グアテマラ第2の都市・シェラに行くべき5つの理由

| グアテマラ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

グアテマラ第2の都市・シェラに行くべき5つの理由

グアテマラ第2の都市・シェラに行くべき5つの理由

更新日:2017/03/06 17:34

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

グアテマラ第二の都市・シェラ。日本ではそんなにメジャーな街ではありませんが、地味ながら多くの魅力が詰まっている場所です。そこでここでは、シェラに行くべき5つの理由をご紹介。地域文化を味わえたり格安で習いごとができたりと、じつはグアテマラ観光で中心的な役割を担うような街なんです。

1.民族的なものと近代的なものが混在している

1.民族的なものと近代的なものが混在している

写真:中川 康雄

地図を見る

シェラ(ケツァルテナンゴ)はグアテマラ第二の都市ですが、近代的なだけでなく民族的な文化が色濃く混在しています。たとえば、中米発のファストフードのチェーン店「タコベル」などに入ってみると、そこにはマヤの民族衣装を着た人びとを見かけたり。また、地元の食堂では伝統的な料理も食べることもできます。

1.民族的なものと近代的なものが混在している

写真:中川 康雄

地図を見る

近代的なアパレルショップがあると思えば、露天などでマヤ文明の伝統的な民族雑貨や衣類なども目にすることができるでしょう。この近代的なものと民族的なものが混合しているのが、この街の大きな魅力のひとつとなっています。

2.街中には銭湯が、近くは温泉村まである

2.街中には銭湯が、近くは温泉村まである

写真:中川 康雄

地図を見る

そして海外では珍しいことに、この地域には日本と同じように湯船に浸かる文化があります。そのため、この街には銭湯が存在し、また、バスで20分くらい離れた場所には温泉村まであるのです。しかも、銭湯も温泉も基本的には個室。人目を気にすることなくゆったりとした時間を過ごすことができます。お湯の温度もとても高く、水で薄めないとはいれないほど。日本人の観光客にも好評なのです。

2.街中には銭湯が、近くは温泉村まである

写真:中川 康雄

地図を見る

しかも、それらの入浴料がとても格安!銭湯なら1人で行くと個室1時間が22ケツァール(約330円)、温泉なら10ケツァール(約150)と驚くほどのリーズナブルさ。これも地元に根付いた文化であることの証明のようなものでもありますね。

3.スペイン語の学習に没頭できる

3.スペイン語の学習に没頭できる

写真:中川 康雄

地図を見る

グアテマラはスペイン語圏の国。このシェラでは、集中してスペイン語を学べるのも魅力のひとつです。とくに観光地でもないので、語学の習得に集中することができます。学校も街の各所に点在しているので、自分のニーズや相性のよい学校を探しましょう。また、各学校ではホームステイも手配しています。ホームステイでは、地元の人びとのリアルな生活に触れられるだけでなく、スペイン語オンリーの生活になるので、語学の上達がとても早くなりますよ。費用は1週間、1日4時間のマンツーマンレッスンとホームステイで、110ドル(約12,000円)くらいからと格安。

また、短期の旅行の場合でも充分に楽しむことができます。1日から受講できるほか、この地方の伝統的な文化が学べるアクティビティに参加することができるのも魅力。

4.ヨガがインドよりも格安で習える

4.ヨガがインドよりも格安で習える

写真:中川 康雄

地図を見る

また、穴場ともいえるのがヨガ・レッスン。ここでは格安でヨガを学ぶことができます。具体的には、1回だけだと20ケツァール(約300円)、1週間で50ケツァール(約750円)、1ヶ月だと100ケツァール(約千五百円)でレッスンを受け放題と、凄まじいまで安さを誇っています。日本でいうと1回分のレッスン料で、1ヶ月もレッスンに参加することができます。この価格設定は日本どころか本場のインドよりもリーズナブル。それにもかかわらず、レッスン内容は本格的なもの。日本のスポーツクラブなどでのヨガのレッスンよりも、体力的にハードだったりもします。

5.ブランドものの古着が激安で買える

5.ブランドものの古着が激安で買える

写真:中川 康雄

地図を見る

またシェラは、古着が安く買えることでも有名。もともと民族衣装などの繊維系が得意ジャンルなグアテマラですが、アメリカなどから輸入された古着が爆安で購入できるのです。ここで古着を購入して日本で販売している業者もいるほど。ただ安いだけでなく、比較的状態のよいブランドものが隠れていたりもします。そういった掘り出し物を探してみるのもの楽しいです。ただ莫大な分量なので、なかなかお気に入りを探しだすのに根気が必要かもしれません。

おわりに

いかがでしたか?グアテマラ第二の都市・シェラに行くべき5つの理由。また、この街の近くには、中米最大規模でマヤの民芸品などが集まる町・チチカステナンゴがあったりと、この街を拠点にすることで、グアテマラという国を存分に堪能することができます。しかも、習い事まで格安でできる。お隣のメキシコほど開発もされていないので、その素朴さを気にいる人も多いことでしょう。いつの間にか長期ステイしていまう人が続出するほどの居心地の良さを誇っています。ぜひいつか訪れてみてください。きっとその魅力に気づくことができますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/15−2017/02/27 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ