ユネスコ無形文化遺産をがっつり!チェコ・ピルゼン「マリオネット博物館」

| チェコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ユネスコ無形文化遺産をがっつり!チェコ・ピルゼン「マリオネット博物館」

ユネスコ無形文化遺産をがっつり!チェコ・ピルゼン「マリオネット博物館」

更新日:2017/02/13 19:20

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

2016年にユネスコの無形文化遺産に登録されたチェコとスロバキアの「マリオネット」。マリオネットとは人形劇によく使われる操り人形で、ディズニー映画のピノキオが有名です。チェコにとってマリオネットは、子供の時に遊んだおもちゃだけでなく、歴史や自分たちのアイディンティも関わってくるため、文化といっても過言ではないほど。そんなチェコ文化にたっぷり浸って楽しめる場所をご紹介します。

旧市街の中心地にある博物館

旧市街の中心地にある博物館

写真:浅井 みらの

地図を見る

プラハから西へ電車で約1時間、ピルスナービール誕生の街“ピルゼン(Plzen)”に到着します。「マリオネット博物館(Museum Loutek)」は、旧市街の広場に面した場所にあり、博物館以前は貴族の邸宅として使われていました。中世の趣きが色濃く残されたこのエリア一帯は文化遺産として国に登録されているほど。訪れた際は、綺麗に横一列に並んでいる建物周辺も、建物内に入る前に見てみてくださいね。

マリオネットとチェコの関係って?

マリオネットとチェコの関係って?

写真:浅井 みらの

地図を見る

そもそも、なぜマリオネットはチェコにとって重要になったのでしょうか…。中世の頃よりチェコでは娯楽としてマリオネットが親しまれ、18世紀には有名なマリオネット操者がいたことも歴史に残されています。街によってはマリオネット専用の劇場があるほど人気で、独自の技術や脚本が生み出されてきました。

娯楽として身近な存在だったマリオネットの立場を変えたのが第二次世界大戦。ドイツ支配下になり、言語もチェコ語からドイツ語に強制されますが、唯一マリオネットだけはチェコ語の使用が認められたのです。チェコ人のアイデンティティーを繋ぎとめる象徴となり、その歴史と文化が評価され、ユネスコにも世界無形文化遺産として登録されました。

マリオネットとチェコの関係って?

写真:浅井 みらの

地図を見る

今でもチェコ人にとってマリオネットは子供の頃に遊んだ懐かしいおもちゃであり、大切にしていきたい文化のひとつ。各家庭には、日本のリカちゃん人形のようにマリオネットがあり、簡単な舞台もあるのだとか。自分たちでオリジナルストーリーを考えて、家族の前で上演したという、温かい思い出をもつチェコ人も少なくないんですよ。

骨董品なものから、巨大なものなど様々な種類が展示

骨董品なものから、巨大なものなど様々な種類が展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

マリオネット博物館には約300体のマリオネットが展示されています。一番古いものだと、1830年代に制作。木を削って描かれた顔は、まるで本物の人間のようなリアルさです。着ている洋服も、当時を反映したデザインが多いので、中世の雰囲気を感じることができます。

博物館は3階建て。1階と2階には簡単な劇場があり、マリオネットがどのように動くのか、その様子も見ることができます。

骨董品なものから、巨大なものなど様々な種類が展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

大きさも様々なマリオネットが置かれています。よく見る30cmほどの定番サイズのものから、最大で2mを超すものまで。自分より大きいマリオネットは糸で操るのではなく、抱きかかえて操るなど、操り方もそれぞれ異なります。

骨董品なものから、巨大なものなど様々な種類が展示

写真:浅井 みらの

地図を見る

人間以外にも、ドラゴンやワニにキリン、それにセイウチなど様々な動物のマリオネットもありますよ。ヨーロッパでよく見る恐ろしい顔をしたドラゴンに比べ、こちらはあどけない表情が可愛らしいですね。

国民的キャラクターにも出会えます

国民的キャラクターにも出会えます

写真:浅井 みらの

チェコでは誰もが知っているマリオネットのキャラクターがいます。ひょうきんな表情で一度見たら忘れられないのが“スペイブル(Spajbl)とホルヴィーニック(Hurvinek)”の二人組。20世紀に活躍したマリオネット操者ヨゼフ・スクゥバ(Josef Skupa)が生み出し、TV番組が制作されたほど人気を集めました。

この二人組が初めて登場したのがピルゼンの劇場だったため、博物館には専用のコーナーが設けられています。昔のTVが放送されていたり、一緒に写真も撮れたりと、チェコ人が懐かしい思い出を振り返りながら盛り上がる場所になっています。

最後は自分が楽しむ番ですよ

最後は自分が楽しむ番ですよ

写真:浅井 みらの

地図を見る

最上階は体験エリアとなっていて、誰でもマリオネットで遊ぶことができます。小さめのものから1mを超す大きいものがあり、種類も豊富です。

最後は自分が楽しむ番ですよ

写真:浅井 みらの

地図を見る

人形に手を入れて遊ぶぬいぐるみタイプなら紐が絡み合う心配もありませんよ。簡単なステージもありますので、即興で上演してみるのも楽しそうですね。チェコの人たちが子供時代に経験した思い出を自分たちが体験できるのも、ここならでは。

チェコにとってマリオネットとは…

マリオネットだけを扱った博物館は世界でも珍しく、それだけチェコとの関係が深い証拠。最初は娯楽として始まりましたが、時代と共に身近なおもちゃ、家族の思い出、チェコ語の生命線、そして称賛すべき無形文化遺産など多くの役割を担ってきました。マリオネットとはチェコが大切にしてきた文化そのもの。ぜひこの機会に触れてみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ