南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファリを体験しよう!

| 南アフリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファリを体験しよう!

南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファリを体験しよう!

更新日:2017/02/10 09:50

南アフリカ観光局のプロフィール写真 南アフリカ観光局

野生動物の宝庫と言われる南アフリカでは、陸上でのサファリはもちろん、クジラやサメといった海の二大巨大動物を観察する海でのサファリも楽しめます。
今回は、陸上でのサファリが楽しめる『クルーガー国立公園』をご紹介します!

ビッグファイブ・サファリが楽しめる『クルーガー国立公園』

ビッグファイブ・サファリが楽しめる『クルーガー国立公園』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

『クルーガー国立公園』は、1926年、国立公園法の制定とともに設立された南アフリカを代表する野生動物保護区。四国がすっぽり入るほどの広大な200万haものエリアを誇り、140種以上の哺乳類、500種以上の鳥類が生息しています。

さらに多くの爬虫類、両生類、魚類が見られるほか、1,500種もの植物や無数の昆虫類が生息していて、まさに大自然の宝庫!

ビッグファイブ・サファリが楽しめる『クルーガー国立公園』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

クルーガー国立公園は、北半分が「リンポポ州」、南半分が「ムプマランガ州」に属しています。北部は乾燥して開けた場所が多いため、動物が見やすくアフリカらしいワイルドな景色が広がっているのが特徴。南部には緑が多く、スパなども併設する高級ロッジが豊富にそろっているのが特徴です。

ビッグファイブ・サファリが楽しめる『クルーガー国立公園』

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

クルーガー国立公園は、宿泊施設も充実しています。園内には豪華なロッジから素朴なテントやバンガローまで、様々なタイプの宿泊施設がそろっているので、目的に応じて選ぶことができます。どの宿泊施設も環境に配慮した造りで、自然保護と観光が見事に調和しています。

知識豊富なレンジャーの話も聞ける!ワイルドな「ゲームドライブ」

知識豊富なレンジャーの話も聞ける!ワイルドな「ゲームドライブ」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

南アフリカの大自然の中、国立公園などで動物を探し求めながらドライブをすることを「ゲームドライブ」と言います。ビッグファイブと呼ばれるサイ・ゾウ・ライオン・バッファロー・ヒョウをはじめとした野生動物との出会いは、南アフリカならではの観光ハイライトのひとつ。動物が活発に動き出す早朝と夕方がチャンスです!

ゲームドライブに同行する「レンジャー」は、野生動物はもちろん、植物や爬虫類、生態系、さらには天文学や気象学、環境に関することまで幅広い知識を持ち合わせています。時に楽しく、時に真剣に様々なことを教えてくれます。

知識豊富なレンジャーの話も聞ける!ワイルドな「ゲームドライブ」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

ゲームドライブのほかに、レンジャーと一緒に歩きながら楽しむ「ウォーキングサファリ」もあります。車からでは見つけることのできない動物や植物に出会えます!
知識豊富なレンジャーから興味深い話を聞けるのも、このサファリの醍醐味です。

知識豊富なレンジャーの話も聞ける!ワイルドな「ゲームドライブ」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

朝夕のゲームドライブでは、窓や屋根のない車に乗るので、防寒対策が必要です。
南アフリカは南半球にあるので、日本とは季節が逆になります。夏(10月〜3月)は、それほどの防寒は必要ありませんが、パーカーなど羽織るものがあると便利。冬(6月〜8月)は非常に冷えるので、ダウンなどの防寒着に加え、ポケットカイロなどが便利です。日差し対策の帽子やサングラス、日焼け止めもお忘れなく!

まだあるある!サファリ以外の楽しみ方♪「サンダウナー」と「ボマ・ディナー」

まだあるある!サファリ以外の楽しみ方♪「サンダウナー」と「ボマ・ディナー」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

陽が沈みゆく様子を楽しむことを「サンダウナー」と呼びます。夕陽が最も美しく見られる場所で、レンジャーがテーブルやチェア、ランタンをセッティング。ワインやビール、ドライフルーツやナッツ、チーズなどを用意してくれます。

まだあるある!サファリ以外の楽しみ方♪「サンダウナー」と「ボマ・ディナー」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

真っ赤に燃える大きなアフリカの夕陽は沈み、辺りには鳥のさえずりと夜の静けさがやってきます。サンダウナーはサファリを満喫した一日の締めくくりを、ロマンチックに演出してくれます!

まだあるある!サファリ以外の楽しみ方♪「サンダウナー」と「ボマ・ディナー」

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

「ボマ・ディナー」は、本格的な南アフリカ料理を、「ボマ(焚き火)」を囲みながら屋外で楽しむ夕食のこと。満天の星空の下での夕食は、一生の思い出になること間違いなし!
食欲をそそるブラーイ(アフリカのバーベキュー)の香りや、南アフリカ産ワインの芳醇な味わい、アフリカン・ドラムのリズムなどを心ゆくまで楽しめます。

「南アフリカ観光親善大使」女優 高橋ひとみさんのクルーガー国立公園訪問

「南アフリカ観光親善大使」女優 高橋ひとみさんのクルーガー国立公園訪問

写真:南アフリカ観光局

南アフリカ観光親善大使を務めている、女優の高橋ひとみさんは昨年、ケープタウンを始め、ワインランド、クルーガー国立公園、豪華列車ブルートレインでの旅など、様々な観光地を訪問しました。その中でも一番のお気に入りは「クルーガー国立公園」でのサファリ体験だったそうです。高橋ひとみさんのクルーガー国立公園滞在の際の様子をご紹介します!

『息をのむ様な大自然の中でのゲームドライブは、人生観が変わるほどの素晴らしい経験でした。ジープに乗って野生動物を探しに行く時間は、魅力の多い南アフリカの旅の中で、最も非日常を感じることができ「あの場所に戻りたい!」と叫んでしまったほどです。

ビッグファイブをはじめ、キリンやシマウマ、カバ、何百頭ものバッファローの群れなど多くの動物達と出会うことができました。ライオンがゴロンと気持ち良さそうにしている様子もとても可愛らしかったです。これだけの至近距離で動物たちに出会えるのも、南アフリカでサファリ体験をする醍醐味だと感じました。

宿泊したサファリロッジもとても素敵で、お食事や南アフリカのワインもすごく美味しくとても感動しました。そして何より南アフリカで出会った方々が優しく、魅力的でとてもフレンドリー。みんな優しくて、幸せそうなのです。

野生動物との出会いと感動を求め、南アフリカへサファリを体験しに、ぜひお出かけください。』

南アフリカ観光局 観光親善大使
女優 高橋ひとみ

南アフリカ旅行のプロ「クラブツーリズム」の旅行説明会に行こう!

南アフリカ旅行のプロ「クラブツーリズム」の旅行説明会に行こう!

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

今回ご紹介したクルーガー国立公園のほかにも、「喜望峰」や「テーブルマウンテン」、ペンギンたちに出会える「ボルダーズビーチ」など、南アフリカには魅力的な観光スポットがたくさんあります。

そんな南アフリカへの旅は、日本で最も南アフリカにお客様をご案内している旅行会社として、南アフリカ観光局よりベストセールス賞を7年連続受賞している「クラブツーリズム」がおススメです!

南アフリカ旅行のプロ「クラブツーリズム」の旅行説明会に行こう!

写真:南アフリカ観光局

地図を見る

南アフリカ旅行のプロから現地の旅情報を聞くことができる、クラブツーリズムの「旅行説明会」へ参加してみませんか?

旅行説明会では、見どころ溢れる南アフリカの魅力をたっぷりとご紹介します。さらに、南アフリカ観光親善大使で女優の高橋ひとみさんがゲストで登場します!

日時:2017年2月26日(日)14:05〜15:30
会場:有楽町マリオン 大ホール
お問合せ先電話番号:03-5323-5700

魅力溢れる“南アフリカ”のことをもっともっと知りたい方は・・・

南アフリカは、ほかにも見どころが満載!
南アフリカ観光局では、魅力たっぷりの南アフリカの情報を発信していますので、是非チェックしてみてください!
※関連MEMOをご参照ください。

また、LINEでも検索することができますよ。
◆LINE@:「南アフリカ観光局」、もしくはID @wow-southafricaで検索!

【この記事は 南アフリカ観光局 とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。
トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ