田舎寿司を食べながら梅の花を鑑賞!高知「嫁石梅まつり」

| 高知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

田舎寿司を食べながら梅の花を鑑賞!高知「嫁石梅まつり」

田舎寿司を食べながら梅の花を鑑賞!高知「嫁石梅まつり」

更新日:2017/03/07 17:56

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり モニターブロガー

高知市街から車を1時間弱走らせてたどり着く、土佐山の嫁石地区。そこは高知県の奥座敷であり、梅の里。山合いの川沿いを散策しながら、見渡す限りの梅の花を観賞することができます。「嫁石梅まつり」期間中は出店もあり、地元の食材を使ったちょっとした食事を楽しむこともできます。見た目も華やかな高知の郷土料理「田舎寿司」をいただきながら、視界一面に咲き誇る梅の花の景色と香りを思う存分堪能しに出かけてみませんか。

見渡す限り広がる梅の花

見渡す限り広がる梅の花

写真:野村 みのり

地図を見る

全部で1ヘクタールほどもある梅園には約1,200本の梅の木が植えられており、山々の遠景にたくさんの咲き誇る梅の花が相まって、幻想的で美しい景色が広がっています。まさに視界一面梅の花!といった状態になり、梅の花のいい香りに包まれ癒され気分。嫁石へ行くには、時には車がすれ違うのもひと苦労のような細い山道をクネクネ、クネクネと進んで行かないといけないのですが、そんな苦労をしてでも見に行く価値のある絶景が広がっているのです!

赤にピンクに白と、様々な種類の梅の花

赤にピンクに白と、様々な種類の梅の花

写真:野村 みのり

地図を見る

嫁石梅まつりが行われる桃園は、個人所有のもの。もともとは梅の実をとるために植えられた梅の木たちで、花の時期だけ一般公開されているのです。そのため植えられている品種は、鶯宿(おおしゅく)や白加賀などといった実を付ける梅の木が主になります。しかし、美しい紅色の花をつけたりといった花の鑑賞を目的とした花梅も所々にあり、赤やピンクに白、大きい花に小さい花などと、さまざまな趣向の梅の花を愛でることができるのです。

川のせせらぎと梅の花

川のせせらぎと梅の花

写真:野村 みのり

地図を見る

梅園を散策しながら梅の花を楽しむことができる嫁石梅まつり。広場以外は、結構アップダウンのある散策道となっています。低い場所で下から梅の木を見上げて頭上一面の梅の花を味わうもよし、高い場所から眼下にまるで梅の花の海のような風景を堪能するもよし。さまざまな角度から梅の花を楽しむことができるのがこの梅園の醍醐味です。そして梅園のすぐ横には川が流れていて、そのせせらぎを聞きながら梅の花を眺めるのもまた一興です。

カップルで座ると結ばれる!?地名の由来でもある「嫁石」

カップルで座ると結ばれる!?地名の由来でもある「嫁石」

写真:野村 みのり

地図を見る

かつて往還道としてにぎわっていたこの地には、嫁入りする時に花嫁さんが休憩のために座ったという大きな岩があることから、「嫁石」という地名になったと言われています。その地名の由来となった大きな石がこの梅園の中にあり、「嫁石」として祭られています。この嫁石にカップルで座るとふたりは結ばれるとも言われている、パワーストーンなのです。

高知の郷土料理「田舎寿司」を食べながら

高知の郷土料理「田舎寿司」を食べながら

写真:野村 みのり

地図を見る

寿司ネタには魚を使わず、タケノコやこんにゃく、みょうがにチャーテ(はやとうり)といった山でとれる野菜などを。寿司飯には高知特産のゆず果汁をお酢代わりに使うという、高知の山間部で見られる郷土料理があります。上品で優しい自然の味がし、見た目もカラフルな「田舎寿司」です。梅まつり期間中はいくつか出店があり、田舎寿司も販売されています。ぜひ高知を味わいながら梅鑑賞を楽しんでくださいね。

高知の郷土料理「田舎寿司」を食べながら

写真:野村 みのり

地図を見る

園内には所々に、番傘が立てられ赤い毛せんが敷かれたテーブルや、切り株のベンチなどが置かれています。こちらに腰かけて田舎寿司をつまみながらの梅観賞というのも、なかなか風流ではありませんか。

高知の土佐山・嫁石梅まつりで梅の花と田舎寿司を!

広い梅園の散策はいかがでしたでしょうか。高知の奥座敷の山合いで、梅の木の下のお散歩、川辺のお散歩と、きっと心癒されることでしょう。高知の土佐山、嫁石梅まつりは、毎年2月半ばから3月半ばまで開催されます。美しい梅の花の洪水と清らかな梅の香り、そして高知ならではの田舎寿司を楽しみに、自然豊かな嫁石に訪れてみませんか。

※2017年の開催期間は、2月18日(土)〜3月20日(月・祝)です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ