この道を行けばどうなるものか。和歌山にある鉄塔をくぐる道が珍百景!

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

この道を行けばどうなるものか。和歌山にある鉄塔をくぐる道が珍百景!

この道を行けばどうなるものか。和歌山にある鉄塔をくぐる道が珍百景!

更新日:2017/03/14 15:08

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

和歌山県南部に位置する田辺市。ここにはまるでエッフェル塔のように鉄塔をくぐって走る道があるのです。しかもその鉄塔は住宅街の道路をまたぐように2つもあり、初めて走る人なら必ず驚くような違和感のある風景を構成しています。全国の道路マニアの中でも知る人ぞ知る、和歌山の鉄塔くぐりロードをご紹介します。

和歌山県南部の中心、田辺市

和歌山県南部の中心、田辺市

写真:bow

地図を見る

その面積が近畿地方最大という和歌山県田辺市は紀伊半島南部に広大な面積を占めています。海にも接し、旧龍神村や熊野本宮大社など山間部もかなり広範囲にわたっています。

そんな田辺市の中枢は市役所などが置かれる海沿いの地域。その田辺市中心部、JR紀勢本線・紀伊田辺駅の東に位置する高台の住宅街に、非常に珍しい光景があるのです。

思わず二度見!鉄塔くぐり

動画:bow

地図を見る

その珍しい光景とは、送電鉄塔をくぐり抜ける道!しかも鉄塔が1つだけではなく2つもくぐり抜けていくのです!何はともあれ動画をご覧いただきたい。

人家のないような郊外であれば鉄塔をくぐるような道があってもいいのでしょうが、ここは歴とした住宅街。その住宅街を貫く主要道路に沿って送電鉄塔が並んでいるというのが実に珍しい光景なのです。

実際にその道路を走る動画をご覧いただければ、その違和感をまじまじと感じていただけるかと思います。

動画:bow

地図を見る

逆方向から進入する動画もご覧ください。高台へ向けて勾配を上げていく道、そして見えてくる鉄塔。そして悠然を鉄塔をくぐり抜ける道。なんだかゲームにでも出てくる道のように思えて道路マニアには堪らない道なのです。

鉄塔を2つくぐる点が珍しさを引き立てる

鉄塔を2つくぐる点が珍しさを引き立てる

写真:bow

地図を見る

鉄塔をくぐるような道路であれば、日本にもいくつか例があるかと思います。しかしそれが短い間隔で二度も、更に住宅街のど真ん中に存在するというケースは非常にレア。

普通であれば、送電鉄塔の周りには立ち入りを制限するようなフェンスなどが設けられていることもしばしば。このように生活圏内に溶け込んでしまっている点が違和感を持つポイントなのでしょう。

鉄塔を2つくぐる点が珍しさを引き立てる

写真:bow

地図を見る

しかしながら地元住民はこのような鉄塔を毎日見上げながらもごくごく普通に生活をしているわけです。この道を行き交う人や車は何の問題もなく普通に通っていきます。その様子を見ていると自分の感覚の方がおかしいのかもと錯覚してしまいそうになる、何とも不思議な道路でもあるのです。

驚くべきは鉄塔利用法

驚くべきは鉄塔利用法

写真:bow

地図を見る

この道の珍しさを増幅させているのは、ただ単に道路をまたいでいるだけでなく、鉄塔が交差点の一部として成り立っている点にあります。実は鉄塔の支柱が綺麗に交差点の四隅に配置され、鉄塔の中心が十字路交差点の中心となっているのです。

驚くべきは鉄塔利用法

写真:bow

地図を見る

地上からの高さ5mにある鉄塔の梁の部分には「一旦停止」や「交差点注意」などと表記され、鉄塔も交差点の一部として有効利用されているのです。

土台の部分も他の鉄塔と形状も異なる2つの道路をまたいだ鉄塔。このような特注仕様をもってしてまでここに建てられたのは白浜町、田辺市、みなべ町を結ぶ関西電力の送電網上にこの住宅街が重なってしまったためと思われます。

迷わず行けよ行けばわかるさ、鉄塔ロード

和歌山県の鉄塔をくぐる道は、国道ではないため全国の道路マニアにもあまり知られていない存在。しかし、この名も無き道は走ってみれば「なんじゃこりゃ!」と驚いてしまうほどのインパクトを持ち合わせています。紀伊半島へお出かけの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -