香港旅行リピーターにおすすめ!「素の香港」を楽しむ1日モデルコース

| 香港

| 旅の専門家がお届けする観光情報

香港旅行リピーターにおすすめ!「素の香港」を楽しむ1日モデルコース

香港旅行リピーターにおすすめ!「素の香港」を楽しむ1日モデルコース

更新日:2018/07/23 14:39

岸本 よう子のプロフィール写真 岸本 よう子 編集者、翻訳家、PR

魅力のある観光地がたくさんあり、世界中から多くの観光客が訪れる「観光都市・香港」。しかし有名観光地を巡るだけが旅の楽しみでしょうか?ここでは、お酒が飲める映画館、本格的な香港料理が手に入るスーパー、トラムで向かう地元民に人気の公園など、特に香港旅行リピーターの方におすすめのところばかりご紹介しますよ。

日本未公開映画も香港ならお酒片手にいち早く楽しめる!

日本未公開映画も香港ならお酒片手にいち早く楽しめる!

提供元:PALACE ifc

https://www.facebook.com/PALACE-ifc-19379319063914…地図を見る

知っていますか?実は日本は他国に比べると洋画の公開が非常に遅れています。多くの映画は普通でも半年以上、中には2年以上も遅れるというケースもあります。しかし、香港では多くの映画が封切りと同時に公開されます。つまり香港では常に最新の映画を楽しむことができるのです。

また香港といえばカンフーやギャングものなどのアクション映画が有名ですよね。映画本編中は中国語や広東語が一般的に使われていますが、英語の字幕がついているので内容も理解しやすいですよ。しかし多くの迫力満点のアクション映画は言葉は不要!ハラハラドキドキ映画を観ているだけで、あっという間に2時間が過ぎてしまいます。

日本未公開映画も香港ならお酒片手にいち早く楽しめる!

写真:岸本 よう子

地図を見る

香港の映画館の中でも、特に私がオススメしたいのが「PALACE ifc(パレス アイエフシー)」です。セントラルエリアの更に中心部にあり交通の便が抜群。

また、この映画館が特別な理由は映画館内に"カクテルバー"があることです。映画館で映画鑑賞をしながら、気分にあったアルコールを一緒に楽しむことができるなんて、最高に贅沢だと思いませんか?カクテルの中には有名映画にちなんでネーミングされたものがあります。あなたの映画のお供のカクテルは「アイロンマン」?それとも「キャプテン・アメリカ」?

日本未公開映画も香港ならお酒片手にいち早く楽しめる!

写真:岸本 よう子

地図を見る

映画通なら気になるのが、館内の設備ですよね。各席は本皮製でとてもゆったりした作りになっていて、心地よく映画を鑑賞できます。またシートが映画の超低音部の音声と連動して震えるので、まるで映画の中にいるような臨場感を得ることも出来ます。

旅先で見る映画は、さらに特別感がUP。気になる映画があればぜひ足を運んでみましょう。

ピクニックの準備は世界のグルメが集まる「シティスーパー」で!

ピクニックの準備は世界のグルメが集まる「シティスーパー」で!

写真:岸本 よう子

地図を見る

映画で目と耳を満足させたら次はお腹です。映画館と同じショッピングモール 香港ifcモールの中にある「city’super(シティスーパー)」で小腹を満たす食材を調達しましょう!

季節ごとに商品が大きく変わるシティスーパーでは、店内を歩くだけでも世界中の季節の移り変わりを感じることが出来、楽しいですよ!

ピクニックの準備は世界のグルメが集まる「シティスーパー」で!

写真:岸本 よう子

地図を見る

店内に漂う、おいしいお惣菜の匂い。お弁当の種類も多く、どれを買うか迷うこと間違い無しです。本格的な香港料理を持ち帰ることも可能です。お弁当売り場はいつも人でとても賑わっていますよ。

ピクニックの準備は世界のグルメが集まる「シティスーパー」で!

写真:岸本 よう子

地図を見る

もちろん、お弁当と一緒に美味しいデザートを買うのもお忘れなく。お酒が好きな人はワインやビールを買ってもいいですね。香港の人は人と人の絆をとても大事にします。休みの日はこうして各自食材や飲み物を持ち寄り、みんなでシェアして楽しみます。私達も香港人になったつもりで真似をしてみましょう!

香港名物・トラム(路面電車)に乗ってダウンタウンを駆け巡ろう!

香港名物・トラム(路面電車)に乗ってダウンタウンを駆け巡ろう!

提供元:香港電車

http://www.hktramways.com/en/地図を見る

シティスーパーがある香港ifcモールを出たら、歩道橋を渡り庇利街(ジュビリー)駅に行きましょう。堅尼地城総(ケネディタウン)駅方面に向かうトラムに乗り込みます。路線の色は何色でもOK、"西行き"のトラムに乗れば問題ありません。東邊街(イースタンストリート)駅に到着したら下車してくださいね。

【トラムの乗り方】
駅にトラムが着いたら、どこ行きのトラムかを最初に確認しましょう。大体は車体の前後と左側に表示があります。

トラムには後ろの扉から乗り込みます。席は2階でも1階でも空いていたらどこに座っても問題ありません。ですがせっかくなら2階に上がってみることをおすすめします。

基本的にトラム内では車内放送はないので自分でどの駅で降りるかを注意しておく必要があります。しかし、トラムの駅と駅の間はだいたい250m程なので、乗り過ごしても心配することはありません。

停車したら、お金を払って前の扉から出ます。香港のトラムは距離に関係なく一律2.3香港ドルです。

路面電車は最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば香港滞在時にはあなたの足となり大活躍すること間違いなしです!

香港人の憩いのオアシス「中山記念公園」で心も体もリラックス

香港人の憩いのオアシス「中山記念公園」で心も体もリラックス

写真:岸本 よう子

地図を見る

東邊街(イースタンストリート)駅まで着いたら、海が見える方向へ歩けばすぐに、「中山記念公園」に到着します。どこまでも広がる緑色の芝生が最高に気持ちいい!高層ビルが立ち並ぶ香港のど真ん中にあるこの公園は、まさに"都会のオアシス"です。

香港人の憩いのオアシス「中山記念公園」で心も体もリラックス

写真:岸本 よう子

地図を見る

公園についたら芝生でも海沿いのベンチでも、シティスーパーで買い込んだお弁当を食べましょう!天気がいい日はヴィクトリア湾の向こう岸の景色もはっきり見えます。

香港人の憩いのオアシス「中山記念公園」で心も体もリラックス

写真:岸本 よう子

地図を見る

多くの地元香港っ子はここで日光浴を楽しんだり、本を読んだり、友達とギターの演奏をしたり、思い思いに楽しいひとときを過ごします。立ち並ぶ高層ビルとこの穏やかな公園のコントラストが「あぁ、今香港にいるんだ」という気持ちにしてくれますよ。

香港人は短い時間で効率よく楽しむのが上手

忙しい大都市の中で生活する香港人は、仕事も頑張りますが余暇の時間も非常に重視しています。休みの日になると、大切な家族や仲間と映画を楽しみ、ピクニックをして親睦を深めます。

また最後に紹介した中心部から少し離れた公園で見ることが出来る、香港人の「素」の姿。あなたが持っている「香港」の印象をガラリと変えるに違いありません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/19−2017/02/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -