大鳥居とのコラボも!宮島オススメ桜撮影スポット5選

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大鳥居とのコラボも!宮島オススメ桜撮影スポット5選

大鳥居とのコラボも!宮島オススメ桜撮影スポット5選

更新日:2017/03/17 17:03

高野 祥のプロフィール写真 高野 祥 絶景フォトグラファー、グルメレビュアー

世界的に人気の観光地、広島・宮島は名産品として”もみじ饅頭”があるぐらい紅葉の名所として名高いですが、実は春のお花見シーズンも楽しめるスポット。桜を撮影するにもオススメ!島内にはロープウェーやハイキングコースなどもあり、桜スポットはたくさん点在していますが、今回は気軽に周れる桜撮影スポット5つをご紹介いたします。

厳島神社越しの桜

厳島神社越しの桜

写真:高野 祥

地図を見る

宮島(厳島)で皆さん必ず立ち寄る場所といえば厳島神社。ユネスコの世界文化遺産にも登録されており、世界各地から観光客が訪れる人気スポット。宮島のアイコンともなっている大鳥居のほうを向いて撮影する人が沢山いますが、桜の時期は山側も狙ってみましょう!

フェリー乗り場から厳島神社へ向かって海岸沿いを歩いていると、目の前に大鳥居が現れる撮影に最適なスポット"御笠浜"が現れます。そこから海側を向いて大鳥居を撮影するとイイ写真が撮れますが、厳島神社のある山側を向いて見るとピンク色の桜がチラホラと。

厳島神社越しの桜

写真:高野 祥

地図を見る

厳島神社の入口から右手の景色を狙ってみると、厳島宝物館の奥にある多宝塔が望めます。厳島神社は朝6:30から参拝可能なので、朝イチを狙って行くと観光客が居ない景色を楽しめますし、ゆっくり散策できるでしょう。

厳島神社越しの桜

写真:高野 祥

地図を見る

多宝塔の周辺にも桜が咲くので、そちらへ足を伸ばして見るのもオススメ。厳島神社の出口真正面にある厳島宝物館右手に石段があり、そこを少し登って行くと多宝塔へアクセスできます。

厳島神社裏手には風情ある桜並木が!

厳島神社裏手には風情ある桜並木が!

写真:高野 祥

地図を見る

厳島神社本殿の裏側付近もおすすめスポット。神社の出口を出て左手側へ進んで行くと素敵な桜並木があります。小規模ですが小川と桜のコラボが良い雰囲気を醸し出しているので、寄り道してみましょう。

厳島神社裏手には風情ある桜並木が!

写真:高野 祥

地図を見る

紅葉谷公園や宮島ロープウェー紅葉谷駅へ向かう道すがらにあるので、そちらも観光してみてはいかがでしょうか。特にロープウェーで登った先にある弥山(みせん)展望台からの360度パノラマビューは一見の価値ありです!

厳島神社裏手には風情ある桜並木が!

写真:高野 祥

地図を見る

厳島神社社務所付近の小川にかかる橋も見所ポイント。風情ある古民家が建ち並んでおり、味のある雰囲気も楽しめます。このあたりにも鹿さんが現れることがあるので、運が良ければ桜と一緒に記念撮影できるかも!

桜と瓦屋根と海。

桜と瓦屋根と海。

写真:高野 祥

地図を見る

千畳閣という名で親しまれている豊国神社へも行ってみましょう。厳島神社のスグ近くにありますが、少し高台になってるので、眺めが素敵なスポットです。千畳閣へのアクセスルートは、厳島神社がある南側や、東側などにも複数あるのでどこからでも行き来しやすいのですが、オススメの道は東側の光明院側から続く小道!豊国神社の五重塔や、瓦屋根越しに広島湾も望むことができる絶景スポットなので、桜の時期以外でも楽しめます。

桜と瓦屋根と海。

写真:高野 祥

地図を見る

桜の時期は特に、ブルーやグレーの瓦屋根と桜のピンク色がよく似合っており、爽やかで春らしい雰囲気を楽しめます。

桜と瓦屋根と海。

写真:高野 祥

地図を見る

豊国神社へ近づいていくと、桜と五重塔を上手く構図に入れ込める場所があるので要チェック!

千畳閣から眺める桜

千畳閣から眺める桜

写真:高野 祥

地図を見る

豊国神社・千畳閣へも入ってみましょう。畳を857畳も敷くことができる、非常に広々とした板間が特徴の千畳閣からは、宮島の重要な交通手段であるフェリーが行き来する姿もゆっくり眺める事が可能。風通しの良い涼やかな空間で一息つくのも良いでしょう。

千畳閣から眺める桜

写真:高野 祥

地図を見る

厳島神社がある南側の景色も楽しめます。豊国神社・千畳閣への昇殿料は、高校生以上が100円、小・中学生は50円。

千畳閣から眺める桜

写真:高野 祥

地図を見る

五重塔のすぐ側に桜の木があるので、下からあおるように撮るのもオススメ。

フェリーからの大鳥居と桜

フェリーからの大鳥居と桜

写真:高野 祥

地図を見る

行き帰りのフェリーから見る大鳥居と桜のコラボも見所の一つ。船内の席からも窓越しに見えますが、是非デッキに出て、外の風を感じながら宮島の景色を楽しんでみましょう。桜を撮影する際、近づいて花だけを撮るのもいいですが、あえて遠くから狙い、後ろの山や風景も一緒におさめてみると雰囲気が出て面白い絵になるかもしれませんよ。

フェリーからの大鳥居と桜

写真:高野 祥

地図を見る

フェリーから大鳥居までは少し距離があるので、写真を撮りたいかたは望遠で狙いましょう。

まとめ

桜の見頃は例年3月下旬〜4月上旬頃。風景・桜写真を撮りたいかたは、なるべく朝イチで島入りすることをオススメします!フェリーの始発付近を狙って行くと、まだまだ人は少なめなので動きやすいですし、人の映り込みも軽減できます。朝営業している飲食店やお土産屋はほとんどありませんが、撮影したり散策してると時間が経つのはあっという間なので、一通り見て回ってからお土産を買ったりカフェなどで休憩すると良いでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -