女の子だって楽しめる!名古屋「レゴランド・ジャパン」のキュートな魅力

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女の子だって楽しめる!名古屋「レゴランド・ジャパン」のキュートな魅力

女の子だって楽しめる!名古屋「レゴランド・ジャパン」のキュートな魅力

更新日:2017/09/25 18:31

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

2017年4月1日に開業したレゴランド・ジャパン。ご家族で行こうと楽しみにしているご家庭も多いかと思います。ただ、レゴに興味がない女の子のきょうだいを連れて行っても楽しめるのかと、少し気になっている親御さんもいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、ラブリーなものが大好きなお子さんでも楽しめるポイントをご紹介しましょう。

基本的には、男女関係なく楽しめるテーマパーク

基本的には、男女関係なく楽しめるテーマパーク

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンは、名古屋駅からあおなみ線で約20分、金城ふ頭駅に誕生しました。メインとなるターゲット層は2〜12歳のお子さんとその家族で、特に男の子だけに照準を合わせているテーマパークではありません。

基本的には、男女関係なく楽しめるテーマパーク

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ジェットコースターや本物の魚が泳ぐ海底を探索する潜水艦など、ほとんどが男女差なく楽しめるアトラクションです。男の子向け、女の子向けとはっきり分ける時代ではありませんし、基本的にはそこまで心配する必要はありません。

基本的には、男女関係なく楽しめるテーマパーク

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

とは言え、ドライビング・スクールや消防士体験など、どちらかと言うと「男の子が好きそう」とされるアトラクションが多いのも事実。でもかわいいものが好きなお子さんでも楽しめる場所がたくさんありますよ。

おすすめエリアは、カラフルでかわいい「ブリックトピア」

おすすめエリアは、カラフルでかわいい「ブリックトピア」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンは7つのエリアに分かれていますが、最もカラフルなのはパークのエントランスに近い「ブリックトピア」です。

おすすめエリアは、カラフルでかわいい「ブリックトピア」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「イマジネーション・セレブレーション」など、かわいい乗り物が多いエリアです。

おすすめエリアは、カラフルでかわいい「ブリックトピア」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「イマジネーション・セレブレーション」の横にある「ピノ・カート」では、レゴ・ブロック型のケース入りのピノが!

まるで童話の世界!ラブリーな「クラブハウス」

まるで童話の世界!ラブリーな「クラブハウス」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

ピンク色やプリンセスが大好きな子どもたちにおすすめなのは、「ハートレイク・ショップ」内にある「クラブハウス」。レゴ・ブロックで遊べるプレイエリアですが、馬のミニフィグ(人形)がいたり、ヨーロッパ風のおしゃれな街並みが作られていたりと、童話のような世界が広がっています。

まるで童話の世界!ラブリーな「クラブハウス」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「クラブハウス」の前には、レゴ・フレンズの女の子たちと写真を撮れるスポットがあって大人気!

まるで童話の世界!ラブリーな「クラブハウス」

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「ハートレイク・ショップ」に並ぶ商品のラブリーさには、目を奪われます。ぬいぐるみなどかわいいお土産を探したいときにも便利なショップです。

先入観を覆す、美しいレゴ・モデルの数々

先入観を覆す、美しいレゴ・モデルの数々

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴ・ブロックで作られているステンドグラスは、「ナイト・テーブル・レストラン」の入口にあります。思わず歓声の上がる美しさですよ。

先入観を覆す、美しいレゴ・モデルの数々

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

「ブリックトピア」内には、カラフルなしまうまやパステルカラーのパンダもいます。「レゴは男の子の玩具」と思い込んでいると、レゴ・モデル(※)のキュートさにカルチャーショックを受けるかもしれません

※レゴ・ブロックで作った作品

先入観を覆す、美しいレゴ・モデルの数々

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

レゴランド・ジャパンにはレゴ・ブロックで自由に遊べるエリアがたくさんありますが、夢中で遊んでいる子どもたちの男女比は半々くらい。ビーズなど細かい作業が好きなお子さんなら、カラフルで小さなレゴ・ブロックにも心惹かれるのではないでしょうか。

好みのレゴ・ブロックをカップに詰めて購入できるのは「ピック・ア・ブリック」です。

かわいすぎるお土産やフードにも興奮!

かわいすぎるお土産やフードにも興奮!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

もしかしたら、普段レゴを見慣れていない人のほうがレゴ商品のかわいらしさにノックアウトされてしまうかもしれません。特に、レゴモチーフの文房具のかわいらしさは危険!ペンだけでなくペンケースなどもあります。

かわいすぎるお土産やフードにも興奮!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

底にレゴ・ブロックが入ったコップなど、食器や調理器具もたくさんあります。ソルト&ペッパーのケースやレゴ・ブロック型の氷が作れるシリコン製の製氷皿などもありますよ。

かわいすぎるお土産やフードにも興奮!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

さきほどはレゴ・ブロック型の入れ物に入ったピノをご紹介しましたが、こちらはレゴ・ブロック型の「LEGO・ポテト」。「オアシス・スナック」で購入することができます。

レゴ=男の子、ではない!レゴランド・ジャパンは家族みんなで楽しめる

意外にもラブリーでキュートなレゴの世界。いままでレゴに興味がなかった人でも、実際に行くと思いがけず楽しめてしまうはず。家族みんなでとっておきの思い出を作ってくださいね。

(C)2017 The LEGO Group

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/17−2017/03/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ