこちらのホテルが断然オススメ!ベットに横たわりながら見る大阪城は格別です。

お城が見える「キャッスルビュー」がおすすめ!

お城が見える「キャッスルビュー」がおすすめ!

写真:カカミ ユカ

地図を見る

大阪城を見ることができる部屋に泊まるには、「キャッスルビュー」という北側に窓がある部屋を指定しましょう。「シティビュー」というタイプの部屋からはお城は見えないためご注意ください。

「キャッスルビュー」タイプの部屋には、シングルルーム、ツインルームの他、大阪城が見えるように大きな作業デスクが置かれたビジネスシングル、ハンディキャップルーム、和室などもあります。特にオススメなのは、シングルルーム、ビジネスシングルルーム。この部屋では、大阪城を望む窓を正面に見る形でベッドが置かれており、寝ながらでも足元にお城を望むことができます。

「キャッスルビュー」と「シティビュー」の部屋の値段の差は、公式サイトでは各ランクの部屋およそ1,000円ほど。この差で大阪城を一望できるロケーションを手に入れることができるので、空いていれば、ぜひ「キャッスルビュー」を!

なお、「KKRホテル」グループは、国家公務員共済組合連合会が運営しているホテルで、組合員の方はより安く宿泊することができますが、もちろん一般の方の利用も可能です!比較的リーズナブルな設定のお部屋もありますので、観光の他、ビジネス利用もおすすめです。

大阪城のライトアップとその奥のビル群の夜景を楽しもう!

大阪城のライトアップとその奥のビル群の夜景を楽しもう!

写真:カカミ ユカ

地図を見る

大阪城天守閣は基本的に年中無休でライトアップされています。点灯は日没後で、消灯は23:00ころです。

ゲストルームは7階〜11階までなので、天守閣と同じ目線くらいかもしくは、少し下に見下ろす感じで見ることができます。どの階の部屋に泊まっても、とにかくお城との距離が近いため、迫力ある眺望が楽しめますよ!

おすすめは、部屋の電気を暗くして窓を開けてみるお城ビュー。ベッドの足元にぼんやり浮かび上がる天守閣ライトアップは幻想的です。

大阪城のライトアップとその奥のビル群の夜景を楽しもう!

写真:カカミ ユカ

地図を見る

部屋から見ることができる夜景は大阪城だけではありません。

大阪城の奥には、大阪のオフィスビルが集まる、OBP(大阪ビジネスパーク)があります。また、左手奥には、大阪の繁華街である梅田の夜景も望むことができます。

大阪市内には夜景を売りにする高級ホテルがたくさんありますが、それらは繁華街に建っていることが多く、実はビル群の夜景を見ることが難しいことが多いです。「KKRホテル大阪」であれば、大阪城+ビル群の夜景、両方を楽しむことが可能!この組み合わせは本当に絶景です。

オフィスビルは土日より平日の夜の方が電気が多くついていることが多いです。そこで、私的な「KKRホテル大阪」のおすすめ利用方法は、ビジネス利用の平日です。疲れて部屋に帰って来て、この絶景の夜景は癒されること確実!窓に向かってついているデスクで残りの仕事を片付けるのも良しです。

朝食会場からのお城ビューイングも最高

朝食会場からのお城ビューイングも最高

写真:カカミ ユカ

地図を見る

「KKRホテル大阪」の朝ごはんは、ホテル12階の「レストランシャトー」で頂きます。こちらは、四季折々の大阪城を眺めることができるレストランとして人気が高いところです。「シティビュー」の部屋しか予約できなかった場合でも、朝食会場ではこんな素晴らしい景色を楽しむことができます!

「レストランシャトー」の席は、どこに座っても大阪城がきちんと眺められるよう、店の奥に行くほど高くなるよう段差がついています。例え、窓際の席に案内されなくても、大阪城ビューを楽しむことができるので安心です。

朝食会場からのお城ビューイングも最高

写真:カカミ ユカ

地図を見る

朝食は和・洋合わせて20種類ほどのビュッフェスタイル。季節のおひたしや酢の物など、カロリーを控えた体にいいメニューのほか、海外のお客様や修学旅行客からの要望で揃えたという、たこやきや豚まんといった大阪ならではの一品も味わうことができます。

お米にもこだわりがあります。石川県で、化学合成農薬及び化学肥料の使用量を通常の5割以下に削減し特別に栽培されたコシヒカリで石川県白山産の吉左エ門というブランドが使われています。標高200m前後の朝夕は霧が深く適度な寒暖差がある場所で育てられたお米ということで、旨みがとじこめられてとっても美味しいです。

ホテル専用シャトルバスが便利

ホテル専用シャトルバスが便利

提供元:KKRホテル大阪

http://www.kkr-osaka.com/

「KKRホテル大阪」は、JR環状線もしくは地下鉄「森ノ宮」駅と「谷町四丁目」駅のほぼ中間に位置しており、どちらの駅からも歩いて10分ほどです。便利なのは、どちらの駅からも各時間2本以上のシャトルバスが出ていること。「森ノ宮」は地下鉄7・8番出口、JR北口からすぐのところに、「谷町四丁目」5番出口と9番出口の2か所にバス停があります。

主要駅から近くにあるホテルでも、ホテルまで徒歩で重い荷物を押していかねばならなかったり、地下街の階段の上り下りで苦労したりすることも多いと思いますが、駅を出てすぐのところで、荷物ごとバスに乗り込んでしまえるのは便利です。

桜&紅葉の季節のホテルランチもおすすめ!

12階の「レストランシャトー」では、桜の時期や紅葉の時期に特別プランが開催されます。何と言っても大阪城公園が一年で一番美しいのは桜の時期です。大阪城のお堀周りに咲く桜とお城を上から見る眺めは最高です。「KKRホテル大阪」の正面にも桜が植わっており、桜色の雲海に浮かぶような大阪城の絶景が広がります。「レストランシャトー」以外でも、大小さまざまな宴会場があるので、食事会として部屋を予約してお食事するのもおすすめです。詳細はホテル公式ホームでチェックしてみましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/29−2017/01/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -