世界初公開のボウイをお持ち帰り!?原宿「ミック・ロック写真展」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界初公開のボウイをお持ち帰り!?原宿「ミック・ロック写真展」

世界初公開のボウイをお持ち帰り!?原宿「ミック・ロック写真展」

更新日:2017/03/03 20:00

篠宮 あかりのプロフィール写真 篠宮 あかり ユニーク宿ライター、カプセルホテルマニア

2017年1月の開催以降、多くのファンがリピートするデヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」。それに引き続き、ボウイの公認フォトグラファーだったミック・ロックによる「DAVID BOWIE by MICK ROCK」を3月13日まで原宿で開催。日本初のボウイに限定した写真展で、有名な作品に加えて半分以上が世界初公開。さらに全作品のプリントを希望のサイズで購入できるチャンスですよ!

ボウイのキャリア初期の貴重な写真を展示

ボウイのキャリア初期の貴重な写真を展示

写真:篠宮 あかり

地図を見る

伝説的ロックスターとして長年に渡って多くの人を魅了してきたデヴィッド・ボウイ。彼のキャリア初期から最盛期の貴重な姿を収めていたのが写真家のミック・ロックです。「70年代を写した男」としてルー・リードやイギー・ポップなど、多くの有名なミュージシャンを撮影しましたが、今回は日本で初めてボウイに限定した写真展を開催します。

会場へのアクセスは、東京メトロ千代田線・明治神宮前駅より徒歩5分、またJR原宿駅より徒歩8分ほど。ラフォーレ原宿のある大通りから路地を入った所にある「VACANT」です。1階はヴィンテージの洋服や雑貨を扱ったショップ、2階はイベントスペースで日々様々なイベントが開催されています。

ボウイのキャリア初期の貴重な写真を展示

写真:篠宮 あかり

地図を見る

入場料は500円で、チケット代わりに写真展のキービジュアル3点から好きな缶バッジをひとつ選べます。2階への階段を上がる前に注目してほしいのがピンクの壁紙。こちらをよく見ると、1973年のアルバム「ピンナップス」でサックスを手にしたボウイが小さくプリントされているのです…!こういった細部の演出がユニークだと期待も高まりますね。

ヴィンテージ感が漂うイベントギャラリー

ヴィンテージ感が漂うイベントギャラリー

写真:篠宮 あかり

地図を見る

2階のイベントギャラリーは、天井がとても高くて開放的な空間が広がっています。海外のロッジを思わせる木材の壁、写真を引き立てるほのかな照明、花束をモチーフにしたレトロなラグマットなど、ヴィンテージ感が漂う雰囲気。会場内にはボウイのサウンドが心地良く流れており、一気にボウイ・ワールドに引き込まれます。

ヴィンテージ感が漂うイベントギャラリー

写真:篠宮 あかり

地図を見る

1970年代初期、ロンドンの「Oz」誌編集部で働いていたミックは、新人だったボウイの「ハンキー・ドリー」のプロモーション盤を聞いて衝撃を受けます。そしてボウイとライブで出会い友人関係に。ボウイが1972年のアルバム「ジギー・スターダスト」で有名になった頃、ミックはボウイの公認フォトグラファーとして約1年半以上に渡って同行するのです。

有名な作品としては「サックス・セッション」、ボウイとルー・リードとイギー・ポップの3ショット、ボウイとギタリストのミック・ロンソンが列車で食事をしている写真がよく知られています。その一方でボウイが祈りを捧げているところや、列車のシートに横になって眠る無防備な姿など、あまり知られていないオフショットも多く展示されています。

ヴィンテージ感が漂うイベントギャラリー

写真:篠宮 あかり

地図を見る

かつてボウイが「ミックは僕が自分自身を見るのと同じ視線で僕を見てくれる」と言っていたように、ミックが撮ったボウイの写真を見ると、非常にリラックスしているのが伝わります。お互いに確かな信頼関係を築いていたからこそ、ミックはボウイの魅力を最大限に引き出すことができたのかもしれません。

写真展の内容はほとんどが日本初、さらに半分以上が世界初公開の写真ということで、まだ見ぬボウイの一面に驚くファンも多いはず。しかも全作品のプリントを好きなサイズで購入できるチャンスです。ぜひお気に入りの一枚をオーダーしてみてはいかがでしょう?詳細なプライスリストはギャラリー受付で確認することができますよ。

ミックとボウイによるフォトセッションの映像も

ミックとボウイによるフォトセッションの映像も

写真:篠宮 あかり

地図を見る

中央のスクリーンには、2002年にミックのスタジオで行われたボウイとミックの最後のフォトセッションを1時間上映。長い付き合いの2人が息ぴったりな感じで撮影を進める様子がわかります。こちらも世界初公開の貴重なシーンとなるのでお見逃しなく!

その裏側では、ミックがプロデュースと監督を務めたボウイのミュージックビデオも。「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング」「ジーン・ジニー」「スペース・オディティ」「ライフ・オン・マーズ」の4作品をエンドレスで流していますよ。

ミック・ロックの写真集もポスター付きで販売

ミック・ロックの写真集もポスター付きで販売

写真:篠宮 あかり

地図を見る

こちらは2015年9月に出版されたミック・ロックの写真集「The Rise of David Bowie 1972-1973」。表紙はホログラムになっており、見る角度によってボウイの様々な表情が楽しめます。今回は会場、オンラインストアにて写真展のポスター3種類付きで販売。まだ手に入れていない方は要チェックです!

ボウイの意外な素顔に出会える「ミック・ロック写真展」

ボウイのキャリアでも重要な時代を取り続けた写真家ミック・ロック。ボウイとの信頼関係があるからこそ撮ることができた、貴重な写真の数々は必見です。記事内ではひとつひとつご紹介できないのでぜひ会場でご覧ください。

2017年2月現在、都内各地では「デヴィッド・ボウイ大回顧展」をはじめ、ボウイにまつわる展示がいくつか開催されています。ファンの方はたっぷり時間をとって「ボウイの展示を巡る旅」を満喫してみてくださいね!


展覧会名 : DAVID BOWIE by MICK ROCK /デヴィッド・ボウイ・バイ・ミック・ロック
会期 : 2017年2月25日 (土) 〜 3月13日 (月)
開館時間 : 12:00 - 20:00 (会期中無休)
入場料 : ¥500 (バッジ付き)
会場 : VACANT (東京都渋谷区神宮前 3-20-13)

(C)Mick Rock 1972,1973,2017

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ