天空の城ラピュタのモデル!絶対感動出来る「カンボジア」絶景スポット

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

天空の城ラピュタのモデル!絶対感動出来る「カンボジア」絶景スポット

天空の城ラピュタのモデル!絶対感動出来る「カンボジア」絶景スポット

更新日:2017/02/08 16:40

あおい 猫空のプロフィール写真 あおい 猫空

アジア1の観光地として名高いアンコールワットのある町カンボジア・シェムリアップ。その近郊には日本ではまだまだ知られていない目を見張るような光景に出会える穴場スポットがあります!アンコールワットだけじゃもったいない、シェムリアップから日帰りで行ける、今だからおススメの絶景スポット3つをご紹介します!

神秘的な遺跡と断崖絶壁からの絶景は必見「プレアヴィヒア寺院」

神秘的な遺跡と断崖絶壁からの絶景は必見「プレアヴィヒア寺院」

写真:あおい 猫空

地図を見る

シェムリアップから車で約4時間の岩山の上にある世界遺産プレアヴィヒア寺院 。
驚くのが、麓から寺院に向かう急斜面。歩いて登るのも大変そうな角度の岩場を登るのに大活躍なのが4WD。バイクの後ろに二人乗りしたり、麓から寺院までまっすぐ伸びた階段を徒歩(?!)で登ることも可能ですが、安全性や現地の気温、体力を考えると4WDが断然おススメです。

起伏のある岩場の道なき道を、車体を上下左右に大きく揺らしながらゆっくり登っていく、ハラハラドキドキ感は病みつきになりそう。日本では禁止されている荷台に乗車し、風を受けながら、遥か彼方に遠のいていく麓の風景をのんびり眺めるのは爽快な気分。もちろん、エアコンの効いた車内への乗車も可能ですのでお好みで選んでください。

神秘的な遺跡と断崖絶壁からの絶景は必見「プレアヴィヒア寺院」

写真:あおい 猫空

地図を見る

数年前までタイと国境紛争をしていたこの寺院の周辺には今でもカンボジアの軍隊が駐留し、反対側の山の頂上にはタイの国旗がはためいています。現在では、物々しい雰囲気は全くなく、訪れる人もまだまだ少ないのでとても静かでのんびりとしたムードです。静かに佇む重厚な遺跡はローマやギリシャの神殿のようなヨーロッパの趣も。場所も時間も時空も超えた不思議な神々しい場所に辿りついたような雰囲気です。

神秘的な遺跡と断崖絶壁からの絶景は必見「プレアヴィヒア寺院」

写真:あおい 猫空

地図を見る

山の頂上からは、ぜひ断崖絶壁ギリギリまで近付いて眼下に広がるカンボジアの大パノラマを堪能してください。

天空の城ラピュタのモデル、生い茂る苔と木の根に圧倒される「ベンメリア遺跡」

天空の城ラピュタのモデル、生い茂る苔と木の根に圧倒される「ベンメリア遺跡」

写真:あおい 猫空

地図を見る

アンコールワットを建造したアンコール王朝のスールヤヴァルマン2世がアンコールワット建造の練習の為に建てたとも言われている寺院。時の流れを感じる巨木の根が遺跡を侵食し、苔が生い茂り、大きな岩がごろごろと倒れているその姿はハリウッド映画のセットのよう。

天空の城ラピュタのモデル、生い茂る苔と木の根に圧倒される「ベンメリア遺跡」

写真:あおい 猫空

地図を見る

これだけの規模の建造物を練習で建てたとしたら、当時のアンコール王朝の財力にも驚きます。遺跡を守るため・見学する人を崩れた岩の塊から守るために作られた木道を歩いて見学しますが、一部は実際に降りて遺跡の上を直に歩くことも。おおきな岩の塊の上に登ったり、薄ぐらい回廊を歩いたりと遺跡探検気分を味わえるのも人気の一つです。

天空の城ラピュタのモデル、生い茂る苔と木の根に圧倒される「ベンメリア遺跡」

写真:あおい 猫空

地図を見る

天空の城ラピュタのモデルとも言われて、崩れゆくものだけが放つひっそりとした独特の魅力があふれています。

アンコール朝初期の都「ロリュオス遺跡群」

アンコール朝初期の都「ロリュオス遺跡群」

写真:あおい 猫空

地図を見る

のどかな田園風景の中にカンボジア独特の高床式住居が並ぶ小さな村にあるのがロリュオス遺跡群。アンコールワットより300年ほど前の9世紀末に建造されたアンコール朝初期の都です。当時信奉されていたヒンドゥー教の寺院「バコン」、「プリヤ・コー」「ロレイ」の3つはカンボジアに数多く残る遺跡の中でも歴史的価値が高く、繁栄を極めたアンコール朝のルーツに触れることができます。

ロリュオス遺跡群の中で最も大きく、アンコールワットの原型と言われている「バコン」はぜひ最上階まで登って、周囲に広がる田園と遺跡が織りなす風景を堪能してください。アンコールワットのあるシェムリアップから15km程離れているので人もまばらなのでじっくり観光が出来るのも魅力です。シェムリアップから車で30分、トゥトゥクでも約1時間。乾季なら気持ちの良い風を感じながら周囲の風景が楽しめるトゥクトゥクで行くのがおすすめです。

アンコール朝初期の都「ロリュオス遺跡群」

写真:あおい 猫空

地図を見る
アンコール朝初期の都「ロリュオス遺跡群」

写真:あおい 猫空

地図を見る

これから人気沸騰!人もまばらな今だからおすすめ!

今回ご紹介の3つは車、トゥクトゥク、現地ツアーなどを利用してシェムリアップから日帰りで訪れることができます。
カンボジアにはまだまだ知られていないけど、見応えのある遺跡や絶景の宝庫です。ぜひ、アンコールワットはもちろん、その他のカンボジアの魅力ある遺跡を訪れてみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/08−2017/02/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ