群馬県の秘湯、宝川温泉「汪泉閣」で天下一の雪見露天風呂を愉しむ!

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

群馬県の秘湯、宝川温泉「汪泉閣」で天下一の雪見露天風呂を愉しむ!

群馬県の秘湯、宝川温泉「汪泉閣」で天下一の雪見露天風呂を愉しむ!

更新日:2017/03/24 11:03

まえだ えみりのプロフィール写真 まえだ えみり

群馬県宝川温泉は群馬の秘湯とも呼ばれ、古くから病を治す力があるとされてきた温泉のひとつです。日本映画の「テルマエロマエ」のロケ地となったことでも有名で、群馬の山々に囲まれ宝川という川の名前からつけられた温泉郷になっています。

この宝川の渓流沿いの大自然の中に建つ一軒宿として人気なのが汪泉閣です。4月初旬まで楽しめる雪見露天風呂は特におすすめ!汪泉閣の魅力をご紹介します。

かけ流しの大露天風呂で雪見を楽しむ

かけ流しの大露天風呂で雪見を楽しむ

写真:まえだ えみり

地図を見る

汪泉閣には4本の源泉からなる大露天風呂があります。宝川を挟んで延べ面積が470畳という広さを持ち4つの湯船からできているんです。もちろん源泉かけ流しで常時温泉が流れているので質も問題ありません。

大自然の中で宝川の清流を感じながら入浴できるのも、露天風呂の魅力のひとつですね。冬の時期には、他では味わうことのできない圧巻な雪見風呂を満喫することができますよ。広さだけではない、自然と調和した壮大な雪見風呂を温かい温泉につかりながらじっくり味わってみてはどうですか。
例年11月から雪が降り出し、根雪が積もるのは12月中旬以降です。だいたい4月初旬まで雪見露天風呂が楽しめます。

かけ流しの大露天風呂で雪見を楽しむ

写真:まえだ えみり

地図を見る

温泉は24時間いつでも入浴できるのも嬉しいですよね。
200畳の「子宝の湯」、120畳の「摩訶の湯」、50畳の「般若の湯」という3つの混浴風呂と、100畳の女性専用「摩耶の湯」の全部で4つの湯船になっています。

この中で一番大きい子宝の湯(写真)が映画のロケ地として有名なだけではなく、開放感に圧倒されるほどの景観が楽しめる温泉として人気になっています。

女性にも安心な設計

女性にも安心な設計

写真:まえだ えみり

地図を見る

混浴と聞くと一瞬なんとなく不安になってしまう女性もいると思います。こちらの混浴では女性も気にせず楽しめるように、各露天風呂ごとに男女別々の更衣室が用意されています。

また女性のための「湯浴み着」が用意されているので、女性はこの湯浴み着を着たまま入浴することができるのです。お風呂専用の服が用意されていると安心して入浴することができそうですよね。

更衣室には脱水機も用意されているので入浴後の湯浴み着は水分をしっかり切ることができ、使用後に手間がかかることもありません。

そして混浴だけではなく女性専用の露天風呂、館内には大浴場も完備されています。
写真の女性専用露天風呂「摩耶の湯」は自然豊かな環境なのはもちろん目の前には宝川が流れており、開放感とともにくつろぎを感じられる温泉になっています。

広々とくつろげる建物

広々とくつろげる建物

写真:まえだ えみり

地図を見る

汪泉閣の建物は目の前に宝川が流れていてせせらぎを感じられる位置にあります。本館(写真)は昭和30年に建てられた木造の造りになっていて、歴史ある建物になっています。歴史ある古い建物ではありますが、もちろん掃除は行き届いており清潔に保たれているのが人気のひとつです。

大自然の中に建ち趣ある建物が都会とは違うロマンチックな幻想を抱かせてくれるような心地良い空間になっています。

広々とくつろげる建物

写真:まえだ えみり

地図を見る

もちろん客室も広々とした作りになっていて、木のぬくもりを感じられるお部屋になっているので、癒されること間違いなしですよ。

地元食材を使用した食事が楽しめる

地元食材を使用した食事が楽しめる

写真:まえだ えみり

地図を見る

温泉宿の楽しみのひとつに、食事もありますよね。こちらの汪泉閣では地元の食材から、厳選された山の幸をもふんだんに使用して作られた食事も頂くことができるんです。

地元の川魚は鮮度が高く、とても美味しいと評判なんですよ。
素朴な料理の中に手の込んだ工夫が感じられるので、味わうだけではなく見ても楽しい料理になっています。

地元食材を使用した食事が楽しめる

写真:まえだ えみり

地図を見る

そして宝川温泉といえば名物料理“くま汁”(写真)を楽しむことができるんですよ!!
くま汁は滋養強壮や美容効果が高いといわれており、宝川温泉でははずせない名物料理なんです。ぜひ一度試してみてくださいね。

朝食はバイキング形式になっているので、好きなものを好きなだけ頂くことができます。地元の野菜や旬の食材が使用されており、丁寧に調理された種類豊富な朝食を朝からめいっぱい楽しめるのも嬉しいですね。

館内でくつろぐ

館内でくつろぐ

写真:まえだ えみり

地図を見る

温泉や食事はもちろんですが、館内もくつろいで過ごせるように配慮されているんです。館内では浴衣を着てくつろぐことができるのですが、その浴衣の種類の多さにびっくり。男女それぞれ自分の好きな柄や色の浴衣を選んで着ることができるんです。女性にとっては嬉しいですよね。ぜひ自分好みの浴衣を選んでみてくださいね。

館内でくつろぐ

写真:まえだ えみり

地図を見る

館内にはロビーラウンジがあり、時間帯によってはドリンクも用意されているのでここでゆっくり休むこともできますよ。また将棋や囲碁などの昔ながらの遊び道具も貸し出ししているので、お部屋に持ち帰ってのんびり過ごすこともできます。

もちろん売店もあるのでお土産などを購入することもできるんです。館内でゆったり過ごすのもいいものですよね。

まとめ

自然に囲まれた環境の中で自分好みの浴衣を着ながら、温泉に入ったり館内をのんびり散策したりお部屋でくつろいだりと、色んな楽しみ方がありますね。
身も心も温かさに触れながら、くつろぎの空間で一休みしてみませんか。ホッと一息つける時間が、どれだけ心も体も元気にしてくれるのかを実感してみてください。元気いっぱいになること間違いなしですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/19−2017/03/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -