まるで渓谷の森!阿蘇・黒川温泉「夢龍胆」で100%源泉掛け流しの湯を堪能

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

まるで渓谷の森!阿蘇・黒川温泉「夢龍胆」で100%源泉掛け流しの湯を堪能

まるで渓谷の森!阿蘇・黒川温泉「夢龍胆」で100%源泉掛け流しの湯を堪能

更新日:2017/02/04 19:10

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 ホテルルームライター、国内旅行業務取扱管理者、客室コンサルタント

熊本県阿蘇の黒川温泉郷にある「夢龍胆(ゆめりんどう)」。温泉街を流れる田の原川に面し、ロビーからは渓谷の景色が一望できます。自然を意識した旅館はまるで森に守られているかのような感覚で、自然の音だけを聞いて過ごしたくなる場所です。温泉は源泉掛け流し100%、地元の食材中心の夕食が自慢。客室は全部で23部屋、タイプは5つあり、おすすめは掘りごたつのある和室「夢の舎(ゆめのや)」です。

黒川温泉の中でロケーションは抜群、景色が楽しい旅館

黒川温泉の中でロケーションは抜群、景色が楽しい旅館

写真:二松 康紀

地図を見る

黒川温泉「夢龍胆」は、黒川温泉郷の川沿いの高台に位置しています。このロケーションのおかげで外の景色がとても良く、特にロビーからは渓谷の緑や山の景観が一望できます。春の新緑から夏の季節は緑に囲まれた景色、秋になると渓谷と山の紅葉がみられます。

黒川温泉の中でロケーションは抜群、景色が楽しい旅館

写真:二松 康紀

地図を見る

ロビー階にはお土産物販売店や、きれいな景色が見られる重厚な木で出来たテーブル席、アイスクリームや飲み物を売っている売店などがあり、チェックインはこのロビーで行われます。濃色の木で作られたロビーは落ち着いた空間を演出していて、到着時の疲れを癒してくれます。

部屋タイプは5つ、それぞれが特徴的な作りでどの部屋でも落ち着く空間に

部屋タイプは5つ、それぞれが特徴的な作りでどの部屋でも落ち着く空間に

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋のタイプは5つ、12畳和室とベッドルームがある特別室、8畳和室にツインベッドルームが備わった和洋室、ミニバルコニー付きの8畳和室、通常の8畳の和室、そして10畳の掘りごたつ付の和室があります。特に掘りごたつ付の和室は部屋の採光が2面なのでとても明るく、川が眼下に流れ遮るものがないので景色がとても良いです。

部屋タイプは5つ、それぞれが特徴的な作りでどの部屋でも落ち着く空間に

写真:二松 康紀

地図を見る

掘りごたつは部屋の端にあるのですが、ここからも外の景色が見られるので、寒い時期はここで温まりながら景色の中でのんびり読書をしたり、夏は景色をみながらビールなど飲んで過ごすとゆったりできるでしょう。

「夢龍胆」の温泉はすべて源泉掛け流しの食塩泉

「夢龍胆」の温泉はすべて源泉掛け流しの食塩泉

写真:二松 康紀

地図を見る

館内の温泉は100%源泉掛け流し、源泉の温度は88.8度あります。混浴露天の「龍胆の湯」はまるで森の中にいるような感覚になる、周りを木に囲まれた露天風呂。木の葉が湯船に浮いていたり、トンボや蝶が飛んできたりする自然の中の温泉を満喫できます。その他に女性専用の露天「天女の湯」、男性内風呂「せせらぎの湯」、女性内風呂「なでしこの湯」があり、貸切の家族風呂もあります。

「夢龍胆」の温泉はすべて源泉掛け流しの食塩泉

写真:二松 康紀

地図を見る

その他、女性専用ですが岩盤浴も完備されていて、ここは日帰り入浴(湯巡りの入浴手形は入れません)であれば利用できます。

泉質は食塩泉(含亡硝弱食塩泉)、お湯は肌に柔らかく飲用もできる温泉で、心地よい適温にされているので、いつもより少し長めに入ると、湯から出ても食塩泉の効果で長い間、体がぽかぽかするのがわかるくらい温まります。特に冷え性の方にはとても良さそうなお湯です。

夕食は地元の食材を使用した会席料理

夕食は地元の食材を使用した会席料理

写真:二松 康紀

地図を見る

黒川温泉のある阿蘇は寒暖の差が大きく、高原野菜などの食材は甘みが出てとても美味しくなることでも知られています。旅館はこの野菜を積極的にメニューに取り入れているので、会席料理にはどの料理にもたくさんの野菜が使われ、それが1つの大きな特長となっています。

また地元の肉類も豊富。中でも肥後牛の石焼きと馬刺しはおすすめで、予約時か到着時にメニューにあるかどうか聞いておくと良いでしょう。無い場合でも追加で準備してくれるものもあるので、どうしても食べたいなら早めに相談しておきましょう。

夕食は地元の食材を使用した会席料理

写真:二松 康紀

地図を見る

食事は基本的にはお食事処に行っていただくことになりますが、人数が多いと個室感覚の席や囲炉裏の間(予約必要)などでも食事が出来ます。また部屋食も事前に予約すればできるので、予約時に宿に聞いてみると良いでしょう。

朝食はシンプルな御膳で、湯豆腐付きが嬉しい

朝食はシンプルな御膳で、湯豆腐付きが嬉しい

写真:二松 康紀

地図を見る

朝食は品数が多く、美味しいものを少しずついただくような感じです。焼きたらこはとても美味で、焼き魚も旬に合わせた食材を出してくれます。朝食のおすすめは出汁が効いている出汁巻き卵、そしてあつあつをいただける湯豆腐。あたたまります。そして、阿蘇野菜のサラダは新鮮さがわかるくらいしゃきしゃきしていて、これもおすすめの1つです。

朝食はシンプルな御膳で、湯豆腐付きが嬉しい

写真:二松 康紀

地図を見る

お土産は、部屋にも茶菓として無料サービスされている赤飯せんべいがおすすめ。純和風の米菓子だそうで、煎茶に合います。ロビーのお土産物コーナーで販売されているので、帰りに買って帰るのも良いのでは。

黒川温泉郷で景色を楽しみたいならこの旅館

「夢龍胆(ゆめりんどう)」は23室の温泉旅館。黒川の景色を堪能したいならこの旅館です。100%源泉掛け流しをうたうこの旅館、特におすすめはやはりメインの龍胆の湯(りんどうのゆ)、混浴露天ですがのんびりできる作り。ここは旅館内でのんびりと温泉を満喫したい人にはぴったりです。夜の会席料理も地元の食材をたくさん使用し、この旅館にしかない季節の料理を味わうことが出来ます。旅館から黒川温泉の中心部まで徒歩で約7分程度、1泊した後は黒川温泉名物の湯巡りもおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ