鉄道で行ける道の駅!秋田「は〜とぽ〜と大内」でグルメ&温泉三昧

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

鉄道で行ける道の駅!秋田「は〜とぽ〜と大内」でグルメ&温泉三昧

鉄道で行ける道の駅!秋田「は〜とぽ〜と大内」でグルメ&温泉三昧

更新日:2017/03/02 09:41

かのえ かなのプロフィール写真 かのえ かな ライター、駅舎愛好家、マンホール愛好家

その土地の美味しいものが集まっている、道の駅。とても魅力的だけど、鉄道旅をする人にとっては少し縁遠いものかもしれません。そこで鉄道ファンにおすすめなのが、秋田県由利本荘市にある「は〜とぽ〜と大内」です。「は〜とぽ〜と大内」は、「道の駅おおうち」や温泉・グルメが楽しめる「ぽぽろっこ」が集まった巨大観光エリア。しかも羽越本線の羽後岩谷駅と直結しているので、電車でも気軽に立ち寄ることができます。

羽後岩谷駅からぽぽロードを歩いて「は〜とぽ〜と大内」へ!

羽後岩谷駅からぽぽロードを歩いて「は〜とぽ〜と大内」へ!

写真:かのえ かな

地図を見る

「は〜とぽ〜と大内」がある羽後岩谷駅は羽越本線の鉄道駅です。秋田駅から40分弱の場所にあります。御岳や権現山、黒森山といった山々に囲まれているので、駅ホームに降り立つと、緑豊かな景色が広がります。

羽後岩谷駅からぽぽロードを歩いて「は〜とぽ〜と大内」へ!

写真:かのえ かな

地図を見る

黄色い看板が目印のこぢんまりとした改札を通ると、正面に「ぽぽろっこ」と書かれた看板が見えますので、道なりに進みましょう。

羽後岩谷駅からぽぽロードを歩いて「は〜とぽ〜と大内」へ!

写真:かのえ かな

地図を見る

階段かエレベーターを使って地上に降りたら、そこはもう「は〜とぽ〜と大内」です。ちなみに、この通路は「ぽぽロード」と呼ばれています。ぽぽロードから「ぽぽろっこ」までの通路には屋根もついています。雨が降っても安心ですね。

温泉に入れるプラン続々!総合交流ターミナル「ぽぽろっこ」

温泉に入れるプラン続々!総合交流ターミナル「ぽぽろっこ」

写真:かのえ かな

地図を見る

「は〜とぽ〜と大内」のメインスポットともいえる「ぽぽろっこ」。名前の由来はイタリア語の「人々」とのこと。その名の通り、観光客と地元の方の笑顔が触れ合う場所となっています。笑顔のもとは、地元の方のおもてなしと旅の疲れを癒してくれるたくさんのサービスです。

温泉に入れるプラン続々!総合交流ターミナル「ぽぽろっこ」

写真:かのえ かな

地図を見る

手軽に立ち寄れる温泉大浴場「楠の湯」には、泡風呂や露天風呂、サウナもそろっています。1回券が大人(中学生以上)で300円、小学生は200円とリーズナブル!1日券は大人(中学生以上)で400円、小学生は300円で大広間も利用できます。(どちらも幼児は無料です)

オープンから1年で入湯15万人を達成してしまうという人気スポットで、温泉には健康増進や冷え性、筋肉痛といった色んな効能があります。

※料金は2017年2月現在のものです。

温泉に入れるプラン続々!総合交流ターミナル「ぽぽろっこ」

提供元:は〜とぽ〜と大内 ぽぽろっこ

http://www.popolocco.com/

このほか個室休憩室の利用や、お弁当付き日帰りプランといったサービスも。さらに宿泊プランも数多くそろっています。ぽぽろっこ公式サイトにある「ぽぽろっこだより」で最新プラン情報を知らせてくれるので、出かける前にぜひチェックしましょう!

ソフトクリームは「物産コーナーひまわりで」!

ソフトクリームは「物産コーナーひまわりで」!

提供元:は〜とぽ〜と大内 ぽぽろっこ

http://www.popolocco.com/

ぽぽろっこ内には、地元直送の農産物や秋田の名産品をそろえた「物産コーナーひまわり」があります。鉄道だけでなく車で訪れる人も多く、平日の午前中から大にぎわいです。

ソフトクリームは「物産コーナーひまわりで」!

写真:かのえ かな

地図を見る

道の駅に行ったら、ご当地ソフトクリームを食べるのが定番!という人、多いのではないでしょうか。ご安心ください、「物産コーナーひまわり」にありますよ。

写真はブルーベリーのソフトクリームです。色の濃さからも分かる通り、味がとってもしっかりしています。濃厚な甘酸っぱさがたまりません。

ソフトクリームは「物産コーナーひまわりで」!

写真:かのえ かな

地図を見る

こちらはバニラとブルーベリーのミックスソフトです。とろけるようなバニラの甘さとブルーベリーの甘酸っぱさが相性バツグン!こちらも温泉に負けじと旅の疲れを癒してくれます。

とっても人気のソフトクリームですが、営業時間に要注意。平日は9:00〜14:00、土日祝は9:00〜16:00となっています。食べ逃さないようにしましょう。また、冬季は販売をお休みしています。

※営業時間は2017年2月時点のものです。

美味しいものは「レストランきぬさや」にもあり!

美味しいものは「レストランきぬさや」にもあり!

提供元:は〜とぽ〜と大内 ぽぽろっこ

http://www.popolocco.com/

同じく「ぽぽろっこ」内にあるのが、「レストランきぬさや」です。こちらのレストランでは、地元の郷土料理と秋田米が味わえます。

写真は一番人気の「大内とろろ飯」!なんと、3膳分のとろろ飯が食べられるという大ボリュームです。また、いろんな味が楽しめるように薬味が6種類ついています。

ぽぽろっこがある由利本荘市岩谷町は、以前由利郡大内町と呼ばれていました。そんな大内で伝統的に行われているのが「大内元祖とろろめし大喰い大会」!制限時間内に大内名物である「とろろ飯」を何杯食べられるか競うイベントです。レストランきぬさやでは、制限時間なく名物のとろろ飯が心ゆくまで食べられますよ。

ほかにも人気の和牛ブランド・秋田由利牛を使ったビーフシチューや、秋田名物きりたんぽと稲庭うどんを一緒に食べられる、きりたんぽ御膳もあります。

見どころは「ぽぽろっこ」の外にも!

見どころは「ぽぽろっこ」の外にも!

提供元:は〜とぽ〜と大内 ぽぽろっこ

http://www.popolocco.com/

「は〜とぽ〜と大内」の見どころは、ぽぽろっこだけではありません。たとえば、ぽぽろっこの隣にある「出羽伝承館」。出羽伝承館は、地域ならではの良さを伝えるために農村地域全体を博物館にしようという事業の一環で誕生した施設です。

中では、旧亀田藩二万石エリア(岩城町、大内町、本荘市子吉川右岸)の農村文化を知ることができる展示物がズラリと並んでいます。図書コーナーも完備です。

見どころは「ぽぽろっこ」の外にも!

写真:かのえ かな

地図を見る

ぽぽろっこから歩いて1分ほどの場所にある、らーめん・お食事処「ぽぽろ亭」では、リーズナブルでボリューム満点なグルメが味わえます。

普通、半盛、大盛、てんこ盛が選べるラーメン屋のほか、1杯550円以内で食べられるそば・うどん店など。中でも人気なのは、ホルモンを使ったメニューです。お腹いっぱい食べて、スタミナをつけましょう!

見どころは「ぽぽろっこ」の外にも!

写真:かのえ かな

地図を見る

周囲は遊歩道が整備されています。自然の中を気ままに歩けるので、電車に乗りっぱなしで疲れた体をリフレッシュするのにピッタリです。

鉄道駅と道の駅のイイトコ取りを楽しもう!

電車でも簡単に行ける「は〜とぽ〜と大内」はいかがでしたか?鉄道駅と道の駅のイイトコ取りを楽しめて、鉄道ファンにはたまらない場所なのではないでしょうか。

ただし、電車で訪問する場合は羽後岩谷駅の時刻表に注意してくださいね。羽後岩谷駅は電車が来るのが、おおむね1時間に1本となっています。エンジョイしすぎて電車に乗り遅れないようにしましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ