横浜ランドマークタワー「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」で悪天候の観光も満喫!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

横浜ランドマークタワー「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」で悪天候の観光も満喫!

横浜ランドマークタワー「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」で悪天候の観光も満喫!

更新日:2017/04/28 12:23

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

横浜の人気観光スポット、横浜ランドマークタワー。その展望フロア「スカイガーデン」は、雨の日にもおすすめのスポットです。天気の悪い日は景色なんて見えないのでは?と思いがちですが、平日は「雨の日キャンペーン」土日祝日は「視界ゼロキャンペーン」と悪天候の割引プランがあり、実は何かとお得なのです。横浜観光でぜひとも知っておきたいキャンペーン、その全貌をご紹介します!

「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」のルール

「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」のルール

写真:下川 尚子

地図を見る

横浜ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」は地上69階、横浜一の高さを誇る展望スポット。みなとみらいの街並みなど横浜らしい景色はもちろんのこと、空気の澄んだ日は富士山やスカイツリーも見られる抜群の眺望が魅力です。

そんなスカイガーデン、実は悪天候の日に開催されるキャンペーンがあるんです。それが、平日限定の「雨の日キャンペーン」と、土日祝日限定の「視界ゼロキャンペーン」。※ゴールデンウィーク、クリスマス、元旦は除外

内容は、通常大人1000円の展望フロア入場料が700円でワンドリンク付になるというもの。いつもより人の少ない展望フロアで、「割引+ドリンク付き」というお得な時間を過ごせるキャンペーンなのです。

「雨の日(視界ゼロ)キャンペーン」のルール

写真:下川 尚子

地図を見る

ルールは簡単。毎時間の正時「ジャッジメントタイム」に雨が降っていたら、その時間から次のジャッジメントタイムまでが「雨の日キャンペーン」適用。適用中はスカイガーデン入口に掲示があります。

土日祝日の「視界ゼロキャンペーン」は、ジャッジメントタイムに展望フロアの視界が「ゼロ」のときに適用となります。雨が降っていても周辺の景色は見られることが多いので、「視界ゼロ」のほうが狭き門。土日祝日はキャンペーン適用のハードルが少し高くなる…といったところです。

いずれの場合も、ジャッジメントは閉館時間の二時間前まで行われ、一度入れば滞在時間は無制限です。利用方法は晴れの日と同じ。チケットカウンターにてチケットを買ってエレベーターへ乗り込みます。

雲の上の贅沢時間。雨の日は人も少ない展望フロア

雲の上の贅沢時間。雨の日は人も少ない展望フロア

写真:下川 尚子

地図を見る

雨の日は晴れの日より見どころが少ない?意外にそうでもないのです。視界が悪い日は真っ白の雲の中ですが、流れていく雲をただ窓から眺めるのも、非日常の時間。まるで下界から隔離されたような幻想的な時間を過ごせます。

人気スポットのスカイガーデンも、悪天候の日は人が少なめ。ゆったりとした大人時間を過ごしたい方は、晴れの日よりも心地よく感じるかもしれません。

雲の上の贅沢時間。雨の日は人も少ない展望フロア

写真:下川 尚子

地図を見る

雲の流れは意外なほど早く、視界が悪い日でもふとした瞬間に外の景色が見られることも。雲の切れ間から下の世界を見ていると「天上世界ってこんなものかも」…不思議な感覚を味わえます。

雨の日でも、周辺に雲がなく、比較的近いエリアの眺望を楽しめる日も多くあります。遠くまで見通すことはできませんが、足元に広がるみなとみらいの景色は十分に楽しめるのです。

ドリンクチケットを使ってスカイカフェで一休み

ドリンクチケットを使ってスカイカフェで一休み

写真:下川 尚子

地図を見る

雨の日(視界ゼロ)キャンペーンでもらえるワンドリンクチケットが使えるのは「スカイカフェ」。ランチや軽食、ドリンクが楽しめるお店です。

店内にはテーブル席やカウンター席がありますが、一番の特等席は眺望を間近で楽しめるペアシート。空いていたらぜひ席を確保しましょう。

ドリンクチケットを使ってスカイカフェで一休み

写真:下川 尚子

地図を見る

キャンペーンのドリンクチケットでは、各種ソフトドリンクのほか、オリジナルカクテルや生ビール、ワインなどのアルコールメニューもオーダーできます。お昼もいいですが、例えば夜なら、夜景を見ながらカクテルを一杯。こんな時間が700円で叶う雨の日は、とてもお得ではないでしょうか?

ドリンクチケットを使ってスカイカフェで一休み

写真:下川 尚子

地図を見る

スカイカフェのその他の人気メニューは、空をイメージした「スカイフロート」や、プレミアム生クリームソフト「クレミア」など。

写真は、一日限定10個の特別な「クレミアタワーサイズ」。展望フロアの高さ273mにちなんだ、全長273mmのクレミアソフトです。ミルキーなソフトクリームとラングドシャのコーンの組み合わせは、甘いもの好きにはたまらない美味しさ!ただ、タワーサイズともなるとボリュームはなかなかのもの。恋人同士やご家族でシェアして食べるのがオススメです。

雨の日は運試し?神々しい世界が見られることも!

雨の日は運試し?神々しい世界が見られることも!

提供元:横浜ランドマークタワー

http://www.yokohama-landmark.jp/page/

雨の日(視界ゼロ)キャンペーンの楽しみ方は色々。ドリンク付きで700円ですので、カフェ感覚で使うも良し、じっくり景色を楽しみながら長時間の滞在を楽しんでも良し。

中には、天気が好転しそうな日を狙って雨の日キャンペーンで入場し、雨が止むまでずっと待つ強者(?)もいらっしゃるのだとか。雨のあとは空気が澄むので、いつもよりさらに美しい眺望が期待できます。

雷の日は稲光が間近で見られることもあり、また、あるときには雲の海の向こうに富士山…といった、幻想的な光景が見られることもあるのだそう。珍しい光景に遭遇できるかどうかは時の運ですが、そんな「運試し」をしてみるのも楽しみのひとつと言えそうです。

横浜ランドマークタワーで、雨の日ならではの楽しみを

せっかくの横浜観光の日が雨予報…がっかりしてしまいますが、「雨の日だからこそ楽しめる」場所を知っていれば、また違った楽しみが生まれます。

晴れた日の美しい眺望はもちろん魅力ですが、雨の日ならではの景色と、割引でお得な時間を過ごすのも、また味わい深い旅となるのではないでしょうか。「雨予報の日は横浜ランドマークタワー」ぜひ候補に加えてみてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/04/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ