桜の絶景を郷土色豊かに楽しめる!千葉県の花見名所5選

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

桜の絶景を郷土色豊かに楽しめる!千葉県の花見名所5選

桜の絶景を郷土色豊かに楽しめる!千葉県の花見名所5選

更新日:2017/03/20 17:26

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

千葉県の花見名所はサイクリングロードや城跡、鉄道のローカル線など実にバラエティー豊かな環境で桜の絶景を楽しめます。この豊かな郷土色こそが、千葉県の魅力そのもの。東京周辺からのアクセスも良好な近場なのに、遠距離の大旅行をした気分が味わえるので、旅行好きな人なら大感激間違い無しです!
今回紹介した桜の絶景は、「数年分のお花見」を満喫した気分になる程の、特別な満足感を味わえる花見名所ばかりです!

サイクリングロードが絶景の桜並木に!花見川の桜(千葉市花見川区)

サイクリングロードが絶景の桜並木に!花見川の桜(千葉市花見川区)

写真:藤田 聡

地図を見る

千葉市には、その名もズバリ「花見川区」があり、「花見」の文字が入った日本で唯一の政令指定都市の区です。しかし、花見名所としては「千本桜緑地」が、近年少しづつ知られて来た程度。逆に言えば、穴場の花見を楽しめる区です!

花見川沿いも写真のように絶景ですが、花見名所としては完全に無名。実は桜よりも、「花見川サイクリングロード」として自転車道の方が有名なのです。満開の桜並木は素晴らしい景観ですが、花見客は少数派で自転車が平然と快走している程。断然快適に花見が出来る、おすすめの超穴場です!

花見川のお花見ポイントは、県道72号線の亥鼻橋が目印。詳細な場所は、写真右下の「地図を見る」をクリックすると、撮影地が表示されます。

昼間も夜桜ライトアップも絶景!佐倉城址公園の桜(佐倉市)

昼間も夜桜ライトアップも絶景!佐倉城址公園の桜(佐倉市)

写真:藤田 聡

地図を見る

佐倉市は、首都圏最大級の規模を誇る「佐倉チューリップフェスタ」で知られますが、実は佐倉城址公園の桜も絶景。チューリップ祭りの前半は、桜の花見も同時に楽しむのがおすすめです!佐倉城址公園の桜は、何故か写真のように細長い樹形をしており、まるでポプラか何か別の木に見える程。これでも染井吉野とのことで、驚かされます。

他にも「屏風桜」と呼ばれる夜桜ライトアップも行われ、国立歴史民俗博物館の特別開館(無料)により、ロビーから楽しめます。佐倉城址公園の桜については、別の記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

千葉の春を代表する絶景!いすみ鉄道「桜と菜の花」(いすみ市・大多喜町)

千葉の春を代表する絶景!いすみ鉄道「桜と菜の花」(いすみ市・大多喜町)

写真:藤田 聡

地図を見る

千葉の春を代表する絶景といえば、いすみ鉄道の菜の花。黄色に塗装された車両の「ムーミン列車」が、菜の花とマッチしています。4月に入って桜が見頃になると、一層絶景で断然おすすめ。いすみ鉄道「桜と菜の花」については、別の記事で詳細に紹介しましたので、併せてご覧下さい。

千葉県の一本桜もおすすめ!吉高の大桜(印西市)

千葉県の一本桜もおすすめ!吉高の大桜(印西市)

写真:藤田 聡

地図を見る

千葉県には、穴場の一本桜も多数あります。中でも特に絶景なのが、印西市の「吉高の大桜」。一般的な知名度は低いかもしれませんが、珍しい山桜の一本桜として、知る人ぞ知る桜です。

印西市内には、夜桜ライトアップも楽しめる花見名所「小林牧場の桜」もあるので、昼から夜まで楽しめます。「吉高の大桜」と「小林牧場の桜」については、別の記事で詳細に紹介しましたので、併せてご覧下さい。

一晩中楽しめる夜桜ライトアップ!茂原公園(茂原市)

一晩中楽しめる夜桜ライトアップ!茂原公園(茂原市)

写真:藤田 聡

地図を見る

茂原公園は、ライトアップで知られる花見名所。千葉県を代表する夜桜の名所なので、昼間だけでなく夜間も混雑します。

夜桜のライトアップは通常深夜に終了しますが、茂原公園では一晩中実施しているので、真夜中や夜明け前に訪れる事も可能。流石に真夜中には写真の通り閑散としおり、正直言って寂しく感じる程ですが、照明が非常に明るいので危険は感じません。著名な観光地も時間差で攻略すれば、快適にお花見出来ます!

茂原公園は、忙しくて花見が全く出来なかったという方に、特におすすめ。金曜日の真夜中に突然思い立って車を走らせれば、未明の茂原公園で夜桜と明け方の花見を短時間に満喫出来ます!

千葉県の花見名所の後は、穴場の一本桜巡りもおすすめ!

今回紹介した千葉県の花見名所に行き尽したら、穴場の一本桜巡りもおすすめです。花見というと、桜の本数が沢山ある方が賑やかで良いように思いますが、大木の一本桜にも、それに負けない魅力があるのです。

むしろ、一本桜の魅力に気付くと、普通の花見名所よりも、一本桜にこだわって巡りたくなる程で、まさにハマってしまいます。一年に一度しか来ない花見シーズンを存分に満喫して、桜の生命力をお裾分けして貰って元気になりましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/02−2016/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ