隠れたパンケーキ激戦区・自由が丘を食べ歩く!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

隠れたパンケーキ激戦区・自由が丘を食べ歩く!

隠れたパンケーキ激戦区・自由が丘を食べ歩く!

更新日:2013/12/27 17:32

恋真乃 麻波のプロフィール写真 恋真乃 麻波 江戸ソバリエ、ご当地ソフトマニア

ここ数年、海外の有名なパンケーキ屋さんが東京・表参道を中心に数多く出店していますが、スイーツの街で有名な自由が丘も負けていません!ケーキやベーグル、ドーナッツなどのお店がひしめきあう中で、オリジナリティ溢れるパンケーキが食べられるお店を5つご紹介いたします。

晴れた日には見晴らしの良い『BAKE SHOP』へ

晴れた日には見晴らしの良い『BAKE SHOP』へ

写真:恋真乃 麻波

地図を見る

正面口を出て東へ3分ほど歩くと、オリジナル家具やオシャレな生活雑貨が並ぶIDÉEのビルがあります。その4階にあるBAKE SHOPは、ガラス張りの窓が開放的なちょっぴりアメリカンなカフェ。

「BAKE=焼く」という店名が表す通り、焼き菓子やキッシュにパンといった、オーブンを使用した豊富な料理が揃います。その中において密かな人気なのがパンケーキ。季節の果物をあしらったそれを楽しみに、シーズン毎に訪問するリピーターさんも多いのだとか。

筆者が訪問した際は、ブルーベリーとラズベリーの酸味がほどよいシンプルなパンケーキを頂きました。


【 BAKE SHOP 】
住所: 東京都目黒区自由が丘2-16-29 IDEE SHOP Jiyugaoka 4F
電話: 03-3723-2040
営業時間: 9:30-20:00(月-木)・9:30〜22:00(金・土・日・祝)
定休日: 不定休

自由が丘にアメリカを発見!『News Cafe』

自由が丘にアメリカを発見!『News Cafe』

写真:恋真乃 麻波

地図を見る

味も雰囲気も飾ってある小物も、すべてがアメリカの食堂をそっくりそのまま持ってきたようなお店。それが『News Cafe』。

自由が丘といえば、おしゃれなお店が多いことでも有名ですよね。でも、ここは”いい意味”で異世界。アメリカのどこにでもある食堂が再現されていると言っても過言ではないでしょう。

それはメニューにも現れています。

日本ではなかなかお目にかかれないアメリカの伝統料理が、ここでは食べられるんですよ。その中の1つがパンケーキなのです。オーナーさん自らアメリカ中のパンケーキを食べ歩いてメニューを考えているとのこと。しかも最近流行りのそれとは異なり、昔から愛されている味を食べられる数少ないお店なのです。

写真のアップルシナモンパンケーキは、スライスしたリンゴをたっぷり1/2個使用。他にも、ダッチオーブンを使用したダッチパンケーキや、そば粉のパンケーキなど珍しいメニューが豊富なので、何度でも足を運びたくなっちゃいます。

【 News Cafe 】
住所: 東京都目黒区自由が丘2-9-11
電話: 03-3725-6450
営業時間: 12:00-22:00(月・木・金・土)・12:00-19:00(火・日・祝)
定休日: 毎週水曜日、第2・第4火曜日

老舗パンケーキ店といえば、ここ!『花きゃべつ』

老舗パンケーキ店といえば、ここ!『花きゃべつ』

写真:恋真乃 麻波

地図を見る

自由が丘がスイーツの街と呼ばれるようになるずっと昔から、地元の人たちに愛されているパンケーキ屋さんが、ここ『花きゃべつ』。目の前を通る呑川緑道には、春には桜のトンネルが現れることでも有名で、その他の季節でも特等席を求めて行列ができるのだとか。

人気の秘密は景観だけではなく、メニューへの拘りもすごいのです!

ハロウィンやクリスマスなどイベントがある時期には、必ずかわいい限定メニューが登場します。また常時50種類ほどのパンケーキメニューが用意されているので、食べたいものが多すぎて困ってしまうほど。デザート系はもちろんのこと、お肉を使ったお食事系もあるんですよ。

写真は、9・10月限定のパンプキンパンケーキ。パンケーキそのものはノーマルですが、横に添えられたプリンとクリームがパンプキン味になっています。


【 花きゃべつ 】
住所: 東京都目黒区自由が丘1-7-3 自由が丘第一マンション1F
電話: 03-3724-0310
営業時間: 9:30-21:00
定休日: 不定休

オシャレ過ぎて困っちゃう!? 『j.s.パンケーキカフェ』

オシャレ過ぎて困っちゃう!? 『j.s.パンケーキカフェ』

写真:恋真乃 麻波

地図を見る

南口を出て徒歩2分ほどの好立地にある『j.s.パンケーキカフェ』は、大人気のセレクトショップであるジャーナルスタンダードが運営するパンケーキ専門のカフェ。

目の前の緑道を見渡すような景観は、唯一無二の癒しスポットで、駅からほど近いこともあり、週末ともなれば大行列ができるほど人気のお店なのです。

メニューにはランチセットやお食事系パンケーキもあり、これがオシャレかつ遊び心満載で、目にも楽しいパンケーキにワクワクが止まりません!

写真のチーズフォンデュパンケーキは、冬が近づく頃に登場します。


【 j.s.パンケーキカフェ 】
住所: 東京都目黒区自由が丘1-8-7 3F
電話: 03-5731-1185
営業時間: 11:00-21:00(月-土)・11:00-20:30(日・祝) 
定休日: 不定休

ふんわり肉厚パンケーキといえば『TODAY’S TABLE』

ふんわり肉厚パンケーキといえば『TODAY’S TABLE』

写真:恋真乃 麻波

地図を見る

先に紹介した4店舗はけっこう有名なのですが、最後に紹介するのは、駅から少し遠いこともあってか実はあまり知られていない隠れスポットの『TODAY’S TABLE』。

1-2階は輸入食品やオシャレな食料雑貨などの販売。3階が旬の食材にこだわったオープンキッチンのカフェになっています。

パンケーキはプレーン味の1種類のみ。そこへ数種類の中から好みのトッピングを選ぶスタイル。写真は、プレーンパンケーキ(700円)にバナナとペカンナッツ(250円)をトッピング。4-5cmはあるだろう厚みに、知らずにオーダーしたらびっくりすること必至。本物の”外はカリッと中はふんわり”を体験できますよ。

【 TODAY’S TABLE 】
住所: 東京都目黒区自由が丘2-17-8 3F
電話: 03-5729-7160
営業時間: 11:00-24:00(日-木)・11:00-28:00(金・土・祝前日)
定休日: 不定休

(地図では裏道の方が表示されてしまいますが、牛角と同じビルにありますのでご注意ください。)

ここでしか食べられない味を求めて

週末ともなれば車道にあふれんばかりの人で賑わう自由が丘。スイーツの街と呼ばれるようになって久しく、空気すら甘いのでは!?と思えてしまうほどデザート系のお店がたくさんありますが、こんなにもパンケーキに拘りを持ったお店があるというのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

たくさんのお店の中から選ぶのは至難の業ですが、あえてパンケーキに絞ってみるというのも乙ですよね。

デートやお買い物の途中に、あるいは観光のついでに。デザート系から食事系まで、ここでしか食べられないメニューも多いので、ぜひ立ち寄ってみてください。

それでは、どこかの旅先でお会いしましょう♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/01−2013/11/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -