北欧雑貨にアンティーク食器!大江戸骨董市に掘り出しものを見つけに行こう

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北欧雑貨にアンティーク食器!大江戸骨董市に掘り出しものを見つけに行こう

北欧雑貨にアンティーク食器!大江戸骨董市に掘り出しものを見つけに行こう

更新日:2017/02/06 19:44

坂元 美鈴のプロフィール写真 坂元 美鈴 フードライター

日本一の規模を誇る蚤の市、大江戸骨董市。目利きが選ぶ国内外のアンティーク食器や家具、おもちゃに着物・・・あらゆる古き良きものが所狭しと並び、そぞろ歩くだけでも心躍ります。一点もののアンティーク品は、その日その時だけの一期一会、ピンときたら即買いが鉄則です!その品のストーリーに耳を傾けたり値切り交渉したりの店主とのやりとりも楽しい骨董市。きっと掘り出し物に巡り会えるはず!

日本最大規模の骨董市!

日本最大規模の骨董市!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

江戸開府400年にあたる2003年「古き良き物をみつめなおし、日本文化を再発見する機会を提供すること・人々の交流の場・文化芸術の交流の場となること」を目的にスタートした大江戸骨董市。毎月第一第三日曜日に有楽町駅すぐの東京フォーラム地上広場で、代々木公園でも不定期で開催されています。

日本最大規模の骨董市!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

年々その規模は大きくなり、今では常時250以上のブースが並ぶ一大イベントに。日本全国のアンティーク好きの方はもちろん、外国人観光客にも人気のスポットとなっています。

まるでミュージアム巡り!古今東西の骨董品がズラリ

まるでミュージアム巡り!古今東西の骨董品がズラリ

写真:坂元 美鈴

地図を見る

国内外の伝統的なオブジェに出会えるのも骨董市の楽しいところで、ちょっとしたミュージアム巡りのようでもあります。日本のこけしや、弁天さんの置物、南部鉄器などは、外国人、特に欧米人に大人気。

まるでミュージアム巡り!古今東西の骨董品がズラリ

写真:坂元 美鈴

地図を見る

一方交ヨーロッパのかわいらしい雑貨も充実しています。思わず写真に収めたくなる北欧雑貨やポルトガルの陶器の置物、鮮やかな朱色のポットなど、インテリアのアクセントにぴったりな雑貨が並び、こちらは女性に人気です。

まるでミュージアム巡り!古今東西の骨董品がズラリ

写真:坂元 美鈴

地図を見る

コレクターには垂涎ものの、ヨーロッパのアンティーク銀食器やカトラリー、フランスの切手や古紙なんかも売られていますよ。

海を越えてヨーロッパに渡った美濃焼

海を越えてヨーロッパに渡った美濃焼

写真:坂元 美鈴

地図を見る

こちらの一見ヨーロッパ産に見えるキュートなジャー。実は、1970年代、北欧への輸出用に作られた美濃焼、なんですって。海を越えて北欧で愛された食器が巡りめぐって祖国に戻り、骨董市で新しい持ち主との出会いを待っている・・・。そんなストーリーに思いを馳せれば、出会いがとても貴重なものに感じられます。そのアイテムの持つ歴史や物語も、アンティークの醍醐味ですよね。

世界で愛されるブランド陶磁器をお得にゲット!

世界で愛されるブランド陶磁器をお得にゲット!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

ロイヤルドルトンやコペンハーゲンなど、歴史あるヨーロッパの有名窯の茶器もたくさん並ぶこちらの骨董市。そんなヨーロッパブランドに交じって、日本のメーカーの古き良き茶器も魅力を放っています。

世界で愛されるブランド陶磁器をお得にゲット!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

こちらは1968年に生まれた日本が誇る陶磁器メーカーNIKKOのミング・トゥリーシリーズのカップ&ソーサーとケーキ皿。ドイツのマイセンやチェコのカールスバードのブルーオニオンにも似たインドやペルシャにルーツを持つモチーフは、今なお世界中で愛される普遍のデザインです。

海外にも多く輸出されていたNIKKOの同シリーズ、現在もオンライン販売はされていますが、定価より断然お安く手に入ります!1客3600円程度のところ、2客+ケーキ皿2枚で4000円の蚤の市価格、やっぱり嬉しいですよね。

キュートなアンティーク着物も格安!

キュートなアンティーク着物も格安!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

アンティーク着物のブースが豊富のもこちらの特徴。なんともいえない味のある風合いの着物が、なんと1000円程度から売られているんです。斬新で鮮やかな色使いだったり、ヴィンテージ感が魅力のくすんだ色味だったり、“今見ると逆にオシャレ!”な着物がたくさん!

キュートなアンティーク着物も格安!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

そのまま着物として楽しむのはもちろん、この価格なら、部屋着や、クッションやカーテンなどへのリメイクも気軽にできそう。そんな風に遊べるのもお手軽アンティーク着物のいいところ!

じっくり見て回ってオーナーさんとおしゃべりしよう!

食器に家具、アクセサリーに着物、おもちゃに掛け軸・・・あらゆるものがズラリと並ぶ、宝の山ともいえる蚤の市。お気に入りを見つけるコツは二巡、三巡してじっくりと見て回ること、そしてオーナーさんとおしゃべりしてみること。そのアイテムのストーリーを教えてもらえば、よりステキな一期一会になること間違いなしです!もちろんディスカウントしてもらえる可能性もあり、ですよ〜。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -