べっぴんさん監督も愛用!開港150年「神戸タータン」が本格始動

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

べっぴんさん監督も愛用!開港150年「神戸タータン」が本格始動

べっぴんさん監督も愛用!開港150年「神戸タータン」が本格始動

更新日:2017/02/21 13:42

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

2017年1月に、開港150年を迎えた神戸。それを記念して、神戸の街をデザインした「神戸タータン」が誕生しました。街を象徴するデザインを決め、各企業がそのデザインを用いた商品開発をしていくという、おそらく日本初の試みです。すでにスコットランドの公的機関「スコットランドタータン登記所」にも登録済みの神戸タータンの由来と、お土産にぴったりの神戸タータンアイテムをご紹介します。

開港150年!港町神戸をデザインした「神戸タータン」とは

開港150年!港町神戸をデザインした「神戸タータン」とは

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

2017年1月、神戸は開港150年を迎えました。青い海と赤い神戸ポートタワーが印象的な神戸港ですが、三ノ宮周辺には都会的なビルが建ち並びます。また六甲山もほど近く、南を「海側」、北を「山側」と呼ぶほど海にも山にもなじみ深いのが神戸です。

開港150年!港町神戸をデザインした「神戸タータン」とは

提供元:神戸タータン協議会

http://kobetartan.jp

そんな神戸をイメージしてデザインされた「神戸タータン」は、青・赤・白・緑・グレーの5色から成るタータンチェック。
それぞれ、

・青 ⇒ 神戸の港
・赤 ⇒ 神戸ポートタワーや神戸大橋
・白 ⇒ 白亜の建物や真珠(※)
・緑 ⇒ 六甲山
・グレー ⇒ ビルの並ぶ街並み

を表現しています。

なお、神戸タータンの原案となったのは、老舗テーラー「石田洋服店」のオリジナルのタータン(ハウスタータン)。創業100周年を記念して神戸をイメージして製作されたこのハウスタータンを、洋服以外にも使うことを前提に色調を調整したのが神戸タータンです。

※真珠加工は神戸の地場産業であり、市内には日本真珠会館や神戸パールミュージアムがあります。

開港150年!港町神戸をデザインした「神戸タータン」とは

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

神戸タータンの発起人は、「石田洋服店」の石田原弘さんと、革製品のブランド「KIICHI」を展開する片山喜市郎さん(写真)。
片山さんは神戸元町商店街連合会の青年部長でもあり、開港150年記念になにかできないかと神戸市から相談を受けた際に、1日で終わるイベントではなく長く残る企画をと「街をイメージしたデザイン」を提案したのだそうです。

まだまだ始まったばかりの神戸タータン。商品化されたアイテムはまだ多くありませんが、いくつかご紹介していきます。

ネクタイにハンカチ、鞄。定番の服飾雑貨はどれもオシャレ!

ネクタイにハンカチ、鞄。定番の服飾雑貨はどれもオシャレ!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

タータンチェックの小物と言えば、まずはやはりネクタイでしょう。写真はPR用につくられた神戸タータンをプリントした商品で既に完売していますが、2017年2月現在、より高品質なシルク織の商品を製作中とのことです。今後、石田洋服店などでの販売が予定されています。

ネクタイにハンカチ、鞄。定番の服飾雑貨はどれもオシャレ!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

こちらは発起人の一人である片山喜市郎さんのお店「STUDIO KIICHI(スタジオキイチ)」の、レザーに播州織の神戸タータンを合わせたポーチ。ポーチだけでなくバッグの取り扱いもあります。

ちなみに片山さんは元町の老舗「マルヤ靴店」の4代目でもあり、神戸を舞台にした朝ドラ「べっぴんさん」に靴屋の資料や私物のミシンを提供するなどの協力をされている方。その縁もあり、神戸タータンのバッグは「べっぴんさん」の監督も愛用されているそうです。

播州織は兵庫県の北播磨地域の地場産業で、加東市の「阿江ハンカチーフ」にて製造されています。神戸タータンのハンカチもありますよ。

ネクタイにハンカチ、鞄。定番の服飾雑貨はどれもオシャレ!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

港町のイメージにぴったりのビーチサンダルも神戸産。衣料雑貨店の老舗「MAC」とビーチサンダルメーカー「TSUKUMO」が企画・製造を手がけています。実はビーチサンダルは戦後の神戸が発祥なので、神戸タータンのビーチサンダルは神戸土産に最適です。

その他、石田洋服店の洋服や「MAXIM(マキシン)」の帽子は、神戸タータンの生地を使ったオーダーメイドが可能ですし、2017年秋にはセレクトショップ「アレス」にてマフラーやストールの販売が予定されています。

【MAC】
住所:神戸市中央区三宮町1丁目6-24 2F
電話:078-392-3428

【MAXIM】
住所:神戸市中央区北長狭通2-6-13
電話:078-331-6711

【アレス】
住所:神戸市中央区下山手通4-1-17 マルナカビル207B
電話:078-381-5975

装い新たに!神戸の人気スイーツも神戸タータンに

装い新たに!神戸の人気スイーツも神戸タータンに

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ゴーフルで有名な神戸風月堂は、オリジナルサブレの缶に神戸タータンを採用しました。これなら、サブレを食べ終えたあとの缶も長く愛用できそうですね。元町商店街の本店限定のレア商品です。

【神戸風月堂(本店)】
住所:神戸市中央区元町通3丁目3-10
電話:078-321-5598

装い新たに!神戸の人気スイーツも神戸タータンに

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

明治10年創業の老舗「亀井堂本家」の瓦せんべいも、神戸を代表する銘菓。棟方志功デザインの包装紙とともに長く親しまれていますが、神戸タータンバージョンも新登場です。

※亀井堂本家の店舗については、関連MEMOの公式サイトにて確認してください。

自分に買いたい、神戸タータンの雑貨いろいろ

自分に買いたい、神戸タータンの雑貨いろいろ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

元町で焙煎業も営む喫茶店「はた珈琲店」では、オリジナルのドリップバッグとセットにした神戸タータンのマグカップを販売。公式サイト内に「コーヒーカップギャラリー」のページがあるほどのお店ですから、オシャレなマグカップに仕上がっています。

【はた珈琲店】
住所:神戸市中央区元町通5丁目7-12
電話:078-341-3410

自分に買いたい、神戸タータンの雑貨いろいろ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

元町の免税店「コウベサコム」が扱うのは、神戸タータンのiPhoneケース。神戸愛をアピールするには最高のアイテムですね。今後は、スマホケースだけでなく日用雑貨や文房具への幅広い展開にも期待がかかります。

【コウベサコム】
住所:兵庫県神戸市中央区元町通3丁目10-2
電話:078-331-2433

自分に買いたい、神戸タータンの雑貨いろいろ

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レトロでオシャレなデザインの缶入りマッチが人気の「ナカムラマッチ」は、神戸市長田区のマッチメーカー。神戸タータンの缶入りマッチも、つい欲しくなるデザインです。
但し、飛行機利用の場合、マッチの機内持ち込みは1個まで。複数個購入する場合は、忘れずに受託手荷物(カウンターで預ける荷物)に入れるようにしましょう。

※ナカムラマッチの取扱店については、関連MEMOの公式サイトにて確認してください。

2017年3月3日〜、神戸ロフトに「神戸タータンショップ」

2017年3月3日〜、神戸ロフトに「神戸タータンショップ」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

神戸タータンの商品は神戸でしか買えないだけでなく、基本的には各取扱い店のみでしか購入することができません。しかし、2017年3月3日には神戸ロフトに期間限定でタータンフェアが開催されます。これは春と夏に行われる「神戸ファッションウイーク」との連動企画で、ここでは神戸タータンの商品が一堂に会するので要チェックです。
5月21日までの期間限定ですが、その後も神戸大丸や神戸そごうでの特設ショップも計画されているそうなので、今後も楽しみですね。

異例のスピードで展開中の「神戸タータン」

神戸タータンの企画が浮上したのは、2016年前半のこと。それから約半年後の2016年10月末に「神戸タータン協議会」が発足、2017年3月には神戸ロフトに特設ショップが誕生予定と、大都市の企画としては異例のスピードで進んでいます。神戸タータンのバナー(タペストリーのような布)で神戸港周辺を彩る企画もあり、知名度の上昇は必至。いち早く神戸タータンアイテムを手に入れて、流行を先取りしてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -