カンチ、聖地訪問しよ!愛媛の絶景駅「梅津寺駅」はあの超有名ドラマのロケ地

| 愛媛県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

カンチ、聖地訪問しよ!愛媛の絶景駅「梅津寺駅」はあの超有名ドラマのロケ地

カンチ、聖地訪問しよ!愛媛の絶景駅「梅津寺駅」はあの超有名ドラマのロケ地

更新日:2017/03/09 16:05

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

愛媛県には瀬戸内海沿いに鉄道が走っていることから、海を満喫できる駅が多いですが、今回ご紹介する梅津寺駅もその一つ。さらにこの駅は当時社会現象とまで言われた有名なドラマのロケ地でもあるのです。ぜひ絶景+聖地を同時に楽しめる梅津寺駅へ行ってみてください。

伊予鉄道高浜線、梅津寺駅

伊予鉄道高浜線、梅津寺駅

写真:岡本 大樹

地図を見る

愛媛は松山市にある梅津寺(ばいしんじ)駅。伊予鉄道高浜線の駅の一つですが、あるドラマのロケ地に使われたことにより、そのドラマが終わってからも多くの人が訪問し聖地とされている場所です。

ただ1991年に大人気を博し一世を風靡した有名なドラマではありますが、作中で出てきたのはほんの数分程度だったので、毎週欠かさず観ていた!という方でもこの写真だけではわからないかもしれません。

90年代を代表するドラマ『東京ラブストーリー』

90年代を代表するドラマ『東京ラブストーリー』

写真:岡本 大樹

地図を見る

駅のホームの柵には赤い看板が掲げられ、ロケ地となったまさにその場所を示しています。そのドラマというのは『東京ラブストーリー』。しかも、最終話のとても重要なシーンでの登場でした。

この柵に別れを告げるハンカチがくくりつけられていたシーンはとても印象的だったので、パッと見てこの駅のことを思い出せなくても、そのシーンは思い出せるのではないでしょうか。

90年代を代表するドラマ『東京ラブストーリー』

写真:岡本 大樹

地図を見る

『東京ラブストーリー』というと、とてつもない人気を誇ったドラマとして90年代を代表するテレビドラマの一つと言われています。リアルタイムで観ていなかった世代の人であっても、「観たことはないけどタイトルは知っている」という人は多いはず。

社会現象とまで言われた伝説ドラマだったこともあり、放送終了後にはドラマのワンシーン(実際は別れのシーンではありますが…)にあやかり、ホームの柵にハンカチをくくりつける人が続出したほど。

20年以上が経った現在では、看板近くに数枚のハンカチがくくられている程度ではありますが、聖地として訪れる人が今もいることがよくわかります。まだ行ってないファンの方、ぜひ一度ホームに立ってドラマの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

ロケ地としてだけではない梅津寺駅の魅力

ロケ地としてだけではない梅津寺駅の魅力

写真:岡本 大樹

地図を見る

すでに写真を見てお分かりかと思いますが、梅津寺駅の持つ魅力はロケ地としてのものだけではありません。

ホームのすぐ向こうには瀬戸内海が広がっているのです。愛媛県の絶景駅といえば下灘(しもなだ)駅がとても有名ですが、海の近さで言えば梅津寺駅の方が上です。なんといってもホームの柵の向こうにはすぐ砂浜と海が広がっているのですから。

ロケ地としてだけではない梅津寺駅の魅力

写真:岡本 大樹

地図を見る

こちらがホームから見た海の景色です。どう見ても海に遊びに来たという視線ですが、この景色が電車から降りたら目の前にあるのです。

梅津寺駅までのアクセス

梅津寺駅までのアクセス

写真:岡本 大樹

地図を見る

梅津寺駅は松山市からローカル線伊予鉄道高浜線に乗っていくアクセスとなり、松山市駅から20分程で到着します。景色を見るためにぶらりとローカル線に乗ってみるというのも、のんびりとした旅を満喫できる良いコースだと思いますよ。

ちなみに、車で訪れた場合であっても駅のスタッフの方に一声かければホームの見学は自由にすることができます。撮影も可能ですが、ホームの中に線路が通っているので危険なことは避け、マナーを守って散策してくださいね。

梅津寺駅で『東京ラブストーリー』の世界に浸ろう

梅津寺駅は愛媛のローカル線の一つの駅ではありますが、とても魅力ある駅です。『東京ラブストーリー』のファンはもちろんのこと、ドラマを観ていないという方でも充分楽しむことができると思いますよ。

また、高浜線の終点である高浜駅は梅津寺駅の一つ隣の駅ですが、こちらは映画『真夏の方程式』でロケ地に選ばれた駅。お時間があればぜひ高浜線でロケ地駅巡りをしてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ