京都観光の穴場!大原三千院から寂光院へ、紅葉散策ぶらり旅

京都観光の穴場!大原三千院から寂光院へ、紅葉散策ぶらり旅

更新日:2021/10/07 14:51

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家
京都の隠れ里、大原。京都市内の観光地から離れた山里は、心静かな時を過ごしたい旅人におすすめ。「三千院」「寂光院」「勝林院」といった、古色ゆかしい天台宗の寺院が優しくひっそりたたずみ、四季それぞれの美しさを彩りながら、一抹の寂しさも感じられます。桜や新緑、アジサイ、雪景色など、一年を通して楽しめますが、紅葉時期の透き通る秋も美しい。大原でぜひ巡っていただきたい観光スポットと散策コースをご紹介します。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

紅葉、桜の名所!京都・大原三千院

紅葉、桜の名所!京都・大原三千院

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

京都、大原の里。古くから貴人や修行者の隠棲(いんせい)地として知られています。静かな山里は、微かな愁いを含み、たくさんの歌にも詠まれてきました。

大原へは、京都市内から「京都バス」に乗ってアクセスしましょう。「大原バス停」を降り、参道の“桜の馬場”を歩くと、高い石垣に囲まれた風格のある門が見えてきます。こちらが、「三千院」の玄関口となる御殿門(ごてんもん)。

紅葉、桜の名所!京都・大原三千院

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

三千院は、「三千院門跡(さんぜんいんもんぜき)」と呼ばれ、最澄が比叡山に建てた庵が長い歴史の始まり。「天台宗・五ケ室門跡寺院」のうちの一つです。

見どころは、2つの美しい庭園。一つは、客殿の前に広がる「聚碧園(しゅうへきえん)」。もう一つは、写真の宸殿(しんでん)の奥に見える「有清園(ゆうせいえん)」。苔むす庭は、四季それぞれに柔らかで美しい表情を見せ、心静かな時を過ごすことができます。

紅葉、桜の名所!京都・大原三千院

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

有清園にたたずむ「往生極楽院(おうじょうごくらくいん)」は、最大の見どころの一つ。お堂内には、阿弥陀三尊像の美しいお姿があり、慈悲深い、清らかで優しいお顔に心が安らぎます。秋の紅葉時期は透き通るように美しいので、ぜひご拝観ください。

※三千院の見どころについて記事にまとめていますので、関連MEMOに張り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

<天台宗 京都大原 三千院門跡の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原来迎院町540
電話番号:075-744-2531
アクセス:京都バス「大原バス停」から徒歩10分
拝観時間:9:00〜17:00(変動あり)
拝観料金:大人700円

三千院から来迎院、勝林院、宝泉院

三千院から来迎院、勝林院、宝泉院

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

大原は、のどかな自然のなかに名刹が点在。紅葉や雪景色、桜、アジサイ、彼岸花など、季節の花に誘われて、三千院界隈の散策も楽しみましょう。

おすすめは、「来迎院(らいごういん)」。平安時代に慈覚大師(円仁)が創建。天台声明(てんだいしょうみょう)の発祥地で知られます。

<来迎院の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原来迎院町537
電話番号:075-744-2161
アクセス:京都バス「大原バス停」から徒歩15分

三千院から来迎院、勝林院、宝泉院

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

「勝林院(しょうりんいん)」もすぐ近く。平安時代に寂源が創建。こちらの寺院も、天台声明発祥の寺院で、来迎院よりも約100年前に建立されました。2つの寺院を中心に、大原東部の寺院群は、念仏修行の根本道場となり、「魚山(ぎょざん)大原寺」と総称されるようになります。

<勝林院の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原勝林院町187
電話番号:075-744-2537(実光院)
アクセス:京都バス「大原バス停」から徒歩15分

三千院から来迎院、勝林院、宝泉院

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

「宝泉院(ほうせんいん)」は、勝林院の塔頭。「盤桓園(ばんかんえん)」は最大の見どころの一つ。額縁庭園の典型として名高い名庭園で、お抹茶と一緒に楽しむことができます。「立ち去りがたい」という意味を持つ、名庭園の「盤桓園」。ずっと、いつまでも眺めていたくなります。

<宝泉院 (ほうせんいん)の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原勝林院町187
電話番号:075-744-2409
アクセス:京都バス停「大原」から徒歩15分

実光院、京都土産巡りも楽しもう

実光院、京都土産巡りも楽しもう

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

実光院(じっこういん)は、勝林院の子院。名庭園の「契心園(けいしんえん)」は見どころの一つ。秋の紅葉時期の11月と、春の4月に満開になる珍しい「不断桜(ふだんざくら)」は有名です。

<実光院(じっこういん)の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原勝林院町187
電話番号:075-744-2537
アクセス:京都バス停「大原」から徒歩12分

実光院、京都土産巡りも楽しもう

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

三千院界隈だけでなく、寂光院までの散策もぜひ楽しみましょう。三千院から寂光院まで約1.7キロメートル(徒歩約30分)。
大原バス停から西へ。参道の「大原女(おおはらめ)の小径」には、たくさんのお土産店が並び、とてもにぎやか。古民家風のカフェやランチの店なども多く、休憩スポットがたくさん。

京土産でおすすめは、お漬物。「千枚漬(写真)」「すぐき漬」「しば漬」は、京都の三大漬物と呼ばれています。自然の甘みがあり、とてもおいしい。

実光院、京都土産巡りも楽しもう

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

女性に人気の可愛くておいしいスイーツに出会えるのも魅力。おすすめは「味噌庵」。自家製の味噌はコクがあり、京都・大原でしか出会えない味。「アイス最中」「あめ」「生キャラメル」「生チョコレート」といった、白みそを使ったスイーツも味わうことができます。

大原ではかつて、女性行商を「大原女(おはらめ)」と呼んでいました。今も「大原女まつり」や、大原女姿のかわいい売り子さんに出会うことができます。
ちなみに、寂光院に穏棲していた建礼門院に仕えた阿波内侍(あわのないし)が着ていた衣装が、「大原女装束」のモデルとされています。

<味噌庵(雲井茶屋)の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原草生町31
電話番号:075-744-2240
アクセス:京都バス停「大原」から徒歩約15分

三千院から寂光院へハイキング

三千院から寂光院へハイキング

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

大原の里に、ひと際優しく、ひっそりたたずむ寺院が「寂光院(じゃっこういん)」。聖徳太子が用明天皇(父親)の菩提を弔うために創建したと伝えられます。

寂光院へのアクセスは、京都バス停「大原」から徒歩約15分。途中の参道には駐車場がありますが、紅葉時期などの行楽シーズンはたいへん混雑します。

三千院から寂光院へハイキング

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

四季折々に美しい表情を見せる寂光院ですが、紅葉時期は格別の美しさ。参道や境内を赤く染める、色鮮やかな紅葉に心を奪われます。

三千院から寂光院へハイキング

提供元:京都フリー写真素材

http://photo53.com/地図を見る

寂光院は、紅葉だけでなく、桜の隠れた名所。遅咲きの桜を楽しむことができます。後白河法皇が歌に詠んだ名木「みぎわの桜」は有名。桜の季節もぜひご参拝ください。

紅葉、庭園も美しい!大原・寂光院

紅葉、庭園も美しい!大原・寂光院

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

寂光院は、天台宗の尼寺。平清盛の娘で、安徳天皇の母、建礼門院(けんれいもんいん)が、隠棲(いんせい)した場所でも知られています。

建礼門院は、檀ノ浦の戦いで入水しますが、源氏に助けられ、その後、都に戻されて出家。寂光院に庵をむすび、滅亡した平家一門と、自身の子である安徳天皇の菩提を弔い、冥福を祈り続けました。

紅葉、庭園も美しい!大原・寂光院

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

寂光院は、庭園が美しいのでぜひご覧ください。“汀の池”と呼ばれる池泉庭園などがあり、京都らしい苔庭の風情を感じることができます。
寂光院は、『平家物語』に登場する聖地。静寂の中、隠棲する建礼門院のもとに、後白河法皇が訪ねる、大原御幸(おおはらごこう)の名シーンを思い出される方は多いのではないでしょうか?

紅葉、庭園も美しい!大原・寂光院

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

写真は、寂光院の本堂。最近まで、淀殿・豊臣秀頼の命で再興された本堂が残っていたのですが、たいへん悲しいことに放火による火災で焼失。ご本尊さまの地蔵菩薩立像(重要文化財)も損傷しましたが、今は修復され、春と秋の特別公開の時に旧ご本尊さまを拝観することができます。

<寂光院の基本情報>
住所:京都府京都市左京区大原草生町676
電話番号:075-744-3341
アクセス:京都バス停「大原」から徒歩15分
拝観時間:9:00〜17:00(変動あり)
拝観料金:大人600円

京都・大原で、のんびりハイキング&宿泊も

ご紹介した京都・大原の散策コースの所要時間については以下をご参考にしてください。
「京都バス大原」→(約10分)→「三千院」→(約3分)→「実光院」→(約3分)→「宝泉院」→(約3分)→「勝林院」→(約3分)→「来迎院」→(約40分)→「寂光院」→(20分)→「京都バス大原」

大原には、「芹生(せりょう)」といった料理旅館があり、京都市内の観光地から離れ、静かな山里に宿泊し、湯豆腐懐石や温泉でのんびり過ごすのもおすすめ。
なお、京都観光でおすすめの散策コースや紅葉スポットなどについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

2021年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -