アイスランドのバラマキみやげ5選!

| アイスランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

アイスランドのバラマキみやげ5選!

アイスランドのバラマキみやげ5選!

更新日:2017/02/25 22:37

ヒビノフウケイのプロフィール写真 ヒビノフウケイ ライター

氷河や滝など数々の絶景があり、オーロラ鑑賞地としても人気急上昇中のアイスランド。北海道よりやや大きい国土に、人口約33万人(2016年9月現在)が暮らす国での旅は、街歩きより大自然に触れる観光が多くなります。おみやげを購入する時間や場所も限られ、物価もお高め。そこで、おさえておきたいアイスランド産バラマキみやげをご紹介します!

まずは安定のチョコレート製品!

まずは安定のチョコレート製品!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

味に定評がある、1933年創業ノーイ・シリウス社のチョコレート。
写真左は、個別包装された正方形の板チョコがたくさん入ったボックスタイプ。味はミルクチョコレート、56%ダークチョコレート、オレンジフレーバーのミルクチョコレートの3種類。包装紙にアイスランドの美しい景色が使われており、箱や色使いも高級感があります。

ちなみに、アイスランドのホテルではウエルカムスイーツとして、正方形の板チョコがよく見られます。

写真右は、スティックバータイプのチョコレート。味はミルクチョコレートのほかに、レーズン、オレンジピール、ナッツ入りなどさまざまな種類があります。大きさも写真のようにバラマキにちょうどよいスティックタイプもあれば、がっしり重い板チョコタイプもあるので、用途に合わせて選びましょう。

スーパーやコンビニで買えるお菓子類

スーパーやコンビニで買えるお菓子類

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

スーパーやコンビニなどで購入できるゴーア社のチョコ菓子。写真上は、チョコレートがかったウエハース。下はチョコレートがかったパフライスとウエハースです。おみやげ屋では、溶岩の写真パッケージで売られたりもしています。
このほかにもチョコレートにココナッツの粉末がまぶされたものなど売られています。

個包装ではないので、みんなでわいわい食べるときにピッタリのおみやげです。

スーパーやコンビニで買えるお菓子類

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

サガメディカ社のアイスランド産アークティックアンジェリカ(セイヨウトウキ)が入ったのど飴。個別包装なので、少しずつ味を試せます。清涼感も強くないので、ハッカのような辛さが苦手な方にも試していただけます。

おみやげ屋で手に入れる絶景商品

おみやげ屋で手に入れる絶景商品

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

車社会のアイスランドでは、ガソリンスタンドやドライブインなどよろずや状態で、おみやげコーナーがあります。敷地内におみやげ屋が併設されていることも。休憩で訪れたときなどが、買い物のチャンスです!

そんな中で見つけたのが、日本でも市民権を得ているミントタブレット。アイスランドでデザインされた、きれいなオーロラのケースです。味は甘いミントで、清涼感は強くありません。お値段も手ごろなうえ、文字はエンボス加工で盛り上がっていて、高級感があります。

おみやげ屋で手に入れる絶景商品

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

アイスランドといえば、オーロラ、滝、氷河! ほかにも、大自然を伝える絵葉書やマグネットが豊富にそろっています。絵葉書はホテルでも取り扱われているので、宿泊のホテルをチェックしてみてください。

日本ではなじみのない、とてもきれいな風景は、みやげ話とともにおすそわけしても喜ばれるでしょう。カード類は荷物としてかさばらない点もポイント高いですね。

一期一会。見つけた時が買い時!

アイスランドの旅は大自然を目的とすることが多いため、観光地や休憩で訪れたドライブインがショッピングタイムになるでしょう。ホテルの近くにスーパーがあったらラッキー! 気になる商品と出会ったときが、買い時です! また次に、いつ出会えるかはわかりません。旅の時間には限りがあります。

この記事を参考に、アイスランド産のバラマキみやげをおさえておきましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/02−2017/02/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ