香川で胸キュン!海が見えるおすすめデートスポット4選

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

香川で胸キュン!海が見えるおすすめデートスポット4選

香川で胸キュン!海が見えるおすすめデートスポット4選

更新日:2017/03/09 17:16

凜風 杏花のプロフィール写真 凜風 杏花 ライター

香川県には海辺のロマンティックな観光地がたくさん。「恋する灯台」に選ばれたガラスの灯台、夕焼けが素敵な「恋人の聖地」、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地など、胸がキュンキュンする場所を、ドラマの主人公のように二人で歩いてみませんか?

恋する灯台「せとしるべ」

恋する灯台「せとしるべ」

写真:凜風 杏花

地図を見る

「せとしるべ」の愛称を持つ「高松港玉藻防波堤灯台」は、JR高松駅から徒歩10分。透過性ガラスブロック1,600個で築かれ、内部からの光の照射によって灯塔全体を赤く輝かすというユニークなデザインは世界で初めて。2016年には「恋する灯台」にも選ばれました。

おススメ時間は夕暮れ時。灯台全体が赤く輝きだす幻想的な様子、遊歩道に灯るレトロな照明、海、船、島…時間が経つのなんかすっかり忘れてしまいそう。

恋する灯台「せとしるべ」

写真:凜風 杏花

地図を見る

この遊歩道を灯台に向かって歩いて行くときが一番の胸キュンタイム!

恋人の聖地「うたづ臨海公園」

恋人の聖地「うたづ臨海公園」

提供元:(公社)香川県観光協会

http://www.my-kagawa.jp/地図を見る

「恋人の聖地」に認定されている「うたづ臨海公園」はJR宇多津駅から徒歩8分。海沿いの遊歩道、瀬戸内海に沈む美しい夕陽、瀬戸大橋のライトアップ、という最高のロケーション!

「恋人の聖地」とは、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポットとして認定された場所。こんな風景の中でのプロポーズならオッケーしちゃいますよね…きっと!

恋人の聖地「うたづ臨海公園」

写真:凜風 杏花

地図を見る

昼間に行くなら、公園内の複合施設「うたづ海ホタル」にあるカフェレストラン「Burgers cafe」もおススメ。オーシャンビューのお店は、季節によって写真のようなテラス席の準備も。また、モーニングやランチ、パフェなどメニューの種類も多く、おなかもしっかり満たされます。お店の営業時間、定休日はMEMOの「うたづ海ホタル」HPでご確認ください。

恋人の聖地「うたづ臨海公園」

写真:凜風 杏花

地図を見る

恋人の聖地モニュメント横には、恋の成就を願うカップル達の「誓いの鍵」がいっぱい!

セカチューロケ地「純愛の聖地」

セカチューロケ地「純愛の聖地」

写真:凜風 杏花

地図を見る

セカチューといえば「世界の中心で、愛をさけぶ」。大ベストセラーとなった小説は、映画やドラマにもなり、大ブームを巻き起こしました。2004年春に公開された映画のロケ地・庵治町(あじちょう)は「純愛の聖地」と呼ばれ、今も多くのファンが訪れています。

レトロな雰囲気のこの建物は「純愛の聖地 庵治・観光交流館」。映画に登場した「雨平写真館」を復元したもので、カフェ・寫眞館の珈琲が営業され、特産庵治石の石臼で豆からひく石臼コーヒーや、シーフードメニューなど、たくさんの地元の味を提供中。

セカチューロケ地「純愛の聖地」

写真:凜風 杏花

地図を見る

重要な場面が多く撮影された「王の下沖防波堤」は、空と海、島を望む静かな雰囲気の中、二人でゆっくり語りあうにはぴったり。

手をつないで渡れば幸せになれる「エンジェルロード」

手をつないで渡れば幸せになれる「エンジェルロード」

写真:凜風 杏花

地図を見る

小豆島「エンジェルロード」は1日2回、干潮時に海の中から現れる不思議な道。大切な人と手をつないで渡ると、天使が舞い降りて、願いを叶えてくれると言われているロマンティックな場所。「恋人の聖地」や「縁結びスポット」として、多くのカップルが訪れ、映画やテレビドラマのロケ地として度々登場しています。

手をつないで渡れば幸せになれる「エンジェルロード」

写真:凜風 杏花

地図を見る

エンジェルロードすぐ横には「約束の丘展望台」があり、プロポーズの場所として人気。幸せの鐘も鳴らすことができます。

瀬戸内海は恋の味方

オーシャンビューだけでもロマンティック度は充分ですが、恋人の聖地、灯台、夕焼け、ロケ地まで加われば最強ですよ〜。詳細はMEMOのリンクをご参考に。香川県は恋する二人を応援しています!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/30−2017/03/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ