日向灘を一望!願いが叶うクルスの海がある 宮崎「日向岬」

| 宮崎県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日向灘を一望!願いが叶うクルスの海がある 宮崎「日向岬」

日向灘を一望!願いが叶うクルスの海がある 宮崎「日向岬」

更新日:2017/05/08 12:31

肥後 球磨門のプロフィール写真 肥後 球磨門

宮崎県の北部にある日向市は太平洋に面し、柱状節理と呼ばれる柱状の岩が形成するリアス式海岸が広がる場所にあります。その中で太平洋に突き出た日向岬は「日豊海岸国定公園」に指定された日向市の観光スポットで、宮崎県内で最も透明度がある「伊勢ヶ浜海水浴場」や1500万年前の火山活動が創造した絶景が広がっています。さらに「願いが叶うクルスの海」が訪れる人を魅了する「日向岬」を紹介します。

「快水浴場百選」宮崎県屈指の透明度を誇る伊勢ヶ浜海水浴場

「快水浴場百選」宮崎県屈指の透明度を誇る伊勢ヶ浜海水浴場

写真:肥後 球磨門

地図を見る

伊勢ヶ浜海水浴場はJR日豊本線「日向市駅」から車で約10分、東九州自動車道 日向ICからはおよそ8分で到着します。
複雑な地形のリアス式海岸を持つ日向岬の中で穏やかな表情を浮かべているのが、環境省から「快水浴場百選」に選定された「伊勢ヶ浜海水浴場」です。水質や景観はもとより更衣室やシャワーなど海水浴場としての設備が充実しているので“五つ星”の砂浜といわれ、海水浴シーズンは多くの人で賑わい、サーフィンを楽しむこともできます。

2つの小さな岬と緑に囲まれた、約300mの幅を持つ砂浜がゆったりと続くとても美しい海岸は、柱状節理という柱状の岩が織り成す荒々しい日向岬にあるオアシスのように感じます。
ダイナミックな日向岬の景色を楽しむ前に、日向灘の波が打ち寄せる伊勢ヶ浜海水浴場に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「快水浴場百選」宮崎県屈指の透明度を誇る伊勢ヶ浜海水浴場

写真:肥後 球磨門

地図を見る

日向が一望できる「米ノ山展望台」

日向が一望できる「米ノ山展望台」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

伊勢ヶ浜海水浴場から約4km、標高192メートルの場所にあるのが「米ノ山展望台」です。展望台からは日向灘の水平線や日向市内、日向岬の先端などが一望できます。
展望台に立って右手方向、南側を見ると大きな砂浜が見えます。ここは「お倉ヶ浜(おくらがはま)海水浴場」で奥行き100m以上、南北に4kmも続く白砂青松の浜砂で、サーファーにとっての聖地にもなっています。

日向が一望できる「米ノ山展望台」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

展望台から日向灘を前にしてその奥にあるのが日向市です。夜景が楽しめる絶好の場所なので夕暮れ時から徐々に変化する街の明かりを楽しんではいかがでしょうか。

日向が一望できる「米ノ山展望台」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

展望台からは日向岬の先端も見えます。かすかに見える白い建物が細島灯台で、この周辺は日向岬の見所が満載です。まずは米ノ山展望台で日向岬の位置関係を確認して目的の場所に出発することをおススメします。

願いが叶う!?デートスポット「クルスの海」

願いが叶う!?デートスポット「クルスの海」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

米ノ山展望台駐車場からおよそ5分で日向岬の定番デートスポット「クルスの海」の駐車場に到着します。「クルスの海」の意味は?展望台に立つと海の中に十字に削られた岩礁が見えるからです。

願いが叶う!?デートスポット「クルスの海」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

ここは「「願いが叶うクルスの海」と呼ばれています。写真はそれを説明した案内板で、十字の海とそばにある岩場とをあわせると「叶」という文字に見えるので、願い事が叶うと伝えられているのです。

願いが叶う!?デートスポット「クルスの海」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

クルスの海の展望所には「願いが叶うクルスの鐘」が設置されていて、訪れた人の心を清め、願いや希望を天に託すための鐘となっています。
カップルの方は鐘を鳴らしクルスの海に二人の想いを届けてはいかがでしょう。ロマンチックな時間が過ごせるおススメのデートスポットです。

1500万年前の自然の創造物、断崖絶壁が広がる「馬が背」

1500万年前の自然の創造物、断崖絶壁が広がる「馬が背」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

「クルスの海」から車で約3分で馬ヶ背駐車場に到着します。「馬ヶ背」の名は馬の背のような形の断崖が海に向かって突き出ている事に由来していて、駐車場には「馬ヶ背茶屋」があり宮崎のお土産やソフトクリームなどが買えます。

1500万年前の自然の創造物、断崖絶壁が広がる「馬が背」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

駐車場から整備された遊歩道を歩いておよそ5分で柱状節理と呼ばれる柱状の岩が創った大絶壁が現れます。日本一と謳われる日向岬の柱状節理は1500万年前の火山活動が関係したと考えられ、大自然の創造物です。幅10メートル、奥行き200メートルの海水路を挟むようにそそり立つ高さ70メートルの断崖絶壁は圧巻で、自然の力を感じることができます。

1500万年前の自然の創造物、断崖絶壁が広がる「馬が背」

写真:肥後 球磨門

地図を見る

迫力ある絶壁からさらに先へ進むと、およそ数分で馬が背の先端の展望台に到着します。名前の通り「馬の背」のような歩道は両側に柵がなければ怖くて進めないような場所です。しかし展望台からは雄大な日向灘の景色、遠くには水平線が望め大海原を十分に堪能できおススメの場所です。

碧い海、青い空に映える白亜の細島灯台

碧い海、青い空に映える白亜の細島灯台

写真:肥後 球磨門

地図を見る

馬の背の展望台から後方を見ると白い細島灯台が目に入ります。展望台からはおよそ10分で到着しますが、急な上りも多いので、もし灯台だけを楽しみたいのであれば馬ヶ背駐車場から灯台方面に行く遊歩道を利用することをおススメします。比較的楽に灯台へ向かうことができます。

塔の高さが約11メートルの細島灯台は海面から灯火までの高さがおよそ101メートルあり、約36キロメートル先の海上まで明かりを届け、日向灘沖を航行する船の安全を見守っています。

碧い海、青い空に映える白亜の細島灯台

写真:肥後 球磨門

地図を見る

灯台の敷地は展望公園として整備され、沖に広がる水平線を望むことができます。お弁当を持って「日豊海岸国定公園」に指定された日向岬に建つ白亜の灯台に出かけませんか?碧い海と青い空の境界を眺め、地球の丸さを感じながら食べるお弁当はさらに美味しく感じるのではないでしょうか。

美しい砂浜と絶壁に息をのむ「日向岬」

どこまでも続く碧い海、白砂青松の浜砂、そして願いが叶う「クルスの海」や大自然が創りだした断崖絶壁。日向岬は自然の美しさ、力強さを存分に感じることができるおススメの観光スポットです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/03/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ